HSPやエンパスの人は孤独を愛して群れないことが強みなのですよ



敏感な気質を持ち
繊細で傷つきやすい
エンパスやHSPの人には、
集団が苦手という特徴があります。


人間ぎらいではないんです。


共感力がとても高いので
大勢の人がいると
他人の感情や考え、
または他人の体調までも
拾ってしまい、
とても疲れるのですよ。


他人の気持ちや
その場に流れる空気を
なんとなく感じてしまうので、
そんなときは、
自分の感情を抑えてしまいがち。


それを繰り返しているうちに
自分が感じている
本当の感情や気持ちが
わからなくなることも。。。


また、優しくて親切な気質も
持っているので、
一緒にいる人に過度に気づかいをして
疲れてしまったりもします。


そのため、
エンパスやHSPの人にとって
自分をとりもどすための
ひとりでいる時間は
とても大切なものなんですね。


みんながふつうにとっている
集団行動や、
人と長時間過ごすことが苦手で、
ひとりでいることがとても好き。


そんな自分を
どこか変で協調性のないダメな人、
と感じている人もいると思います。


そんな方は、
自分で自覚していない
心の深い部分の本音が
ひとりでいることを
望んでいるんだな、
と受け入れてください。


HSPやエンパスの人は
群れないので、
人の意見に惑わされず、
独自の世界観を自分のやり方で
実現していくことができる人
なのですから。


先日心理セッションを
受けられたクライアントさんの
ことを紹介しますね。


フェイスブックで
友達が大勢の人に囲まれて
笑顔で食事をしている投稿を見ると
苦しくなる、
と言っていたのですが
セッションのあとは


私はひとりでいることが好き。

だからひとりでいてもいい。

でも、誰かといてもいい。


と自分を肯定できるようになり、
以前は見ると苦しくなっていた
フェイスブックの投稿を楽な気分で
見ていられるようになったそうです。


ひとりでいることが
ダメなのではなく、


ひとりでいることを
誰かと比べて
ダメだと感じたり、


自分を世の中のふつうに
当てはめようとして
苦しくなっていることに
気が付いたのですね。


繊細で敏感、
そして共感力の高い
エンパスの人は、
一人で過ごす時間の心地よさを
大切にしてくださいね。


そして一人の時間を
大切にしている自分に
OKを出せるようになると、
群れない気質が魅力として
発揮されてきます。


寂しさや孤独感から
目をそらすために
誰かと一緒にいようとしても、


緊張を感じたり、
相手にあわせてばかりのものだったら
それは自分にとって無意味な時間。


一緒に同じ時間を過ごす人は
自分が共感したいと感じる人とだけに
しましょう。


私も、
安心感や穏やかな気分でいられる
のびのびできる人とだけ
一緒に過ごすようにしています。


どれだけ多くの人と過ごしたか、
ではなく、
どれだけ自分にとって
有意義な密度の濃い時間を
過ごしたかが大切なこと。


持って生まれたその能力を、
自分らしく、
気持ちよく、
発揮するために
一人の時間を安心して
心地良くお過ごしくださいね。


応援しています。





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


好きなことを仕事にしたいけど好きなことがわからない



好きなことを仕事にして
生きていけたら
どんなにいいだろう



と考える人は
とても多いと思います。


でも
私の好きなことって
何だろう。。。

なにが好きなのかよく
わからない。。


という人も中にはいませんか?


今日はそんな人に向けて
書いていきたいと思います。


自分の好きなことがわからない、
という方は
好きなことだけじゃなく、
なにをしているとうれしくて、
なにをしていると気分が良くて、
なにが嫌いで・・・

というようなことが
わからなくなっていませんか?


感情の振れ幅も少なくて
表情の変化もあまりないのでは。


そんな自分の性格を
もともと生まれ持ったものだと
思っている人もいると思いますが、


実はこの状態は、
感情にフタをするクセから
きているんです。


どういうことかというと・・・


たとえば
人から理不尽なことをされたとき、
ものすごく腹が立ったのに
怒ることはよくないと
思い込んでいるので、
怒りの感情を抑え込んだり。


怒っている人を目の前にして
ものすごく怖いのに、
恐怖を感じる自分のことを
弱くてダメな人間だと感じて
平気なふりをするとか。。。


こんなふうに、
自分の感情を抑圧していることが
日常でよくありませんか。


感情って目に見えないので
感じた感情を抑えたり、
別の感情にすり替えたりすると、
一見消えたように感じますが、
自分の中に蓄積していくんです。


なので、
自分が自然に感じた感情を
抑圧することがひんぱんにあると、
抑圧した感情は自分の中に
溜まり続けます。


それを続けていると
うれしいとか楽しいといった
ポジティブな感情も
感じにくくなってしまうのですよ。


これが好きなことが
よくわからない理由。


好きなことには
うれしい、楽しいという
喜びの感情が伴いますが、
その感情を感じにくいので
好きなことがよくわかりません。


心から湧いてくる喜びの感情を
感じられないと、
人の目から見て素敵と
思われることを
好きなことだと勘違いします。


または収入の額や
ブランド品のようなものに
価値を求めてしまったりします。


人から素敵だと思われることや
収入やブランド品を追い求めて
それらを手にすると、
その瞬間は心が満たされます。


でも自分にとって
本当の喜びではないので
さらにそれを手に入れるために
がんばり続けることになります。


でも空しいんですよね。
ほしいものをいくら手に入れても
本当の喜びではないので。


このとき感じているは
自己有能感であって、
麻薬に幻想を見せられている
ような一瞬だけの喜びです。


逆に、
本当に好きなことを仕事にすると
その仕事をしていることが
うれしくて楽しいです。


なので困難なことがあっても
それすらも楽しいと感じたり、
困難を乗り越えられた自分の
可能性の広がりに
喜びを感じたりします。


こんなふうに
好きなことを仕事にすると
自分への喜びを感じることが増え
幸せを感じやすい
というわけなんです。


好きなことが
わからなにという方は、
自分が今何を感じているのかに
意識を向けてみてください。


今うれしいのか、楽しいのか
怖いのか、腹が立っているのかを
じっくり感じてみて。


人間なので喜怒哀楽があって
当たり前。


喜びが良くて
怒りはダメ、なんてことは
ないんですよ。


腹が立つことがあったとき、
その場ではその怒りを出せないかも
しれないけど、


ひとりでリラックスできる時間に、
その怒りをあらためて
思い出してみてください。


怒りの対象者がいるときは
「あいつムカつく!」
って言葉にしてもいいです。



その言葉を発した自分に
罪悪感を持つ必要もなし。


自分から自然に湧いてくる感情を
そのまま受け入れてくださいね。


これができるようになると
好きなことが
わかるようになってきます。


そしたら自分のその感覚に沿って
仕事を選んでいけばいいのですよ。


自分の感情を感じてくださいね。


やり方がよくわからない人は
よかったらご相談ください。


応援しています!





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


自由とわがままの違い



自由に行動したり
好きなことばかりやっていると
わがままな人だと思われませんか?



と勉強会の席などで
質問されることがよくあります。


そんな質問に対しての
私の応答を書いていきますね。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・


自由に行動したり
好きなことを優先している人は
自分の心を大切にしている人。


わがままな人は、
自分の都合のいいように
人を動かそうとする人。


自分の本音が自分に向いているのか、
人に向いているのかを
まず感じてみてください。


人は自由に感じます。


好きなことをやって素敵な人だな。


または、


好きなことばかりやって
わがままな人だな。


というように。


あなたがコントロールできる
ことではありません。


それを前提としたうえで、


好きなことをやったり、
自由に生きていきたいのか。


それとも
わがままな人だと思われたくないから
人の顔色を見ながら行動したいのか。


なにを選ぶかは自由ですよ。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・


このようなことをお伝えしています。


これを聞いて、
人が自由に感じることに
自分は関われないんだな、
と気がついて、
だったら自由に好きなことをやろう、
と思う人がいます。


なかには、
頭では理解できるけど、
自由に行動しようとしても
どうしても人の顔色が気になって
行動できなくなってしまう、
という人もいます。


このような場合、
「人の顔色が気になる」状態の
元になっている心の根っこがあるのですよ。


それは、


自由に行動すると
わがままな人だと思われて
嫌われることへの恐れ


とか、


自由に行動すると
わがままな人だと思われて
人が自分から離れていき
独りぼっちになってしまうことへの恐怖


などです。


このような思いグセが
心の根っこに根づいて、
好きなことをすることや
自由に生きることへの
足かせになっています。


無意識に。。。


心の根っこに根づいている
このような思いグセが開放されていくと
自然と人の顔色が気にならなく
なっていくんです。


すると
人の顔色を見て行動するよりも、
自分の本音に沿って行動することを
心が望むようになり、
自然と自由に行動できるように
なっていきます。


どんな生き方を選ぶかは自由。


自分の本音が望む生き方ができると
心と意識と行動が一致するので
生きることが楽になっていきますよ。


人の目が気になって
自由に行動できない自分を、
自分の心に素直になって
生きていけるようにしたい、
という方は、
よかったらご相談くださいね。


応援しています!






心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


”ワクワク”や”ときめく”ってどんな感じかわからない人へ



夢を実現して幸せに生きるには

ワクワクすることをやるといいよ。

心がときめくことを選びましょう。

このようなことを聞いたり、
本で読んだことがある人は
たくさんいらっしゃると思います。


でも中には、
こんな方もいるのではないでしょうか。


ワクワクすることやときめくって
どんな感じなのかわからない。

今まで生きてきて
ワクワクやときめきを
感じたことがない。

そんな自分は幸せになれないかも
しれない。。。



そのような方が、
自分にとっての
ワクワクやときめきを感じて、
自然体で自己実現に向かえるようにと
思いをこめて、
今日は書いていきたいと思います。


とくに自分以外の人やものの感覚を
優先しがちな
敏感で繊細な気質の
HSPやエンパスの人は、
意識を自分の内側に向けて
読み進めてくださいね。


まずイメージしてみてください。


あなたが幸せになるための
ワクワクやときめくって
どんな感覚ですか?


心の深いところから
グワーンと込み上げてくる喜び。


イメージしているだけで
ウキウキと笑顔になるようなこと。


目の前がスキッと明るくなる
躍動感あふれる壮大なこと。


こんな感じでしょうか。


実は私も以前はそう思っていました。


「好きなことを仕事にする」という
内容の本を読んだときのこと。


イメージするだけで
ワクワクすることを
形にしていけばいい、
というフレーズを見て、
それがない私はダメなんだ、
とあせりや不安を感じました。


だけどワクワクやときめきを
感じられないことであせったり、
自分をあきらめてしまう自分も
なんかイヤだな、と思い、
ワクワクを感じられない自分と
向き合ってみたんです。


ワクワクやときめく、という言葉に
私の心がどう反応しているのかを
じっくりと感じていきました。


すると。。。


ワクワクしたりときめくことを
仕事にするということは、
人の役に立つ
社会性のあることと
一致していなければいけない。


そして、
私がワクワクしたりときめくことは
人の役に立つこととは思えない、
という私の本音。


また、
好きなことを仕事にするとは、
熱い情熱を強いエネルギーにのせて
大きく広げていくもの。


でも私にはそんな熱い情熱も
強いエネルギーもない。


こんな思いが私の心の根っこに
根づいていたんです。


これは私の勝手な思い込み。


ここに気がついたら、
ワクワクやときめくことは
私にとってはもっと身近なことなんだと
腑に落ちました。


ワクワクやときめきのイメージに
振りまわされることなく、
私の世界観をもっと大切にすればいいと
自然に思いはじめました。


私の世界観は、
熱い情熱を
強いエネルギーにのせて
ぐんぐんと大きく広げていく
というような感覚はしっくりきません。


夢に向かってワクワクドキドキ、
さあ乗り越えていこう!
という感じでもありません。


どちらかといういうと
もっと慎ましい感じです。


穏やかさ、あたたかさ、安心感、

ていねい、のびのび、静穏、優雅

清々しさ、平和、平穏、安らぎ

自由、自然体


こんな感覚をいつも感じていたいし、
このような感覚を感じる
人、場所、ものを大切にしていきたい、
と思っています。


静かな情熱を穏やかに灯しつづけ
やわらかく凛と生きる



私はこのような世界観に喜びを感じ、
この喜びを感じるために
生きているんだな、と。


これが私のワクワクとときめくことです。


この世界観に当てはまることだけを
やっていけばいいし、
この波動を共有できる人たちと
心地良い時間を過ごせたら私は幸せです。


この本音を感じてから、
私はこのままでいい、
と自然体で楽になっていきました。


人や世の中が、
ということではなく、
私はどんな感覚が好きなんだろう、
とイメージしてみてください。


それがあなたのワクワクやときめきです。


なにもしないことに
ワクワクを感じるのなら
それもOK!


自分の心をすみずみまで
感じきってみてくださいね。


これをイメージできたら、
その世界観を軸にして
目の前のことを
選択していけはいいんです。


その先に
自然体の自分のまま
幸せを感じる生き方が
ありますから。


応援しています。






心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


漠然と感じる不安やイライラの正体



こんにちは。坂本純子です。


繊細で傷つきやすい人が
もっとのびのび生きていけるように、
という思いを込めて
私は月2回ほど勉強会を開いています。


この勉強会に参加される方は、
他人の顔色にふりまわされやすい、
相手に合わせて自分をだせない
このような自分を変えたいと
長年がんばってきたけれど
思うように変化できない。。。


最近エンパスやHSPという気質のことを知り、
自分が当てはまっているようなので
もっと詳しく知って、
自分が変化するきっかけにしたい
という参加理由の方が多いです。


そして私は勉強会のたびに、
自分の本音や感情にフタをして
人の気持ちや気分を満たそうと
している人ほど生きにくさを
感じていることを実感します。


とくに多いのが
「怒り」の感情にフタをする人。


人から理不尽なことを
言われたとき、
怒りの感情は理不尽なことを
言った相手に対して向けられることが
健全な心の状態です。


でも、
腹が立つ感情が湧いてきた自分を
心の狭い人間、器が小さい人間、
怒るなんて良くないこと、だと
責める人がいます。


それをやっていると
怒りが自分に向いて
知らず知らずのうちに
自分を傷つけているのですよ。


そして長い間
そんな状態を続けていると、
怒りの感情が自分の中に溜まって、
ささいなことでイライラしたり、
つねに漠然とした不安を感じるように
なっていったりします。


人間だもの、
腹が立ってもいいんです。



腹が立つ怒りの感情も、
うれしい、楽しいという
感じているとありがたい感情と同じ
自分の感情なのです。


腹が立っている対象の人に
それをぶつけなくてもいいので、
「私は今腹が立っている」
と自分の中だけででも
認めてあげてください。


感情は認めて受け入れると
自分の中で満たされて
完了していくんです。


逆に腹が立っても
その自分を責めたり、
腹が立つのは良くないことだと
がんばって抑圧して
無いものにされしまうと、
一瞬は消えたように思えますが、
実は自分の中に蓄積されています。


そして自分の中に溜まり過ぎると
つねに感じるイライラや不安となって
表現されるようになります。


そればかりか、
怒りを抑圧していると
うれしい、楽しい、という
ポジティブな感情も
感じにくくなっていくのですよ。


そうなると、
自分は何が好きで
何をやっていると幸せで
どうしていると楽しいのか
よくわからなくなってくるんです。


その結果、
目に見えるわかりやすい幸せっぽいものを
幸せだと勘違いして、
お金、ブランド品、友達の数などで
幸せを競い合うようになる人が多い。。。


でも本音はそれが幸せかどうかは
よくわかってないので、
どんなにお金を稼いでも、
どんなにいいものを身に着けても
いつも空しさや無価値観を感じて
さらにお金を手に入れるためにがんばる、
ということを繰り返したりする人も
います。


そこに幸せの価値を感じているのなら
いいのですが、
心で幸せを感じることができないから
目に見えるもので満たしているだけ、
であれば、本当に自分の望むことと
ギャップがあればあるほど苦しいんです。


自分から自然に湧いてくる感情は
どんなものであってもいいのですよ。


怒りも寂しさも恐怖もOK!


認めて受け入れてあげてください。


それをやっていくと
感情が自分の中で満たされて
毎回スッキリ感を感じることが
増えていくと思います。


この継続が
自分を生きやすくしていくのです。


自分から自然に湧いてくる感情、
認めて受け入れてあげてくださいね。


やり方がよくわからないときは
よかったらご相談ください。


応援しています。






心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


”うつ”と診断されたときこんなふうに感じてみて



こんにちは。坂本純子です。


”うつ”と診断されたとき。


会社を休んだり、
ひきこもったり、
情緒不安定になったりして
ツラいことが多いと思います。


この状態はよくない、
というのが一般的な世の中の価値観
だったりもしますよね。


もし、今そんな状態にいて
苦しい。。。と感じている人がいたら
今私にはこれが必要だからこうなっているんだ
と意識してみてほしいな、と思います。


自分の人生を自分で創るために、
ときには自分の内側にこもって
本当の本音を感じることは
とても自然な過程。


”うつ”というと
世の中や社会では後ろ向きな捉え方を
することが多いですが、
けっしてそうではない。


周りの人の期待に応えるための生き方から
本来の自分の生き方にシフトするために
今の状態が発動している人もいます。


人の評価を得るために
自分の感情や気持ちにフタをして
過ごしている毎日を、
自分の本当の本音に沿って生きるよう
変化させるため必要な期間、
という人もいます。


”うつ”になった自分が弱い、ダメという
ことではありません。


”うつ”と診断された今は、
本来の自分の生き方に向かう時期なんです。


きっと、本音のひとつに
「ゆっくり休みたい」
という思いがあると思います。


その本音の望みを叶えてあげてくださいね。


今起こっている出来事は
本来の自分で幸せに生きるための
大切なプロセス。


本来の自分というのは、
人からの評価や、
期待に応えることや、
世の中でいう「ふつうに生きること」
のような、
自分以外の人や社会に価値基準を
あわせるのではなく、


自分から自然に湧いてくる
感情や感覚をもとに
いろんな選択をしていく自分のこと。


”うつ”と診断された今の時期、
心から湧いてくる喜びや楽しさは
なにをやっていると感じるのかを
見つける期間でもあります。


まず、今の生活のなかで
心地いいことをたくさん感じてください。


あたたかいお風呂にゆっくりはいる。

青空と白い雲を眺める。

空からふってくる雨粒を見る。

柔らく肌ざわりのいい素材を身に着ける。

などなど。


目に入ってくると心地よいもの。
聴いていると快適な気分になる音。
触れていると安心感を感じるもの。


このようなものを選んで
自分の内側の感覚を
たくさん感じてみてくださいね。


あなたには
あなたにとってプラスの出来事しか
起こりません。


ではまた。






心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


HSPやエンパスの人と仕事



こんにちは。坂本純子です。


敏感な五感を持ち、
感受性も強い
エンパスやHSPの人
仕事について書いていきます。


敏感な五感を持っているので
人が叩くキーボードの音や
人の話し声がものすごく気になって
自分の仕事に集中できない。


営業職なのに、
お客さんの顔色に心を乱されて
言いたいことが言えない。


エンパスやHSPの人は
こんなことがよくあると思います。


また、優しくて親切な気質を
持っているので、
会社の利益のために
お客さんにとって必要ないものを
売り込む、ようなことも
できないんですよね。


だから
ノルマを達成するために
なにがなんでも売ってこい~~!
みたいな社風の中にいると、


やる気もでない、
結果もでない、
周りからは浮いている、
ような感じになってしまい
苦しいと思います。。。


会社の利益や目標達成、
自分の評価を上げることでは
モチベーションは上がらないけど、


必要としている人に
必要なものを提案すること。


これは絶対にいい!と
自分が確信しているものを
伝えること。


目の前のことに
ていねいにじっくり取り組むこと。


こういうことは
けっこう好きなのではないでしょうか。


人の顔色や雰囲気を敏感に感じて、
それに振り回されることも多いので、


いろんな価値観の人がいて、
人の思いやエネルギーが
たえずうごめいている職場では
居心地が悪いと思います。


エンパスやHSPの人は
周りの雰囲気にも
影響を受けやすいので
自分のペースで自由に
働ける環境だと
実力を発揮しやすいんですよね。


人と群れない気質でもあるので、
ひとりで活動することを
快適だと感じる人も多いと思います。


私もそのひとりです^^


やりたいことをやる、
やりたくないことはやらない。


これを誰にも相談する必要がなく
自分ひとりで決めれるなんて
最高です!


エンパスやHSPは
フリーランスや自営業に
向いているんですよ。


また、敏感な気質で
直観力もとても優れているので
人が気がつかないことにも
気づくことが多い。


それによって大きなミスを
防ぐことができます。


私のクライアントさんで
金融関係の企業にお勤めの
部長職の方がいらっしゃいます。


この方、セッションを受けて
気質も含めた自分のすべてに
OKを出せるようになったら、


部下の顔色や様子で
今どんな言葉をかけたらいいかが
直感的にピンときたり、


トラブルを解決する方法が
ひらめいたり、と


HSPの敏感な気質や豊かな感受性が
プラスに働きはじめたそうです。


そして、
「部下が持ってきた書類を
手にした瞬間に、
この書類にはミスがあるって
わかるようになったんですよ!
超能力者のようでしょ」
と笑ってました。


直観力と高共感力を
マネジメントとトラブル回避に
フルに発揮してますね^^


あと、想像力や共感力も高いので、
画家や小説家などの人にも
この気質の方が多いようです。


セラピストやコーチ、カウンセラー
のような対人援助職も
高い共感力と直観力、
優しくて親切な気質を発揮できます。


人の顔色や空気感に敏感で繊細、
それがゆえに傷つきやすくもあり
苦しいと感じることも多いと思いますが、


エンパスやHSPの
そんな気質だからこそ
できることがたくさんあるのですよ。


自分にしかできないことがあるんだ、
と仕事について前向きに
とらえていただけら、と思います。


生れ持ったその気質と能力を
気持ちよく発揮できるようになったら、
今の自分では想像できないことが
仕事になっていった、という人もいます。


だから向いていると言われる職業に
あまりとらわれなくてもいいですよ。


働くということにネガティブな
感情ばかり湧いて
目の前のことに集中できなくて
困っている方は、
よかったらご相談くださいね。


応援しています。





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


突然キレる主人に対して毅然とした態度をとれるようになりました



こんにちは。坂本純子です。


主人のことを怖いと思わなく
なくなったら、
主人が悩みを相談してくるように
なりました。



これは先日セッションを受けられた
クライアントさんの声です。


この方のご主人は
急にイライラしはじめたり、
突然キレる人。


イライラやキレるポイントが
よくわからないので、
一緒にいてどう振る舞っていいのか
わからなくて
いつも怖いと感じていたとのこと。


怖いので
なるべく近寄らないようにしたり、
いつもご主人の顔色をうかがって
ビクビクしながら話を合わせたり
していたそうです。


同じ屋根の下で暮らしている家族に
ビクビクして生活するって
きゅうくつで苦しいですよね。


それがですね、
クライアントさんの中にあった
幼いころから満たされないまま残っていた
感情を心理セッションで解放していったら、


イライラするのも突然キレるのも
彼の心の問題であって
私の問題ではない。


たとえ彼がどんな態度をとったとしても
私は私の感じたことを
一番大切に生きていきたい。



という思いがムクムクと
心に芽生えてきたそうです。


それと同時にご主人がイライラしても
突然キレたりしても
ビクつくことも恐怖を感じることが劇的に減り
なぜか毅然としていられるようになった
とのこと。


するとご主人が、
ささいなことで
イライラしてしまうことや
突然怒りが抑えられなくなる
自分について実は悩んでいた、
と相談してきたそうです。


それからというもの、
夫婦ふたりで悩みを相談しあったり、
一緒にお酒を飲みながら
話す時間が自然とできはじめたとのこと。


クライアントさんも、
ご主人と仲良くなった今、
ご主人のことをなぜあんなに
怖がっていたのか不思議だと
おっしゃっていました。


実はこのクライアントさん、
セッションを受ける前は
すぐ怒るご主人と離婚したい、
と言ってたんですよ。


心の根っこが変化すると、
出来事に対しての
感じ方や捉え方も変化します。


それによって
相手の反応も変化するので、
良好な人間関係が築きやすくなります。


人間関係に悩んでいる方、
もしかしたら
あなたの心の根っこ次第で
その人間関係も良好になっていくかも
しれません。


ひとりで悩むことに疲れたら
よかったらご相談くださいね。


応援しています!






心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


自覚のない生きる目的によって行動パターンが決まります



こんにちは。坂本純子です。


先日、
いつも不安を感じている自分ではなく、
もっとのびのびと楽に生きられる
自分になりたい、
という思いを持った方のセッションを
行いました。


このクライアントさんは、
ひとりでいると不安に
押しつぶされそうになるので、
なるべくひとりでいる時間を
作らないようにしているそうです。


セッションをすすめていくと
クライアントさんが
何を求めて生きているかが
見えてきます。


この求めているものとは、
無意識に感じているもので、
クライアントさん自身、
自覚がないものであることがほとんど。


このクライアントさんの求めているものは
不安を感じないこと


そして思考は
不安を感じないために何をしたらいいか
という質問を元に働いています。


ひとりでいると
不安に押しつぶされそうになるので、
どんなに疲れていても
家でゆっくり休むことよりも
不安を感じなくてもすむように
人と会うことを優先しているそうです。


自分の生きる目的が
不安を感じないようにすることだったとは
なんともショックなことですが、
セッションではクライアントさん自身に
これを気づいてもらうので、
この方も自分の生きる目的に気がついたとき、
しっくりと腑に落ちたとのことでした。


痛ましい事件のニュースを見て、
自分のことではないのに
ものすごく反応してしまい
恐怖と不安が湧いてくる。


ひとりでいると
まだ訪れていない未来に対して、
病気になったらどうしよう、
乗り越えられないような出来事が
起こったらどうしよう、と
不安を感じてしまい怖くなる。


こんな感覚を毎日感じて苦しいので、
この感覚を感じないために
何をしたらいいんだろう、
と思考が働くようになっていました。


なぜこんなに不安と恐怖を感じて
しまうのかというと、
幼いころからの親との関係や
環境が影響している場合がほとんどですが
それについてはまたの機会に
詳しく書いていきたいと思います。


今日お伝えしたいのは、
何を求めて生きているか
によってその人の
思考パターン、行動パターン、
自然に湧いてくる感情のパターンが
決まってくる、ということ。


みんないろんな目的を元に
自分のテーマを
無意識のうちに持っています。


たとえば、


人から認められるには
どう生きたらいいのか。


人を見返すためには
どう生きたらいいのか。


社会や世の中から受け入れられるには
どう生きたらいいのか。



などなど・・・


こんなふうに
無意識のうちに自分に向けて
頻繁に質問しているのですよ。


このように
自分以外の人に意識が向いている
目的を持っていると、
他人軸で生きているので、
自分の気持ちや感情よりも
人の気持ちや感情を良くすることを
優先しがち。


自分の本音を大切にしていないので、
本来の自分ではない生き方を
している人が多いです。


自分の本音と現実の生き方に
ギャップがあればあるほど、
生きにくさを感じるのですよ。


また、こんなテーマを
自覚なく持っている人もいるんですよ。


私が才能や能力を最高に発揮するために
どう生きればいいか。


私が幸せになるには何をすればいいか。


私が快適に生きるために
何をすればいいのか。



これらのテーマは
意識が自分に向いています。


自分のために思考が働くので、
自分のために自然に行動できます。


持っているエネルギーを
自分のために使うことができるので、
楽に生きていくことができます。


テーマは、生まれた瞬間に宿った
運命や宿命というものではありません。


生れてから今までの間に
起こった出来事によって
自分でこう生きようと決めたことです。


だから今生きにくさを感じていたとしても、
今無意識に持っているテーマを
別のものに変えていけばいいのです。


今のあなたが持っている
生きるために大切にしているテーマは
どんなものですか?


今の自分に生きにくさを感じていたり、
今の自分にOKを出せない、という方は、
まず今自分が身を置いている環境の中で、
どういう心の状態でいられたら
もっと楽に生きていけるのか、
今よりも幸せだと感じるのかを
感じてみてください。


そして、そのために
どんな質問を自分に投げかけることが
自分の望みを叶えるために
思考が働いてくれそうかを
イメージしてみてくださいね。


ひとりでやるのがむつかしいと感じた人は
よかったらご相談ください。


応援しています!




心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


繊細で敏感な気質のエンパスやHSPの人におすすめの生き方



こんにちは。坂本純子です。


繊細な気質を持った
エンパスやHSPの人
無理やガマンをして
社会や世の中の価値観に
当てはまる自分になるよりも、
自分の感覚や本音を大切に生きると
自然と幸せ度がたかくなる、
ということを実感しています。


今日はそんなことを
書いていきたいと思います。


なにも考えないで
ただ気楽に生きているだけなのに
幸せだなぁ



今朝、こんなことを
ふと感じたのでした。


今ブログを書いているし、
毎日心理セッションもやっているので、
まったくなにも考えないで
ポワーンと生きているわけでは
ないのですが。。


以前とくらべて
心配したり不安を感じたりすることが
ものすごく減ったので
なにも考えてないように感じるようです。


まだ来ていない未来を思って
漠然と不安を感じていた以前の私とくらべて
環境に変化があったとか、
安心できる具体的な何かを手に入れた、
というわけではありません。


相変わらずの独身で一人暮らしですし
どこにも所属してないひとり事業者です(笑)


ではいったい私の中で何が起こって
感じ方が変化しているのかというと・・・


無理、ガマン、義理、義務のような
感覚でやっていることをやめた。


そして本当の本音の望みを
叶えることだけをやる。



これだけを毎日やっている自分に
変化していったんです。


正確に言うと
無理してやっていたこと、
ガマンしていること
義理でつきあっていた人たち、
義務だからやらなきゃと思っていたこと
に気がついたということ。


具体的にどんなことをやめたかというと・・・


私が本当にやりたいことではない
と感じながらも
依頼していただいたのだから
ぜったいにやるべきだと
受けていた仕事。


20年以上もつきあってきたから
これからもずっと仲良くしてなきゃ
いけないと思い込んで、
なんとなく波長が合わなくなってる、
と感じつつ続けてきた人間関係。


なんとなく違和感を感じながらも
波風を立てたくないから
握りしめてきたこと。


なにをやるにも
ゆっくりペースで同時進行が苦手。
本当は一つにことにじっくりていねいに
とり組むことが好きなのに、
あれもこれもやらなきゃいけないと
自分に負荷をかけていたこと。




など。


ほかにもいろいろありそうですが、
今思い当たるのはこんなこと。


ガマンしたり無理したり、
義理や義務でやっていることが
自分にものすごく負担をかけている
ことに気がついたのです。


無意識のうちに自然とやっているので
自分に負担をかけていることに
自覚はありませんでした。


が、


本当にやりたい仕事ではないけれど
依頼していただいたからという
理由で受けた仕事に関わっているときの
身体と気分の重さ。


本当は気乗りがしない食事会に
出かける前の
むりやり自分を奮い立たせている感じ。


ひとりで仕事しているのだから
自分がやりたいことだけ
やればいいのに、
あれもこれもやるべき、
と自分で自分を追い込んでいるときの
苦しさと身体のきゅうくつさ。


こんなふうに
身体と心で感じる感覚は
なにかしらの反応を起こしていたんです。


でも今までは
身体と心の反応よりも、
思考で考えたことを優先して
生きてきました。


なぜなら
自分にかけている負荷を
感じながらも
一生懸命に努力することが
成長と幸せにつながっていると
思っていたから。


また、自分のやりたいことだけを
選んで生きていたら
収入も減るだろうし、
周りから受け入れてもらえなく
なるだろう、
という思いグセもあったので、
本当は望んでいないのに
一生懸命握りしめていたことが
たくさんあったのですね。


今は
思考で考えたことよりも
身体と心の反応を
優先するようになりました。


身体や気分が重いのはイヤですし、
むりやり自分を奮い立たせるのも
疲れるし、
苦しさやきゅうくつな感覚でいては
ひらめきも直観を降りてきません。


だからやめました。
思考であれこれ考えて行動することを。


すると
自分の本当に望むこと、
いわゆる本音の声をキャッチできる
ようになってきたんです。


本当の本音をキャッチできるように
なると、
本音の望みを叶えるために
今何をしたらいいのか、
ということが思考ではなく
直感のようなもので感じることが
増えてきました。


そしてその直観に従って行動する。


直感に従うときには
無理もガマンも義理も義務も
ありません。


だから楽に行動できるのですよ。


私なりの優先順位がありまして、



➀ 今一番やりたいこと、
 やらずにはいられないこと。


➁ 思いついたこと。


➂ 今日中にぜったいやらないと
 いけないこと。



この3つです。


世の中や社会や周りから
認められるための努力をするよりも、
自分の感覚や本音を大切に生きることで
自然と幸せ度が上がります。


とくに敏感で繊細な気質の
HSPやエンパスの人は
のびのびと気分よくいることで
持ち前の高共感力や直観力を
気持ちよく発揮して生きられます。


これは私が体験しているので
とても実感しています!


無理やガマンをするのではなく、
自分がなんとなくこうしたいという
感覚に従ってみてください。


もしも
どうしても人の目が気になったり、
自分の感覚に従うことに
抵抗やモヤモヤを感じる人は
よかったらご相談くださいね。


応援しています!





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


1 2 3 4 5 6 10