考えや意見がまったく浮かんでこない口ベタな自分に困っている

 

口ベタで、人と会話するときに何を話していいのかわからない。

 

気の利いたことも言えないから、私と話しても相手はきっと面白くないだろう。

 

だからいつも聞き役になってしまう。

 

楽しい話なら聞き役でもいいんだけど、グチとか悪口を永遠聞かされるのはしんどいなぁ。

 

会話のキャッチボールがポンポンできる人がうらやましい。

 

なんであんなふうに次から次へと言葉が出てくるんだろう。

 

自分の中から考えや意見がぜんぜん湧いてこないのは、頭の回転が遅いから?

 

”上手な会話術”みたいな本を読んでもまったく無理。

 

もっと気分良く会話を楽しめる人になりたいなぁ。

 

人と会話するたびに落ちこんじゃう。

 

 

このような悩みを抱えている人に向けてこの記事を書いていきます。

 

 

目次

自分の考えや意見よりも大切なことがあなたの中にあるのです

 

つねに相手の顔色を読み、”今言うべきこと”を考えていませんか?

 

 

”今言うべきこと”というのは、その場の空気にふさわしいことや、相手の期待に応えること・相手を不快にさせないことを前提として。

 

 

この前提があなたの心に根づいているため、自然と相手中心に思考回路が働きます。

 

 

その場の空気を乱さないことや、相手の期待に応えて不快にさせないことが、自分の意見や考えよりもあなたにとって大切になっているのです。

 

 

そのために、自分の考えや意見に意識が向かないのですよ。

 

 

なぜ相手中心に思考回路が働くのか

 

この前提が心に根づいたのは、「自分よりも相手を優先しないと、私が深く傷つくような恐ろしいことが起こる」という出来事を過去に体験したため。

 

 

ほとんどが、小さな子どもの頃に親との間に起こった出来事が影響しています。

 

 

  *こちらの記事も参考にしてください↓

あわせて読みたい
自信がないので自分の考えを伝えられない
自信がないので自分の考えを伝えられない【自信がなくて相手に合わせてばかりいませんか】こんにちは。坂本純子です。  自分なりの考えや意見があるのに、自信がなくて会議で発言できない。 &nb...

 

 

この体験により、『心の根っこに相手を優先させなければ怖いことが起こって私は傷つく』という思いが刷り込まれていったのです。

 

 

だから自分が傷つかないように、相手の顔色をよく観察しながら、相手にとって快適な状態をつくるために、あなたの思考が無意識に働くようになりました。

 

 

この状態で、いくらコミュニケーション法を学んだとしても身につきません。

 

 

なぜなら「思ったことを口にしたら私が傷つく出来事が起こる」という刷り込みがあなたの中にあるから。

 

 

この刷り込みに抵抗して、思ったことを口にするためには、ものすごいパワーが必要。

 

 

だから長く続かない。

 

 

そして「やっぱり私は考えや意見のないダメな人間なんだ」と余計に落ち込んでしまう。

 

 

こんなふうにますます自信をなくしてしまうのです。

 

 

もっと楽に会話ができるようになるには

 

これが本来のあなたの性格ではありません。

 

 

過去に起こった出来事から刷り込まれていった思いグセが変われば、楽に会話ができるようになっていきます。

 

 

まず、以下のことを自分に質問してください。

 

 

『相手の顔色を気にせず、思ったことを口にしたら何が起こりそう?』

 

 

さて、あなたの中からどんな声が聞こえてきましたか?

 

 

嫌われそう、怒られそう、否定されそう、バカにされそう など・・・

 

 

ネガティブな声が出てきませんか。

 

 

あなたの潜在意識が無意識に相手の顔色を読んで、自分よりも相手を優先させていたのは、嫌われたり、怒られたり、否定されたり、バカにされないためだったのです。

 

 

あなたの潜在意識は、あなたが傷つかないように自然とあなたを守ってくれていたのです。

 

 

あんなにイヤだと感じていた、考えや意見が浮かんでこない自分は、実はあなたのために働いてくれていた。

 

 

 ”私を守ってくれてありがとう” という想いが溢れてきませんか。

 

 

ここに気がつくと、自分を責める意識がゆるんできます。

 

 

すると、人と会話するときの緊張もほぐれ、少しづつ人と関わることが楽に感じられるようになりますよ。

 

 

もし、自分への質問がひとりでうまくできないときは、よかったらご相談ください。

 

 

心の根っこが変化すると、あなた本来のままで思考が働き行動しはじめます。

 

 

これがあなたならではの個性。

 

 

敏感で繊細な気質を持っているなら、それさえも才能としてあなたの人生で発揮していけるのです。

 

 

応援しています。

 

 

あわせて読みたい
個別相談 ・ 体験セッション のご案内
個別相談 ・ 体験セッション のご案内 ■ すぐ緊張してしまう。■ 人の目が気になって言いたいことを口に出せない。■ 人と一緒にいると疲れやすい。■ 人と自分を比べて焦りや不安を感じてしまう。 ■ みん...
あわせて読みたい
【ご案内】繊細すぎるHSPのための個別レッスン
【ご案内】繊細すぎるHSPのための個別レッスン 繊細すぎるHSPの人がその気質をよく理解して、持って生まれた才能やセンス・感性を発揮しながら人生を創っていくことができるようマンツーマンのレッスンを開催し...
あわせて読みたい
【無料メール講座】とても繊細なあなたが 安心して自分の人生を生きる 7つのヒント
【無料メール講座】とても繊細なあなたが 安心して自分の人生を生きる 7つのヒント  生れ持った敏感で繊細な気質を快く活かして、未来を実現していくための無料メール講座* ご登録はコチラからどうぞ 人と一緒にいるだけでグッタリと疲...
あわせて読みたい
HSPの特徴とその敏感な気質を活かすために必要なこと
HSPの特徴とその敏感な気質を活かすために必要なこと  【他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法があるのです。】 - 長時間人といるとグッタリと疲れる。 - 集団や人混みがとても苦手。 - 相手の顔色が気にな...
目次
閉じる