繊細で傷つきやすいHSPやエンパスの直観力とシンクロ力を発揮して未来を実現する



セッションを受けられたクライアントさんから、
「なぜ心理セッションを
受けようと思ったのか思い出せないんです(笑)」

とご報告をいただきました。


人の目が気になって
そんな自分をどう扱っていいのか
ものすごく悩み、
ひとりではどうすることもできなくて
困りに困ってHSP・エンパス勉強会に参加。


ダメな自分、
できない自分、
ふつうじゃない自分にばかり意識がいって、
(これも自分の思い込みなのですが)
人の心を満たすことのできる
自分になろうとしていました。


出会ったときはこのような感じの方でした。


この意識が自分に向いて
楽に生きられるようになってくると、
生きにくくて悩んでいた自分のことを
思い出せなくなってくるんですね。


今の自分にとっては必要ない
恐れから握りしめていた仕事や思いグセを
手放すことができ、
その空いた意識のスペースに
本当にやりたいことのビジョンを
グングンしみ込ませています。


心の根っこにあるものが
変化していくと
自然に発しているエネルギーも
変化していくので、
昨日お会いしたときの
この方のキラキラした雰囲気に
私も心躍りました。






とくに
敏感な気質を持ち
繊細で傷つきやすい
エンパスやHSPの人は、
共感力が高いので
人の気分や顔色に反応しやすく
影響を受けやすいです。


でもその共感力を
自分のために使うことが
できるのですよ!


すると
その共感力や直感力という
持って生まれた優れた能力が
自分が幸せに生きるために
発揮されていくのです。


生きにくさを感じているときは、
外に向いている共感力によって、
発動していた思いグセが
私は人からどう見られているか、
とか、
人から嫌われないために
という思考を無意識に生み出していました。


それが、
自分の本当の本音の声を
聴くことができるようになるだけで
本音の望みを叶えるために
自然と意識が働きます。


そのためにやることは、
今自分のいる環境や状態が
どんなものであっても、


今私はどうしたい?
という自分の本音に沿って行動しながら
直感をピピっと
感じられる自分でいること。


これができれば
望む未来に向けて
楽に舵取りができます。


HSPやエンパスの才能である
優れた共感力と直観力を
最善の形で自分の人生に活かせるのです。


応援しています!



*************************



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


【無料メール講座】とても繊細なあなたが 安心して自分の人生を生きる 7つのヒント

● 無料メール講座 ●

〜敏感さや感受性、共感力の高さは生まれ持った素晴らしいギフト〜 

とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

* ご登録はコチラからどうぞ


「人と一緒にいるだけでグッタリと疲れるから、
早く一人になりたいと思ってしまう。


私が話していること相手はどう感じているんだろう?

イヤな思いをしていないかな?

私は相手の期待に応えられているかな?


それが気になるからいつも相手の表情を伺って
話す言葉や態度や、
立ち振る舞いを合わせてしまう。


もめるのはイヤだし、
怒っている人を見るのは怖い。


そのせいか、人とぶつかることもなく
うまくやっているように思われるけど、
心の中は疲労感でいっぱい。


繊細で感受性が強いといえば
聞こえはいいけど、
本当は人とどう関わればいいのか
わからなくてつらい。


ただ、消極的とか気が弱いとか神経質、
というのとはなんか違う気がする。


そんなふうに片付けられると違和感を覚える。


強い光、激しい音、ざらついた質感も苦手。


隣でパソコンを打つ音でも
集中できなくなったりするし。


もうこんなのイヤだな、
もっと安心して仕事をしたり、
ラクに毎日を楽しんで生きていきたい。




これ、実はかつての私でした。


こうした私の性格や傾向(と思っていたこと)が
「エンパス」や「HSP」
という気質であることを知るまで
いつも生きづらさを感じていました。


でも今はこうして、
心理セッションを通じて
全国から来てくださる
クライアントさんの幸せに協力しています。


安心して働き、
穏やかに暮らしています。


ご存知ですか?


エンパスやHSPの人は、
表情や筋肉のささいな変化や声から
人の感情や気持ちを読み取ることが得意です。


また、大勢の人が集まる場所に
足を踏み入れた瞬間に
その場の空気感やエネルギーを
察知できたりします。


直感力もあり、共感力も高いことが特徴です。


あなたも心あたりはありませんか?


もともと敏感な五感や脳を持っているので
こんなことができるのです。


そう、
敏感な五感や脳は素晴らしい才能
なんです。


エンパスやHSPだから
生きにくさを抱えているわけではないのです。


そのことを信じてくださいね。





では、素晴らしい才能なのに、
生きづらさを感じるのはなぜ?と思いますよね。




実は、五感や感覚を通じて
敏感に感じとった様々なことから
引き起こされる「捉え方や感情」が原因。


そう、だから生きづらくさせる
「捉え方や感情」が生じなければ
大丈夫なんですね。


そうすれば、自分らしく安心してラクに
生きていけるのです。


そのようなことをお伝えしているのが
この無料メール講座

〜敏感さや繊細さ、共感力の高さは生まれ持った素晴らしいギフト〜

「とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント」

です。


●7つのヒントを読むだけで、
こんな変化が期待できます。


・エンパス、HSPの特性がわかり、
 これまでの「自分だけなぜこうなの?」の疑問がスッと解決します。

・一人で思い悩んでいたことを手放せ、心がラクになります。

・どうすれば生きやすくなるのか具体的にわかります。

・自分はこれでいい!と思えるようになります。

・自分が本当にやりたいこと、望んでいることに
 気づけるようになります。

・自分が思うことを人にきちんと伝えられるようになります。

・人の顔色に振りまわされなくなります。

・今を楽しめるようになります。


◆ お届けする内容 ◆

1日め 「実は日本人の5人に1人、あなただけではないんです」 
  
2日め 「価値ある能力を活かそう!」

3日め 「傷つきやすいのはなぜ?」

4日め 「自分に結びつけないようにするには?」

5日め 「心に根付いた思いグセを解放しよう」

6日め 「優れた能力を活かして自分らしくのびのび生きるために」

7日め 「終わりに〜優しさと感受性を味方にあなたらしく生きる」


エンパスやHSPの特徴、仕事について、
その特性を活かしている方のお話や、

私自身がエンパス、HSPの
心理カウンセラーだからこそお伝えできる
自分で自分を癒し、守る方法、
繊細で敏感な気質を人生に活かす方法など、

すぐに役立つ、心がラクになるヒントが満載です。


● こんな方にオススメします。

 ・人混みや集団の中に入るとものすごく疲れるかた

 ・一人でいることが好きな自分に自信を持てないかた

 ・小さい頃から無意識に人の顔色を伺ってしまうかた

 ・ついつい相手に合わせてしまうかた

 ・オフィスで人のキーボードの音が気になって仕事に集中できないかた

 ・カフェで他の席の話し声が気になって楽しめないかた

 ・大きな音や強い光にダメージを受けやすいかた

 ・相手の様子が気になって人付き合いが楽しめないかた

 ・共感力を活かしてやりがいを感じて仕事をしたいかた

 ・直感力の高さを活かしたいかた

 ・もっと自分に自信を持ちたいかた

 ・もっとのびのびとラクに生きたいかた
                     
 ・安心していろんなことに取り組めるようになりたいかた
 

7日後に、自分を大切に思いながら
毎日、安心して過ごしているあなたに
出会っていただけたらうれしいです。


* ご登録はコチラからどうぞ



あなたと無料メール講座で
お会いするのを楽しみにしています。




メディア取材頂きました「HSPが人の顔色に左右されない術」●シティリビング



サンケイリビング新聞社さんより
発行されている
働く女性のためのフリーペーパー
「シティリビング」の
取材のご依頼をいただきました。





こちらはweb版です。
右ページ下の記事ですので
ご覧ください。 ↓
http://book.living.jp/ebooks/cityliving/tokyo/20170127/index.html#9


人の顔色に左右されやすい人が
オフィスで快適に働くための心がけを
お伝えしています。


東京、横浜のオフィスビルや駅などに
置かれていますので、
よかったらお読みくださいね。






心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会(オリエンテーション)を実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


【お知らせ】10/5(木)~10/23(月)のセッションについて



10月5日(木)~ 10月23日(月)の月~土は、
セッションルームのビルメンテナンス工事のため、
この期間のセッションをご希望されている
10月4日以降の新たなセッションお申込みにおいては、
スカイプセッションのみお受けしております。



尚、この期間以下の日程は通常の対面セッション
実施しております。

10月 9日(月)11:00~19:00

10月15日(日)11:00~19:00

10月22日(日)11:00


説明会・体験セッションの詳細とお申込みは
こちらをご覧ください。



この期間、ご不便をおかけいたしますが
どうぞよろしくお願いいたします。



◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


HSPやエンパスの人は孤独を愛して群れないことが強みなのですよ



敏感な気質を持ち
繊細で傷つきやすい
エンパスやHSPの人には、
集団が苦手という特徴があります。


人間ぎらいではないんです。


共感力がとても高いので
大勢の人がいると
他人の感情や考え、
または他人の体調までも
拾ってしまい、
とても疲れるのですよ。


他人の気持ちや
その場に流れる空気を
なんとなく感じてしまうので、
そんなときは、
自分の感情を抑えてしまいがち。


それを繰り返しているうちに
自分が感じている
本当の感情や気持ちが
わからなくなることも。。。


また、優しくて親切な気質も
持っているので、
一緒にいる人に過度に気づかいをして
疲れてしまったりもします。


そのため、
エンパスやHSPの人にとって
自分をとりもどすための
ひとりでいる時間は
とても大切なものなんですね。


みんながふつうにとっている
集団行動や、
人と長時間過ごすことが苦手で、
ひとりでいることがとても好き。


そんな自分を
どこか変で協調性のないダメな人、
と感じている人もいると思います。


そんな方は、
自分で自覚していない
心の深い部分の本音が
ひとりでいることを
望んでいるんだな、
と受け入れてください。


HSPやエンパスの人は
群れないので、
人の意見に惑わされず、
独自の世界観を自分のやり方で
実現していくことができる人
なのですから。


先日心理セッションを
受けられたクライアントさんの
ことを紹介しますね。


フェイスブックで
友達が大勢の人に囲まれて
笑顔で食事をしている投稿を見ると
苦しくなる、
と言っていたのですが
セッションのあとは


私はひとりでいることが好き。

だからひとりでいてもいい。

でも、誰かといてもいい。


と自分を肯定できるようになり、
以前は見ると苦しくなっていた
フェイスブックの投稿を楽な気分で
見ていられるようになったそうです。


ひとりでいることが
ダメなのではなく、


ひとりでいることを
誰かと比べて
ダメだと感じたり、


自分を世の中のふつうに
当てはめようとして
苦しくなっていることに
気が付いたのですね。


繊細で敏感、
そして共感力の高い
エンパスの人は、
一人で過ごす時間の心地よさを
大切にしてくださいね。


そして一人の時間を
大切にしている自分に
OKを出せるようになると、
群れない気質が魅力として
発揮されてきます。


寂しさや孤独感から
目をそらすために
誰かと一緒にいようとしても、


緊張を感じたり、
相手にあわせてばかりのものだったら
それは自分にとって無意味な時間。


一緒に同じ時間を過ごす人は
自分が共感したいと感じる人とだけに
しましょう。


私も、
安心感や穏やかな気分でいられる
のびのびできる人とだけ
一緒に過ごすようにしています。


どれだけ多くの人と過ごしたか、
ではなく、
どれだけ自分にとって
有意義な密度の濃い時間を
過ごしたかが大切なこと。


持って生まれたその能力を、
自分らしく、
気持ちよく、
発揮するために
一人の時間を安心して
心地良くお過ごしくださいね。


応援しています。





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


好きなことを仕事にしたいけど好きなことがわからない



好きなことを仕事にして
生きていけたら
どんなにいいだろう



と考える人は
とても多いと思います。


でも
私の好きなことって
何だろう。。。

なにが好きなのかよく
わからない。。


という人も中にはいませんか?


今日はそんな人に向けて
書いていきたいと思います。


自分の好きなことがわからない、
という方は
好きなことだけじゃなく、
なにをしているとうれしくて、
なにをしていると気分が良くて、
なにが嫌いで・・・

というようなことが
わからなくなっていませんか?


感情の振れ幅も少なくて
表情の変化もあまりないのでは。


そんな自分の性格を
もともと生まれ持ったものだと
思っている人もいると思いますが、


実はこの状態は、
感情にフタをするクセから
きているんです。


どういうことかというと・・・


たとえば
人から理不尽なことをされたとき、
ものすごく腹が立ったのに
怒ることはよくないと
思い込んでいるので、
怒りの感情を抑え込んだり。


怒っている人を目の前にして
ものすごく怖いのに、
恐怖を感じる自分のことを
弱くてダメな人間だと感じて
平気なふりをするとか。。。


こんなふうに、
自分の感情を抑圧していることが
日常でよくありませんか。


感情って目に見えないので
感じた感情を抑えたり、
別の感情にすり替えたりすると、
一見消えたように感じますが、
自分の中に蓄積していくんです。


なので、
自分が自然に感じた感情を
抑圧することがひんぱんにあると、
抑圧した感情は自分の中に
溜まり続けます。


それを続けていると
うれしいとか楽しいといった
ポジティブな感情も
感じにくくなってしまうのですよ。


これが好きなことが
よくわからない理由。


好きなことには
うれしい、楽しいという
喜びの感情が伴いますが、
その感情を感じにくいので
好きなことがよくわかりません。


心から湧いてくる喜びの感情を
感じられないと、
人の目から見て素敵と
思われることを
好きなことだと勘違いします。


または収入の額や
ブランド品のようなものに
価値を求めてしまったりします。


人から素敵だと思われることや
収入やブランド品を追い求めて
それらを手にすると、
その瞬間は心が満たされます。


でも自分にとって
本当の喜びではないので
さらにそれを手に入れるために
がんばり続けることになります。


でも空しいんですよね。
ほしいものをいくら手に入れても
本当の喜びではないので。


このとき感じているは
自己有能感であって、
麻薬に幻想を見せられている
ような一瞬だけの喜びです。


逆に、
本当に好きなことを仕事にすると
その仕事をしていることが
うれしくて楽しいです。


なので困難なことがあっても
それすらも楽しいと感じたり、
困難を乗り越えられた自分の
可能性の広がりに
喜びを感じたりします。


こんなふうに
好きなことを仕事にすると
自分への喜びを感じることが増え
幸せを感じやすい
というわけなんです。


好きなことが
わからなにという方は、
自分が今何を感じているのかに
意識を向けてみてください。


今うれしいのか、楽しいのか
怖いのか、腹が立っているのかを
じっくり感じてみて。


人間なので喜怒哀楽があって
当たり前。


喜びが良くて
怒りはダメ、なんてことは
ないんですよ。


腹が立つことがあったとき、
その場ではその怒りを出せないかも
しれないけど、


ひとりでリラックスできる時間に、
その怒りをあらためて
思い出してみてください。


怒りの対象者がいるときは
「あいつムカつく!」
って言葉にしてもいいです。



その言葉を発した自分に
罪悪感を持つ必要もなし。


自分から自然に湧いてくる感情を
そのまま受け入れてくださいね。


これができるようになると
好きなことが
わかるようになってきます。


そしたら自分のその感覚に沿って
仕事を選んでいけばいいのですよ。


自分の感情を感じてくださいね。


やり方がよくわからない人は
よかったらご相談ください。


応援しています!





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


自由とわがままの違い



自由に行動したり
好きなことばかりやっていると
わがままな人だと思われませんか?



と勉強会の席などで
質問されることがよくあります。


そんな質問に対しての
私の応答を書いていきますね。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・


自由に行動したり
好きなことを優先している人は
自分の心を大切にしている人。


わがままな人は、
自分の都合のいいように
人を動かそうとする人。


自分の本音が自分に向いているのか、
人に向いているのかを
まず感じてみてください。


人は自由に感じます。


好きなことをやって素敵な人だな。


または、


好きなことばかりやって
わがままな人だな。


というように。


あなたがコントロールできる
ことではありません。


それを前提としたうえで、


好きなことをやったり、
自由に生きていきたいのか。


それとも
わがままな人だと思われたくないから
人の顔色を見ながら行動したいのか。


なにを選ぶかは自由ですよ。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・


このようなことをお伝えしています。


これを聞いて、
人が自由に感じることに
自分は関われないんだな、
と気がついて、
だったら自由に好きなことをやろう、
と思う人がいます。


なかには、
頭では理解できるけど、
自由に行動しようとしても
どうしても人の顔色が気になって
行動できなくなってしまう、
という人もいます。


このような場合、
「人の顔色が気になる」状態の
元になっている心の根っこがあるのですよ。


それは、


自由に行動すると
わがままな人だと思われて
嫌われることへの恐れ


とか、


自由に行動すると
わがままな人だと思われて
人が自分から離れていき
独りぼっちになってしまうことへの恐怖


などです。


このような思いグセが
心の根っこに根づいて、
好きなことをすることや
自由に生きることへの
足かせになっています。


無意識に。。。


心の根っこに根づいている
このような思いグセが開放されていくと
自然と人の顔色が気にならなく
なっていくんです。


すると
人の顔色を見て行動するよりも、
自分の本音に沿って行動することを
心が望むようになり、
自然と自由に行動できるように
なっていきます。


どんな生き方を選ぶかは自由。


自分の本音が望む生き方ができると
心と意識と行動が一致するので
生きることが楽になっていきますよ。


人の目が気になって
自由に行動できない自分を、
自分の心に素直になって
生きていけるようにしたい、
という方は、
よかったらご相談くださいね。


応援しています!






心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


”ワクワク”や”ときめく”ってどんな感じかわからない人へ



夢を実現して幸せに生きるには

ワクワクすることをやるといいよ。

心がときめくことを選びましょう。

このようなことを聞いたり、
本で読んだことがある人は
たくさんいらっしゃると思います。


でも中には、
こんな方もいるのではないでしょうか。


ワクワクすることやときめくって
どんな感じなのかわからない。

今まで生きてきて
ワクワクやときめきを
感じたことがない。

そんな自分は幸せになれないかも
しれない。。。



そのような方が、
自分にとっての
ワクワクやときめきを感じて、
自然体で自己実現に向かえるようにと
思いをこめて、
今日は書いていきたいと思います。


とくに自分以外の人やものの感覚を
優先しがちな
敏感で繊細な気質の
HSPやエンパスの人は、
意識を自分の内側に向けて
読み進めてくださいね。


まずイメージしてみてください。


あなたが幸せになるための
ワクワクやときめくって
どんな感覚ですか?


心の深いところから
グワーンと込み上げてくる喜び。


イメージしているだけで
ウキウキと笑顔になるようなこと。


目の前がスキッと明るくなる
躍動感あふれる壮大なこと。


こんな感じでしょうか。


実は私も以前はそう思っていました。


「好きなことを仕事にする」という
内容の本を読んだときのこと。


イメージするだけで
ワクワクすることを
形にしていけばいい、
というフレーズを見て、
それがない私はダメなんだ、
とあせりや不安を感じました。


だけどワクワクやときめきを
感じられないことであせったり、
自分をあきらめてしまう自分も
なんかイヤだな、と思い、
ワクワクを感じられない自分と
向き合ってみたんです。


ワクワクやときめく、という言葉に
私の心がどう反応しているのかを
じっくりと感じていきました。


すると。。。


ワクワクしたりときめくことを
仕事にするということは、
人の役に立つ
社会性のあることと
一致していなければいけない。


そして、
私がワクワクしたりときめくことは
人の役に立つこととは思えない、
という私の本音。


また、
好きなことを仕事にするとは、
熱い情熱を強いエネルギーにのせて
大きく広げていくもの。


でも私にはそんな熱い情熱も
強いエネルギーもない。


こんな思いが私の心の根っこに
根づいていたんです。


これは私の勝手な思い込み。


ここに気がついたら、
ワクワクやときめくことは
私にとってはもっと身近なことなんだと
腑に落ちました。


ワクワクやときめきのイメージに
振りまわされることなく、
私の世界観をもっと大切にすればいいと
自然に思いはじめました。


私の世界観は、
熱い情熱を
強いエネルギーにのせて
ぐんぐんと大きく広げていく
というような感覚はしっくりきません。


夢に向かってワクワクドキドキ、
さあ乗り越えていこう!
という感じでもありません。


どちらかといういうと
もっと慎ましい感じです。


穏やかさ、あたたかさ、安心感、

ていねい、のびのび、静穏、優雅

清々しさ、平和、平穏、安らぎ

自由、自然体


こんな感覚をいつも感じていたいし、
このような感覚を感じる
人、場所、ものを大切にしていきたい、
と思っています。


静かな情熱を穏やかに灯しつづけ
やわらかく凛と生きる



私はこのような世界観に喜びを感じ、
この喜びを感じるために
生きているんだな、と。


これが私のワクワクとときめくことです。


この世界観に当てはまることだけを
やっていけばいいし、
この波動を共有できる人たちと
心地良い時間を過ごせたら私は幸せです。


この本音を感じてから、
私はこのままでいい、
と自然体で楽になっていきました。


人や世の中が、
ということではなく、
私はどんな感覚が好きなんだろう、
とイメージしてみてください。


それがあなたのワクワクやときめきです。


なにもしないことに
ワクワクを感じるのなら
それもOK!


自分の心をすみずみまで
感じきってみてくださいね。


これをイメージできたら、
その世界観を軸にして
目の前のことを
選択していけはいいんです。


その先に
自然体の自分のまま
幸せを感じる生き方が
ありますから。


応援しています。






心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


漠然と感じる不安やイライラの正体



こんにちは。坂本純子です。


繊細で傷つきやすい人が
もっとのびのび生きていけるように、
という思いを込めて
私は月2回ほど勉強会を開いています。


この勉強会に参加される方は、
他人の顔色にふりまわされやすい、
相手に合わせて自分をだせない
このような自分を変えたいと
長年がんばってきたけれど
思うように変化できない。。。


最近エンパスやHSPという気質のことを知り、
自分が当てはまっているようなので
もっと詳しく知って、
自分が変化するきっかけにしたい
という参加理由の方が多いです。


そして私は勉強会のたびに、
自分の本音や感情にフタをして
人の気持ちや気分を満たそうと
している人ほど生きにくさを
感じていることを実感します。


とくに多いのが
「怒り」の感情にフタをする人。


人から理不尽なことを
言われたとき、
怒りの感情は理不尽なことを
言った相手に対して向けられることが
健全な心の状態です。


でも、
腹が立つ感情が湧いてきた自分を
心の狭い人間、器が小さい人間、
怒るなんて良くないこと、だと
責める人がいます。


それをやっていると
怒りが自分に向いて
知らず知らずのうちに
自分を傷つけているのですよ。


そして長い間
そんな状態を続けていると、
怒りの感情が自分の中に溜まって、
ささいなことでイライラしたり、
つねに漠然とした不安を感じるように
なっていったりします。


人間だもの、
腹が立ってもいいんです。



腹が立つ怒りの感情も、
うれしい、楽しいという
感じているとありがたい感情と同じ
自分の感情なのです。


腹が立っている対象の人に
それをぶつけなくてもいいので、
「私は今腹が立っている」
と自分の中だけででも
認めてあげてください。


感情は認めて受け入れると
自分の中で満たされて
完了していくんです。


逆に腹が立っても
その自分を責めたり、
腹が立つのは良くないことだと
がんばって抑圧して
無いものにされしまうと、
一瞬は消えたように思えますが、
実は自分の中に蓄積されています。


そして自分の中に溜まり過ぎると
つねに感じるイライラや不安となって
表現されるようになります。


そればかりか、
怒りを抑圧していると
うれしい、楽しい、という
ポジティブな感情も
感じにくくなっていくのですよ。


そうなると、
自分は何が好きで
何をやっていると幸せで
どうしていると楽しいのか
よくわからなくなってくるんです。


その結果、
目に見えるわかりやすい幸せっぽいものを
幸せだと勘違いして、
お金、ブランド品、友達の数などで
幸せを競い合うようになる人が多い。。。


でも本音はそれが幸せかどうかは
よくわかってないので、
どんなにお金を稼いでも、
どんなにいいものを身に着けても
いつも空しさや無価値観を感じて
さらにお金を手に入れるためにがんばる、
ということを繰り返したりする人も
います。


そこに幸せの価値を感じているのなら
いいのですが、
心で幸せを感じることができないから
目に見えるもので満たしているだけ、
であれば、本当に自分の望むことと
ギャップがあればあるほど苦しいんです。


自分から自然に湧いてくる感情は
どんなものであってもいいのですよ。


怒りも寂しさも恐怖もOK!


認めて受け入れてあげてください。


それをやっていくと
感情が自分の中で満たされて
毎回スッキリ感を感じることが
増えていくと思います。


この継続が
自分を生きやすくしていくのです。


自分から自然に湧いてくる感情、
認めて受け入れてあげてくださいね。


やり方がよくわからないときは
よかったらご相談ください。


応援しています。






心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


”うつ”と診断されたときこんなふうに感じてみて



こんにちは。坂本純子です。


”うつ”と診断されたとき。


会社を休んだり、
ひきこもったり、
情緒不安定になったりして
ツラいことが多いと思います。


この状態はよくない、
というのが一般的な世の中の価値観
だったりもしますよね。


もし、今そんな状態にいて
苦しい。。。と感じている人がいたら
今私にはこれが必要だからこうなっているんだ
と意識してみてほしいな、と思います。


自分の人生を自分で創るために、
ときには自分の内側にこもって
本当の本音を感じることは
とても自然な過程。


”うつ”というと
世の中や社会では後ろ向きな捉え方を
することが多いですが、
けっしてそうではない。


周りの人の期待に応えるための生き方から
本来の自分の生き方にシフトするために
今の状態が発動している人もいます。


人の評価を得るために
自分の感情や気持ちにフタをして
過ごしている毎日を、
自分の本当の本音に沿って生きるよう
変化させるため必要な期間、
という人もいます。


”うつ”になった自分が弱い、ダメという
ことではありません。


”うつ”と診断された今は、
本来の自分の生き方に向かう時期なんです。


きっと、本音のひとつに
「ゆっくり休みたい」
という思いがあると思います。


その本音の望みを叶えてあげてくださいね。


今起こっている出来事は
本来の自分で幸せに生きるための
大切なプロセス。


本来の自分というのは、
人からの評価や、
期待に応えることや、
世の中でいう「ふつうに生きること」
のような、
自分以外の人や社会に価値基準を
あわせるのではなく、


自分から自然に湧いてくる
感情や感覚をもとに
いろんな選択をしていく自分のこと。


”うつ”と診断された今の時期、
心から湧いてくる喜びや楽しさは
なにをやっていると感じるのかを
見つける期間でもあります。


まず、今の生活のなかで
心地いいことをたくさん感じてください。


あたたかいお風呂にゆっくりはいる。

青空と白い雲を眺める。

空からふってくる雨粒を見る。

柔らく肌ざわりのいい素材を身に着ける。

などなど。


目に入ってくると心地よいもの。
聴いていると快適な気分になる音。
触れていると安心感を感じるもの。


このようなものを選んで
自分の内側の感覚を
たくさん感じてみてくださいね。


あなたには
あなたにとってプラスの出来事しか
起こりません。


ではまた。






心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


1 2 3 4 5 9