HSPやエンパスの人と仕事



こんにちは。坂本純子です。


敏感な五感を持ち、
感受性も強い
エンパスやHSPの人
仕事について書いていきます。


敏感な五感を持っているので
人が叩くキーボードの音や
人の話し声がものすごく気になって
自分の仕事に集中できない。


営業職なのに、
お客さんの顔色に心を乱されて
言いたいことが言えない。


エンパスやHSPの人は
こんなことがよくあると思います。


また、優しくて親切な気質を
持っているので、
会社の利益のために
お客さんにとって必要ないものを
売り込む、ようなことも
できないんですよね。


だから
ノルマを達成するために
なにがなんでも売ってこい~~!
みたいな社風の中にいると、


やる気もでない、
結果もでない、
周りからは浮いている、
ような感じになってしまい
苦しいと思います。。。


会社の利益や目標達成、
自分の評価を上げることでは
モチベーションは上がらないけど、


必要としている人に
必要なものを提案すること。


これは絶対にいい!と
自分が確信しているものを
伝えること。


目の前のことに
ていねいにじっくり取り組むこと。


こういうことは
けっこう好きなのではないでしょうか。


人の顔色や雰囲気を敏感に感じて、
それに振り回されることも多いので、


いろんな価値観の人がいて、
人の思いやエネルギーが
たえずうごめいている職場では
居心地が悪いと思います。


エンパスやHSPの人は
周りの雰囲気にも
影響を受けやすいので
自分のペースで自由に
働ける環境だと
実力を発揮しやすいんですよね。


人と群れない気質でもあるので、
ひとりで活動することを
快適だと感じる人も多いと思います。


私もそのひとりです^^


やりたいことをやる、
やりたくないことはやらない。


これを誰にも相談する必要がなく
自分ひとりで決めれるなんて
最高です!


エンパスやHSPは
フリーランスや自営業に
向いているんですよ。


また、敏感な気質で
直観力もとても優れているので
人が気がつかないことにも
気づくことが多い。


それによって大きなミスを
防ぐことができます。


私のクライアントさんで
金融関係の企業にお勤めの
部長職の方がいらっしゃいます。


この方、セッションを受けて
気質も含めた自分のすべてに
OKを出せるようになったら、


部下の顔色や様子で
今どんな言葉をかけたらいいかが
直感的にピンときたり、


トラブルを解決する方法が
ひらめいたり、と


HSPの敏感な気質や豊かな感受性が
プラスに働きはじめたそうです。


そして、
「部下が持ってきた書類を
手にした瞬間に、
この書類にはミスがあるって
わかるようになったんですよ!
超能力者のようでしょ」
と笑ってました。


直観力と高共感力を
マネジメントとトラブル回避に
フルに発揮してますね^^


あと、想像力や共感力も高いので、
画家や小説家などの人にも
この気質の方が多いようです。


セラピストやコーチ、カウンセラー
のような対人援助職も
高い共感力と直観力、
優しくて親切な気質を発揮できます。


人の顔色や空気感に敏感で繊細、
それがゆえに傷つきやすくもあり
苦しいと感じることも多いと思いますが、


エンパスやHSPの
そんな気質だからこそ
できることがたくさんあるのですよ。


自分にしかできないことがあるんだ、
と仕事について前向きに
とらえていただけら、と思います。


生れ持ったその気質と能力を
気持ちよく発揮できるようになったら、
今の自分では想像できないことが
仕事になっていった、という人もいます。


だから向いていると言われる職業に
あまりとらわれなくてもいいですよ。


働くということにネガティブな
感情ばかり湧いて
目の前のことに集中できなくて
困っている方は、
よかったらご相談くださいね。


応援しています。





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


突然キレる主人に対して毅然とした態度をとれるようになりました



こんにちは。坂本純子です。


主人のことを怖いと思わなく
なくなったら、
主人が悩みを相談してくるように
なりました。



これは先日セッションを受けられた
クライアントさんの声です。


この方のご主人は
急にイライラしはじめたり、
突然キレる人。


イライラやキレるポイントが
よくわからないので、
一緒にいてどう振る舞っていいのか
わからなくて
いつも怖いと感じていたとのこと。


怖いので
なるべく近寄らないようにしたり、
いつもご主人の顔色をうかがって
ビクビクしながら話を合わせたり
していたそうです。


同じ屋根の下で暮らしている家族に
ビクビクして生活するって
きゅうくつで苦しいですよね。


それがですね、
クライアントさんの中にあった
幼いころから満たされないまま残っていた
感情を心理セッションで解放していったら、


イライラするのも突然キレるのも
彼の心の問題であって
私の問題ではない。


たとえ彼がどんな態度をとったとしても
私は私の感じたことを
一番大切に生きていきたい。



という思いがムクムクと
心に芽生えてきたそうです。


それと同時にご主人がイライラしても
突然キレたりしても
ビクつくことも恐怖を感じることが劇的に減り
なぜか毅然としていられるようになった
とのこと。


するとご主人が、
ささいなことで
イライラしてしまうことや
突然怒りが抑えられなくなる
自分について実は悩んでいた、
と相談してきたそうです。


それからというもの、
夫婦ふたりで悩みを相談しあったり、
一緒にお酒を飲みながら
話す時間が自然とできはじめたとのこと。


クライアントさんも、
ご主人と仲良くなった今、
ご主人のことをなぜあんなに
怖がっていたのか不思議だと
おっしゃっていました。


実はこのクライアントさん、
セッションを受ける前は
すぐ怒るご主人と離婚したい、
と言ってたんですよ。


心の根っこが変化すると、
出来事に対しての
感じ方や捉え方も変化します。


それによって
相手の反応も変化するので、
良好な人間関係が築きやすくなります。


人間関係に悩んでいる方、
もしかしたら
あなたの心の根っこ次第で
その人間関係も良好になっていくかも
しれません。


ひとりで悩むことに疲れたら
よかったらご相談くださいね。


応援しています!






心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


自覚のない生きる目的によって行動パターンが決まります



こんにちは。坂本純子です。


先日、
いつも不安を感じている自分ではなく、
もっとのびのびと楽に生きられる
自分になりたい、
という思いを持った方のセッションを
行いました。


このクライアントさんは、
ひとりでいると不安に
押しつぶされそうになるので、
なるべくひとりでいる時間を
作らないようにしているそうです。


セッションをすすめていくと
クライアントさんが
何を求めて生きているかが
見えてきます。


この求めているものとは、
無意識に感じているもので、
クライアントさん自身、
自覚がないものであることがほとんど。


このクライアントさんの求めているものは
不安を感じないこと


そして思考は
不安を感じないために何をしたらいいか
という質問を元に働いています。


ひとりでいると
不安に押しつぶされそうになるので、
どんなに疲れていても
家でゆっくり休むことよりも
不安を感じなくてもすむように
人と会うことを優先しているそうです。


自分の生きる目的が
不安を感じないようにすることだったとは
なんともショックなことですが、
セッションではクライアントさん自身に
これを気づいてもらうので、
この方も自分の生きる目的に気がついたとき、
しっくりと腑に落ちたとのことでした。


痛ましい事件のニュースを見て、
自分のことではないのに
ものすごく反応してしまい
恐怖と不安が湧いてくる。


ひとりでいると
まだ訪れていない未来に対して、
病気になったらどうしよう、
乗り越えられないような出来事が
起こったらどうしよう、と
不安を感じてしまい怖くなる。


こんな感覚を毎日感じて苦しいので、
この感覚を感じないために
何をしたらいいんだろう、
と思考が働くようになっていました。


なぜこんなに不安と恐怖を感じて
しまうのかというと、
幼いころからの親との関係や
環境が影響している場合がほとんどですが
それについてはまたの機会に
詳しく書いていきたいと思います。


今日お伝えしたいのは、
何を求めて生きているか
によってその人の
思考パターン、行動パターン、
自然に湧いてくる感情のパターンが
決まってくる、ということ。


みんないろんな目的を元に
自分のテーマを
無意識のうちに持っています。


たとえば、


人から認められるには
どう生きたらいいのか。


人を見返すためには
どう生きたらいいのか。


社会や世の中から受け入れられるには
どう生きたらいいのか。



などなど・・・


こんなふうに
無意識のうちに自分に向けて
頻繁に質問しているのですよ。


このように
自分以外の人に意識が向いている
目的を持っていると、
他人軸で生きているので、
自分の気持ちや感情よりも
人の気持ちや感情を良くすることを
優先しがち。


自分の本音を大切にしていないので、
本来の自分ではない生き方を
している人が多いです。


自分の本音と現実の生き方に
ギャップがあればあるほど、
生きにくさを感じるのですよ。


また、こんなテーマを
自覚なく持っている人もいるんですよ。


私が才能や能力を最高に発揮するために
どう生きればいいか。


私が幸せになるには何をすればいいか。


私が快適に生きるために
何をすればいいのか。



これらのテーマは
意識が自分に向いています。


自分のために思考が働くので、
自分のために自然に行動できます。


持っているエネルギーを
自分のために使うことができるので、
楽に生きていくことができます。


テーマは、生まれた瞬間に宿った
運命や宿命というものではありません。


生れてから今までの間に
起こった出来事によって
自分でこう生きようと決めたことです。


だから今生きにくさを感じていたとしても、
今無意識に持っているテーマを
別のものに変えていけばいいのです。


今のあなたが持っている
生きるために大切にしているテーマは
どんなものですか?


今の自分に生きにくさを感じていたり、
今の自分にOKを出せない、という方は、
まず今自分が身を置いている環境の中で、
どういう心の状態でいられたら
もっと楽に生きていけるのか、
今よりも幸せだと感じるのかを
感じてみてください。


そして、そのために
どんな質問を自分に投げかけることが
自分の望みを叶えるために
思考が働いてくれそうかを
イメージしてみてくださいね。


ひとりでやるのがむつかしいと感じた人は
よかったらご相談ください。


応援しています!




心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


繊細で敏感な気質のエンパスやHSPの人におすすめの生き方



こんにちは。坂本純子です。


繊細な気質を持った
エンパスやHSPの人
無理やガマンをして
社会や世の中の価値観に
当てはまる自分になるよりも、
自分の感覚や本音を大切に生きると
自然と幸せ度がたかくなる、
ということを実感しています。


今日はそんなことを
書いていきたいと思います。


なにも考えないで
ただ気楽に生きているだけなのに
幸せだなぁ



今朝、こんなことを
ふと感じたのでした。


今ブログを書いているし、
毎日心理セッションもやっているので、
まったくなにも考えないで
ポワーンと生きているわけでは
ないのですが。。


以前とくらべて
心配したり不安を感じたりすることが
ものすごく減ったので
なにも考えてないように感じるようです。


まだ来ていない未来を思って
漠然と不安を感じていた以前の私とくらべて
環境に変化があったとか、
安心できる具体的な何かを手に入れた、
というわけではありません。


相変わらずの独身で一人暮らしですし
どこにも所属してないひとり事業者です(笑)


ではいったい私の中で何が起こって
感じ方が変化しているのかというと・・・


無理、ガマン、義理、義務のような
感覚でやっていることをやめた。


そして本当の本音の望みを
叶えることだけをやる。



これだけを毎日やっている自分に
変化していったんです。


正確に言うと
無理してやっていたこと、
ガマンしていること
義理でつきあっていた人たち、
義務だからやらなきゃと思っていたこと
に気がついたということ。


具体的にどんなことをやめたかというと・・・


私が本当にやりたいことではない
と感じながらも
依頼していただいたのだから
ぜったいにやるべきだと
受けていた仕事。


20年以上もつきあってきたから
これからもずっと仲良くしてなきゃ
いけないと思い込んで、
なんとなく波長が合わなくなってる、
と感じつつ続けてきた人間関係。


なんとなく違和感を感じながらも
波風を立てたくないから
握りしめてきたこと。


なにをやるにも
ゆっくりペースで同時進行が苦手。
本当は一つにことにじっくりていねいに
とり組むことが好きなのに、
あれもこれもやらなきゃいけないと
自分に負荷をかけていたこと。




など。


ほかにもいろいろありそうですが、
今思い当たるのはこんなこと。


ガマンしたり無理したり、
義理や義務でやっていることが
自分にものすごく負担をかけている
ことに気がついたのです。


無意識のうちに自然とやっているので
自分に負担をかけていることに
自覚はありませんでした。


が、


本当にやりたい仕事ではないけれど
依頼していただいたからという
理由で受けた仕事に関わっているときの
身体と気分の重さ。


本当は気乗りがしない食事会に
出かける前の
むりやり自分を奮い立たせている感じ。


ひとりで仕事しているのだから
自分がやりたいことだけ
やればいいのに、
あれもこれもやるべき、
と自分で自分を追い込んでいるときの
苦しさと身体のきゅうくつさ。


こんなふうに
身体と心で感じる感覚は
なにかしらの反応を起こしていたんです。


でも今までは
身体と心の反応よりも、
思考で考えたことを優先して
生きてきました。


なぜなら
自分にかけている負荷を
感じながらも
一生懸命に努力することが
成長と幸せにつながっていると
思っていたから。


また、自分のやりたいことだけを
選んで生きていたら
収入も減るだろうし、
周りから受け入れてもらえなく
なるだろう、
という思いグセもあったので、
本当は望んでいないのに
一生懸命握りしめていたことが
たくさんあったのですね。


今は
思考で考えたことよりも
身体と心の反応を
優先するようになりました。


身体や気分が重いのはイヤですし、
むりやり自分を奮い立たせるのも
疲れるし、
苦しさやきゅうくつな感覚でいては
ひらめきも直観を降りてきません。


だからやめました。
思考であれこれ考えて行動することを。


すると
自分の本当に望むこと、
いわゆる本音の声をキャッチできる
ようになってきたんです。


本当の本音をキャッチできるように
なると、
本音の望みを叶えるために
今何をしたらいいのか、
ということが思考ではなく
直感のようなもので感じることが
増えてきました。


そしてその直観に従って行動する。


直感に従うときには
無理もガマンも義理も義務も
ありません。


だから楽に行動できるのですよ。


私なりの優先順位がありまして、



➀ 今一番やりたいこと、
 やらずにはいられないこと。


➁ 思いついたこと。


➂ 今日中にぜったいやらないと
 いけないこと。



この3つです。


世の中や社会や周りから
認められるための努力をするよりも、
自分の感覚や本音を大切に生きることで
自然と幸せ度が上がります。


とくに敏感で繊細な気質の
HSPやエンパスの人は
のびのびと気分よくいることで
持ち前の高共感力や直観力を
気持ちよく発揮して生きられます。


これは私が体験しているので
とても実感しています!


無理やガマンをするのではなく、
自分がなんとなくこうしたいという
感覚に従ってみてください。


もしも
どうしても人の目が気になったり、
自分の感覚に従うことに
抵抗やモヤモヤを感じる人は
よかったらご相談くださいね。


応援しています!





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


自分にOKを出してのびのび生きる方法



こんにちは。坂本純子です。


今の自分を変えたいと
ずっと思っていましたが、
最近自分から自然に出てくる
感情や気持ちにOKを出せるように
なってきたんです。

自分の感情や気持ちを
受け入れられるようになったら
自然と以前とは違う思考回路と
行動パターンの自分になっていました。



これは先日セッションを受けられた
クライアントさんの声です。


この方は、
今まで自分から自然に湧いてきた
感情にダメ出しをしたり、
自分に考えることには価値がない、
といつも感じていたとのこと。


50歳を目前にし、
毎日毎日自分を責めて生きていくのは
もうイヤだ!と心理セッションを
受けることを決めました。


自分を責めるクセや、
自然に出てくる感情に×をつけたり、
どうせ私なんかが考えることなんて・・、
というような思考が
無意識のうちにいつも出てくるって
ツライですよね。


というか、
それが自分にとって当たり前なので
なぜかわからないけれど
いつも苦しくて人と関わるのが怖くて
そんな自分を変えたいけど
どうしたらいいのかわからない、
という感じです。


無意識に出てくる
自分を責めるクセや、
自然に出てくる感情に×をつけたり、
どうせ私なんかが考えることなんて・・、
という思考は
答えのない質問を
自分に向けてしているようなもの。


潜在意識も答えの出しようがなくて
モヤモヤざわざわさせるしか
ないのですよ。


これをやればやるほど
自分の中のエネルギーが
どんどん枯渇していき
やる気や集中力を奪います。


そんな心の状態が、
自分を責めなくなって
どうせ私なんて・・という
自己否定をしなくなっただけで、
思考が変わり行動にも変化が
現れてくるのですが、
そうなるために何をしたら
いいのかというと。。。


自分から自然に湧いてくる感情を
じっくりと感じきること。


具体的に書いていきますね。


➀ 安心できる場所に身を置きます。

➁ 好きなだけ深呼吸して
  体の力を抜きます。

➂ 最近起こったイヤな出来事を思い出す。

➃ イヤなことを考えたら
  自然な反応する体の感覚に意識を向けます。
  そして胸がムカムカするとか、
  胃の辺りが重たくなるとかというような
  出てくる言葉を口にしてください。

➅ このようにイヤなことを
  体と言葉でじっくり感じてください。

➆ 涙が出てくることもありますが
  その場合涙がとまるまで
  自然の流れに身を任せてください。

⑧ ひたすら体と感情を感じきってください。

 

以上です。


このとき自然に出てきた言葉は
自分が感じたけれど、
その自分を受け入れられずに
ダメ出しをしたときの本音であったり、
人に対して腹が立ったのに、
腹が立った自分を責めたため
自分の中で未消化のまま溜まっていった
怒りであったりします。


自分が感じたことは
当然だと思っていいのですよ。


悲しいと感じたら
その状況では悲しいのが当然ですし、
腹が立ったら、
その状況では腹が立つのが当たり前なんです。


自分が感じたらそれが当然!


そう感じていいのです。


それが腑に落ちると
どんな自分にもOKを出せるようになって、
自然と思考や行動のパターンが
変化していきます。


不思議なもので
自分をダメだと思って
そんな自分を変えよう変えようと
がんばっていたときは、
どんどん苦しさが増していくのですが、
ダメだと感じる自分にOKを
出せるようになると
自然と楽にのびのびと動けるように
なっていくんです。


さきほどのワーク、
よかったらやってみてくださいね。


やり方がよくわからなかったら
ご相談ください。


応援しています!




心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


現在実施中の勉強会・心理セッション各コース



【説明会・体験セッション】

心理セッションに興味があるけれど
自分の悩みは心理セッションで解決できるか確認したい、
心理セッションを受ける前にまず体験してみたい、
という方に向けての時間です。

  *詳しい内容はこちらをご覧ください


【勉強会】

人の顔色に敏感で繊細すぎるHSPやエンパスの気質の方が、
その気質と能力をの気持ちよく発揮して、
のびのびと生きていけるようHSPやエンパスについて
学ぶための勉強会を実施しています。

◆ HSP・エンパス勉強会(月1~2回)

  開催日時はHPのイベント情報をご確認ください。
 
◆ HSP・エンパス個別勉強会

体験セッションの要素も取り入れたマンツーマンの勉強会です。

  *詳しい内容はこちらをご覧ください
 


【心理セッションコース】

心理療法・カウンセリング・セラピーを取り入れ、
ひとりひとりの気質や状態に合わせたオーダーメイドの
心理セッションをすべてのコースで行っています。

◆ エンパス・HSP専門心理セッションプログラム 
 
◆ 3ヶ月で人疲れを解消する基本コース 
  
◆ 経営者・リーダー専門心理セッションコース

各コースともに単発セッション、継続セッションを実施しています。
  *詳しい内容はこちらをご覧ください。



*どのコースも、ご自身でセッションを希望されている
 20歳以上の方を対象におこなっています。


敏感で感受性の強い自分をどう扱えばいいのか



こんにちは。坂本純子です。


今日は
『敏感で感受性の強い自分を
どう扱えばいいのか』
について書いていきたいと思います。


繊細で様々なことに敏感な
気質を持っている
エンパスやHSPの人は、
みんなが感じないような
人の感情や気持ちを
なんとなく察します。


人の本音と建前をなんとなく
感じとったり、
ウソを言ってることがなんとなく
わかってしまったりするので
苦手な人が多いんですよね。


そんな自分を
人間嫌いなんじゃないか、
性格がひねくれてるんじゃないか、
器がちいさいんじゃないか、
と感じてしまい
劣等感を感じている人もいます。


でも、それは
人よりも多くのことを
キャッチしやすい脳を持っているためで、
人間嫌いなわけでも
性格がひねくれているわけでも
器が小さいわけでもないのですよ。


こんなふうに
目に見えるものにはもちろん
目に見えない人の気持ちや感情、
場のエネルギーや空気感に
敏感に反応する脳を持っている
エンパスやHSPの人は
自分の感覚や世界観を大切にしてくださいね。


世の中でふつうと言われている価値観や、
社会的な常識に
自分をあてはめようと努力しても、
きゅうくつに感じてしまい
苦しくなってしまうと思います。


なぜならそのような価値観や常識に
おさまるような気質ではないのですよ。


ふつうになろうと努力するよりも
「なんとなくこう感じる」
という感覚を大切にし、
自分の本音が望むことをキャッチして、
本音の望みを叶えることだけを
意識していきましょう。


本音をキャッチすることができれば
自然と本音が望む方向に進みます。


直観力と共感力がとても高いので、
本音をキャッチすることができれば、
本音の望みを叶えるために
必要なことが直観的にわかったり、
そのための出来事が起こったり、
と現実が動き出します。


自分が幸せになるための本音に
焦点を合わせて
「なんとなくこう感じる。」という
直感の純度を上げていくこと。


それと並行して
直感の純度を曇らせる
心の根っこにある思いグセや
満たされないまま残っている感情を
手放していくこと。


エンパスやHSPの人は
この2つができると
生れ持った敏感で繊細な気質を
自分の能力として気持ちよく発揮しながら
自分の人生を
自分のために生きていくことができます。


今生きにくさを感じている
エンパスやHSPの人が
そうなれるよう応援しています。


もし自分の本音がわからない、
思いグセや満たされないまま
残っている感情を手放したいけれど
自分ではうまくいかない、
という方はご相談くださいね。


応援しています!






心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


世の中の価値観に馴染むことができない



こんにちは。坂本純子です。


ふだん私は、
刺激に敏感な五感や
繊細で感受性の強い気質を持っている
エンパスやHSPの人が、
今以上に自然体で
のびのび生きていけるよう、
私は心理セッションを通じて
協力しています。


エンパスやHSPの人は、
「ふつうの人とどこか違う自分」
の扱い方に困っている、
という心の悩みを抱えやすいです。


みんなが興味を持つものに
まったく興味を持てないとか、
みんなが疑問を持たずに取り組める
会社での仕事に
自分だけなぜか問題意識を持ってしまう、
とか。。。


日々エンパスやHSPの人と
関わっていて
このような感覚を感じている人って
多いなぁ、と思います。


なぜかというと
本質を見抜く直観力が高いから
なのです。


自分が関わっていることや
自分のやっていることが
物事の本質や目的に合致していないと
モヤモヤして気持ちよく行動できない
のですね。


そのため会社での仕事でも
自分の評価を上げるため、
会社の利益を上げるため、
という仕事への向き合い方では
やる気がでません。


なので、
自分の評価ばかり気にしている上司を
見るとイヤな気分が込み上げてきたリ、
会社の利益を上げるために
お客様に必要のないものを提供する
ような体質の会社に対して
ものすごく違和感を感じてしまうことが
多いと思います。


私も会社に勤めているころ、
「見せ方が大事だから」が
口ぐせの上司に対して
アレルギーがありました。


もちろん商品の見せ方って大事ですけど、
それ以上にその商品が
クライアントにとって本当に必要なのかが
大事なのに、とよく思いました。


エンパスやHSPの人は、
心を込めてていねいに
目の前の仕事に取り組みたいと
思っている人が多いですし、


本当に相手の役に立つものや、
会社にとって必要だと
感じるものに対しては、
前向きに取り組めるのです。


世の中には
自分の評価を上げるために
頑張ることは当たり前、
会社に勤務しているのだから
会社の利益や継続のために働くのは当然、
という価値観が強いですよね。


そしてその価値観の中で
生きていくことに違和感なく
自分を表現していくことの
できる人もいますし、
世の中そういう人の方が
多いと思います。


そんな中で、
エンパスやHSPの人は
本質を見抜く高い直観力を
持っているので、
その価値観に馴染めない自分に対して
悩んでしまうのですよね。


エンパスやHSPの人は
まず自分の気質を受け入れてください。


そして世の中の価値観に
自分をあてはめる努力はしなくても
いいんです。


自分が感じることを
大切にしてください。


もし、
自分の評価を上げることにしか
興味がないのに、
「あなたのためだから」と
近づいてくる上司に対して
強い嫌悪感を感じてしまうのであれば、
その自分も認めてください。


嫌悪感を感じてしまう
自分を責めなくてもいいんです。


キライということを認めたうえで
仕事をしたほうが、
楽にその人と関わることができますよ。


勤務している会社の社風が
自分に合わないと悩んでいるなら、
自分の気質を受け入れたうえで
今は目の前のことに集中するレッスンだと
意識してみてください。


応援しています!







心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


ガマンして相手に合わせてばかりいる自分が嫌い



自分よりも
相手の気持ちを優先したり、

いつも相手に合わせてばかりで
自分を出せなくなる。

そんなふうに
ガマンばかりしている
自分のことを
好きになれない。。。

でも、
そんな自分で
一生終わりたくない。

と感じている人に向けて
今日は書いていきます。

人に合わせていたら
その場はうまくおさまりそうだし、
波風立たないですよね。

もし自分の気持ちや
考えを伝えたら、
相手から
ツッコまれるかもしれないし、
否定されるかもしれない。

だったら
自分の気持ちや考えを
伝えるよりも、
相手に合わせていたほうが
楽だと感じる気持ちも
わかります。

とくに敏感で繊細な
HSPやエンパス気質の人の場合、
相手の気持ちや感情が
自分の中に入ってきやすいので
なかなか自分を出せなく
なってしまうんですよね。

自分の気持ちや考えを言わずに
相手に合わせていれば
楽なのかもしれませんが、

いつまでもそれを
続けていると
空しさを感じたり、
自分はからっぽな人間だと
感じてしまい、
無価値観や劣等感が強くなって
どんどん生きにくくなっていきます。

だからといって
意思の力でがんばって
自分を出そうとしても
なかなかむつかしい。。。

なぜならガマンぐせは、
自分でも自覚のない
心の深いところにある
何かが影響しているから。

ガマンぐせを持っている
ほとんどの人にある
心の深いところに潜んでいる
「何か」とは、

自分の気持ちよりも
相手にとって
いい人でいることが大事。

なぜならいい人でいないと
大切にしてもらえないから。

このような思いグセのことです。

この思いグセは
小さな子供のころ、
今の自分の記憶にはないような
強い感情を、
自分の中に閉じ込めたことが
元になって
心の根っこに根づいていきました。

私のことを
もっと大切にしてほしいから
いい子でいよう。

もっと愛してほしいから
いい子でいよう。


こんなことを
お母さんやお父さんに対して
子供は無意識に思うものです。

優しい言葉をかけてもらいたい
抱きしめてもらいたい

ぬくもりを感じて
安心したくて
こんなふうに
わかりやすい愛情を切に求め、
満たされない安心感を追いもとめて
自分の気持ちよりも
親を優先しようとします。

このときの思いが、
心の根っこに根づき、
大人になった今
無意識に周りの人に親を投影して
自分の気持ちよりも
相手を優先するのです。

この心の根っこに
根づいているものを開放し、
今まで
満たされることのなかった心を
安心感で満たしていくことで
自然と思いグセも変化していきます。

そして思いグセが変わることで
自分の気持ちや考えを
大切にできるようになってくるのです。

自分の気持ちや考えを大切し、
相手のことも尊重する。

こんな思いが心の根っこに
根づいてくると、
相手と私は別の人間だから、
感じることが違うことは当然と
思え、
自然と自分の思いや考えを
相手に伝えられるようになります。

すると、
相手から否定されることや
嫌われることが怖いから
言いたいことをガマンするのではなく、

自分も相手も大切だから
自分の気持ちや考えを伝えよう
という意識に沿って
行動するようになってくるのです。

意思の力でがんばって
伝えるのではなく、
自然と伝えるようになるので楽です。

さらには伝えても伝えなくても
自分はOKと思えると、
どんな自分にもOKを出せるので
人間関係、仕事、恋愛などで
どんどん自分らしく
自分を表現できるようになります。

これを実現するのに
心理セッションはとても有効な
方法なんです。

今の自分で一生終わりたくないと
感じている方は
よかったらご相談くださいね。

応援しています。








心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


楽に幸せになることを実現する方法



一生懸命がんばっているのに
うまくいかない。

楽しいことをしているはずなのに
心のどこかで不安を感じる。



こんなことをよく感じる人に向けて
書いていきます。


実際にこのような感覚に苦しむ方の
心理セッションを行うことも多いです。


この苦しさを無くして
もっと楽に幸せに生きれたら、と
みなさま努力してます。


自分を磨く。
資格を取得する。
勉強する。
本を読む。
などなど….


なりたい自分になるために、
収入を上げるために、
パートナーと出会うために、
自分らしく生きるために
いろんなことチャレンジして
がんばっています。


でも、心の中に穴があって
何をやってもそこが埋まらず、
その穴から不安やら空しさやらが
時おり顔を出すから、
その自分を変えたくて
さらにがんばる。。。


このような人が多いのも事実です。


でもこの流れを何度も何度も
繰り返すのは疲れますよね。


この心の穴から出てくる
不安や空しさにはどう対処すればいいのか
書いていきたいと思います。


このような方の心の根っこには
「楽に幸せになってはいけない」
「苦労しなければ幸せになれない」

という思いグセが
ガッツリと根づいています。


この思いグセがあると、
意識では幸せになりいと本気で望んでいるのに、
心の根っこでは幸せになるには苦労が伴う、と
感じているので、
やりたいことがあっても
楽にすいすい進んでいけないのですよ。


苦労を乗り越えるために
ものすごいパワーが必要だと
無意識に感じているので
やる前からできるわけない、
とうっすらと感じてしまったりもします。


でもこれは生まれつき心の根っこに
根づいていたわけではありません。


ほとんどが
親から受けとったものです。


とくに小さな子供の頃に
ふれあうことの多かったお母さんの
心の根っこに、
「苦労しなければ幸せになれない」
「楽に幸せになってはいけない」
「生きることは苦労の連続だ」

というような思いがあると、
無意識にそれが言葉や行動に現れるので、
判断力のない小さな子供の心に
刷り込まれていくのです。


もし、自分の心の根っこに
そんな感覚があるかもしれない、
と感じた方は、
今から書くワークをやってみてください。


****************************************

➀ ひとりになれる静かな場所で、
  目を閉じてください。


➁ 呼吸に意識を集中します。


➂ 以下の言葉で一番ピンとくるものを
  何度もつぶやいてください。

  「私は苦労しなければ幸せになれない」

  「私は楽に幸せになってはいけない」

  「生きることは苦労の連続だ」


➃ ➂の言葉をつぶやきながら
  自分の中から自然に湧いてくる感情や気持ちを
  じっくりと感じてください。
  涙が出てくることもありますが、
  涙が止まるまでその言葉をつぶやいてください。


➄ その言葉をじっくり感じきり、
  涙が止まったら、
  「私は楽に幸せになっていい」
  と何度も自分に向けて言いましょう。


➅ その言葉が自分の中にストンと
  落ちるのを感じるまで続けてください。



以上です。

****************************************


「私は楽に幸せになっていい」が
潜在意識レベルで腑に落ちると、
楽しいことをやっているときの
喜びや満足感、
嫌なことをやっているときの
私はこれをやりたくない、などの
自分の中から自然と湧いてくる
感情や気持ちを
ストレートにキャッチして、




どんな感情や気持ちを感じても、
その自分にいちいちダメ出ししたり、
劣等感や無価値観を感じることが
なくなるので楽に行動できるように
なってきます。


このワーク、
よかったらやってみてくださいね。


そしてぜひ楽に幸せになってください!
楽に幸せになっていいのです♪


応援しています^^





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


1 2 3 4 5 6 9