波長が合わない人ばかりの職場でHSPが感じる孤独感

最近、HSPの気質を
お持ちの方から、
職場で感じる「孤独感」の
ご相談が続きました。

 

職場での孤独感…

 

波長が合わない人の多い職場で
よく湧く感情です。

 

たとえば、
あなたも職場で
こんな気持ちになることが
ありませんか?

============

今の職場、
「時間から時間働いて、
時給を稼げればそれでいい」
みたいな意識の人が多い。

そのせいか、
トラブルが起こっても
誰も改善しようとしない。

なんで、目の前の問題をスルーできるんだろう。

私だけ、いつも提案してばかりで、
みんなからウザイと思われてそう。。。

職場で、私だけ浮いてる気がするなぁ。

みんなとの世間話にも入れないし。

そもそもみんなの世間話に興味ない。

みんなと仲良くしたいわけじゃないけど、
職場で感じる孤独感はツライ。

どうしたらいいんだろう。

============

実は、
このような孤独感の悩み、
HSP気質の人が感じやすいものなのです。

目次

周りの人と波長が合わない理由

 

それには、
HSPの気質である
「洞察力の高さ」
「深く感じる能力」
が影響しています。

 

それらの能力ゆえに、
みんなとは見ている視点や
感じとる範囲が違ったりするんです。

(どちらが良い悪い、
ということではありません)

 

だから、
話がかみ合わないし、
みんなに理解されにくい。。。

 

これが孤独感に繋がるのです。

 

この説明で、
「なるほど!
私が悪いわけじゃないんだ。
気質によるものなのね^^」
と、孤独感が消えればいいのですが・・・

 

頭で理解できても、
感情は別物なので、
モヤモヤが残る人もいると思います。

 

ではその場合、
どうすればいいのか?

周りと波長が合わない職場で感じる孤独感との向き合い方

まず、
自分のHSP能力を
受け入れましょう。

 

たとえば、今まで

「小さなことも
スルー出来ない私は
器が小さい人間」

と思っていたとしたら・・・

 

「ささいなことを
キャッチできる私は、
才能豊かな人間」

こんなふうに思っていいのです。

 

周りのみんなと話が合わないのも、
「気質が違うから当然だよね」
と受け入れてくださいね。

 

「この職場には、
私か、私以外しか居ない」
くらいに思っていいのです。

 

そう意識したうえで、
職場に身を置くこと。

 

そして、
孤独感を感じている自分も
認めましょう。

 

「みんなと気質が違うから、
分かり合えないけど、
でも孤独に仕事するのもさみしいから、
少しみんなに歩み寄ろうかな」

とか、

「みんなと気質が違うから、
話が合わなくて当然。

孤独だけど私は自分を貫こう。

引き続き、
自分のペースでやっていこう。」

 

など、こんなふうに、
自分の軸で行動しましょう。

 

あなたにとって大切なのは、
自分の意志で行動することです。

 

表面に出ている自分の行動よりも、
それを自分の意志で
やってるかどうかが、
あなたの人生にとって
重要なことなのです。

自分の意志(本音)を無視すると不安や焦りが湧きます

なぜなら、
自分の意志ではなく、
他人の目を意識して
行動してばかりいると、

どんどん自信を持てなくなるし、
不安やあせりが
湧きやすくなるからです。

 

もしあなたが、
日常的に不安やあせりを
感じやすいのなら、

ここから先に書く、
「意志」の気持ちを
自分の気持ちに
重ねながら読んでみてくださいね。

~~~~~~~~~~~~

私は、確実に存在しているし、
ありのままの自分で
生きていきたいと思ってる。

 

だけど、
周りばかり優先さる
環境にいる。

 

私は、
存在を無視されたり、
否定されてばかり。

 

そんなふうに、
いつもないがしろに
されている気がする。

 

そんなんじゃ、
なんのためにいるの
わからない。。。

 

だからいつも不安だし、
無視されるから自信も持てない。

~~~~~~~~~~~~

こんなふうに
思ってしまうのも
無理ないですよね。

 

意志を無視して
周りを優先しているとき、
こんなことが
自分の中で起こっているのです。

 

だから、
「自分の意志に気づき、
自分の意志で行動する」
ことが、
自分らしく生きるためには
大切なのです。

 

もし、
「意志」という力強い言葉が
しっくりこない場合は、
意志を「本音」に置き換えて
考えてください。

 

波長が合わない人の多い職場で、
孤独感でいっぱいになったら、
これらのこと
意識してみてくださいね。

 

また、
職場で波長が合わない人と
関わるとき、
緊張してうまく
コミュニケーションが
とれないこともあるかと思います。

 

そんなときに、
やってはいけないことを
まとめた小冊子があるので
ぜひお読みください↓

【無料レポート】
「職場で緊張せずにコミュニケーションを
取りたいならやってはいけない3つのこと」

 

そして、
ここまで書きながらなんですが…

孤独感は「もっと上のステージで働いた方がいいよ」というメッセージ

HSP気質を持ったあなたが、
今感じている孤独感は、

「もっと上のステージで
働いた方がいいよ」

というメッセージだったりもします。

 

「上のステージ」というのは、
知名度がある会社とか、
上場企業で働くという
意味ではなく、

「あなたの才能や能力を
快適に発揮できる場所」

のこと。

 

このタイプのあなたは、
トラブルが起こったら、
スルーできないですよね。

 

問題に気づいているのに、
それを無視するのも
気持ち悪いと思います。

 

なぜなら、
敏感な気質ゆえに、
その気持ち悪さが
自分の中で刺激となって反応するから。

 

簡単に言えば、
自分にウソをつけないのです。

(人にもウソつけませんね)

 

ということは、

今ある問題に気づいたら
それを解決するのが
あなたにとって自然なこと。

 

あなたは
当たり前にやっているので、
ピンとこないかもしれないけれど、
これは才能であり能力です。

 

そして、
この才能や能力を
快適に発揮することが
生きる喜びになります。

 

さらに言えば、
才能や能力を発揮しないと
生きる喜びが満たされません。

 

ということは、
ここを満たさなければ、
一生本当の自分を生きられない。。。

 

もしかしたら、

「何度転職しても
ここは私の居場所じゃない」

と感じている人も
いるかもしれません。

 

そう感じるのは、
その職場で才能や能力を
発揮できてないからです。

 

職場で、
わかり合える人がいないのは
寂しいし孤独です。

 

でも、その感情の奥には、
「この仕事、面白くないし、退屈」
なんて本音もあるかもしれませんね。

 

なにせ、その職場は、
大学生が幼稚園に
通っているようなものなので。

 

本当は、どんなふうに働きたいですか?

 

「才能や能力を発揮できる
もうひとつ上のステージ」
をイメージしてみてください。

 

そして、
そんなあなたが、
生きる喜びを感じたいなら、
才能や能力を発揮できる環境を
自分で選びましょう。

 

もしかしたらそれは、
今いる職場で、
考えや意見を言えるようになる
ことかもしれません。

 

または、
才能や能力を発揮できる環境に
移動することかもしれません。

(転職とか独立など)

もっと上のステージに行きたいのに行動できないときは

もし、
これらの行動を起こしたいのに、
動けずにいるのなら、

心の奥にある
・自分の考えや意見を言うことへの怖れ
・行動することへの怖れ

この2つを手放すことで、
前に進めるようになります。

*怖れを手放すのは、
ひとりではむつかしいので
(潜在意識の領域だから)
必要であれば声かけてくださいね。

 

そして、
今の職場で今後もやっていくにしても、
別の環境を選ぶとしても、
うまくコミュニケーションできれば、
あなたの才能や能力を発揮しやすくなります。

 

そのために、
さきほどご紹介したこのレポートも、
参考になると思います。

まだお読みでない方は
ぜひこちらから受け取ってください↓

【無料レポート】
「職場で緊張せずに
コミュニケーションを
取りたいなら
やってはいけない3つのこと」

 

波長が合わない人ばかりの職場が、
きゅうくつだと感じたら、
その場所で、
縮こまっていなくていいんですよ。

 

応援しています。

 

あわせて読みたい
体験セッション 心理セッションはこのような悩みを解決できます □  相手の顔色が気になって、うまく話せない □ 人とのコミュニケーションにものすごく緊張する □ 人と一緒にいると疲れ...
あわせて読みたい
【無料メール講座】とても繊細なあなたが 安心して自分の人生を生きる 7つのヒント >>>【無料メール講座】とても繊細なあなたが 安心して自分の人生を生きる 7つのヒント のご登録はこちらから あなたは、こんなことに困っていませんか? ・人...
あわせて読みたい
単発セッション 心理セッションはこのような悩みを解決できます □  相手の顔色が気になって、うまく話せない □ HSPで繊細すぎるため、どう生きていいかわからない □ 人とのコミュニケー...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる