自分でできるセルフセッション 一覧

朝起きてすぐに感じる不安や憂うつに困っている人へ



朝起きてすぐに感じる不安や憂うつ。


これがしんどくて
なんとかしたい、というご相談を
受けることがよくあります。


実は私も以前この状態を
味わっていた時期があるので、
しんどさは想像できます。


私の場合、
独立してカウンセラーになりたての頃、
「どうしたらいいんだろう」
「またこの状態が続くのか。。」
みたいなことが
朝起きた瞬間に思い浮かび、
一日のスタートを憂うつな気分で
迎えていました。


今はこの状態になることはほぼなくなり、
わりと楽な気分で一日をスタートしてまして、
朝起きてすぐに感じる不安や憂うつが
楽な気分に変化するだけで、
人生のいろんなことがスムーズに進むことを
実感しています。


以前の私と同じようなしんどさを
感じている人が少しでも楽になればと思い、
私の心の状態が変化していったときのことを
今日は書いていきたいと思います。


私の場合、
憂うつな気分になっていた頃と、
楽な気分で過ごしている今、
具体的な環境やライフスタイルなど
目に見えるものは何も変化していません。


変わったことといえば、
自分を責める、
自己否定する、
人と自分を比べる、
これが劇的に減ったこと。


そして、
自分を大切に扱うことが
できるようになったこと。


このような変化が
起こり始めてから
朝起きてすぐに感じていた
不安や憂うつが楽なものに
なっていきましたが、


それまででの私は、
”自分で勝手に作り出した
世の中の基準というものに、
支配されまくっている”
という状態になっていたんです。


自分で感じている私の価値が低すぎて、
世の中の基準に満たない自分に
自信を持てず、
自然に湧いてくる気持ちや感情にも
ダメ出しや否定をしてばかり。


今この記事を書きながら、
当時の自分に
「世の中の基準っていったい何だーー!」
ってツッコミたくなりますけど(笑)、
その当時の私の中には、
世の中的に見た正解・不正解の
基準が漠然とあったんですよ。


その世の中の正解という価値観に
満たない自分への
否定やダメ出しにとどまらず、
その価値観を基準にして
人のジャッジもバリバリしてました。


そして人をジャッジする自分を
なんて小さな人間なんだろう、と
またダメ出しする、というネガティブ思考の連鎖。


過去の私はとにかく
自分も人もジャッジしまくって、
ネガティブ思考を自分に向かって
発射しまくっていたんですよ。


自分のことを
性格悪いと思っていましたし、
自分がそうなので、
人に対しても自分と同じだと
思っていました。


なので信頼できる人って
そうそういないと
思い込んでいましたし、
なによりも私にとって自分が
一番信頼できない人間。。。


人をジャッジしてばかりいて、
信頼することもできないくせに、
人に嫌われることへの恐怖がとても強いので、
いい人っぽく振る舞うことは得意でした。


こんなふうに自分も人も信頼できなくて、
表面だけいい人っぽくしていた時期、
朝起きてすぐに不安や憂うつを感じていたんです。


不安や憂うつな気分は、
実は朝起きたときだけではなく、
日常的にいつもうっすらと感じていました。


一人でいると不安や憂うつを
ガッツリと感じてしまうので、
それがイヤで人と会う。


でも人と会っていると相手をジャッジし、
でも嫌われたくないので
相手の顔色を伺って相手に合わせる。


で、疲れる。。。


そんな自分にダメ出しする。


こんなことを繰り返していましたが、
これからこの先の人生も
こんな自分で生きていことに嫌気がさして、
本気で自分をなんとかしたいと
思いはじめました。


それまでは、
たとえば収入が増えたり、
仕事が順調に拡大していくような
目に見える変化が起これば、
私の心の器も大きくなるんじゃないかと
思っていました。


でも自分も人も信頼できない私に、
仕事で人から信頼されて
収入や事業の拡大なんて起こるわけは
ないんですよ。


それもあって、
まずは自分の内側と
とことん向き合うことを徹底的に
やり始めたんです。


まだまだ駆け出しのカウンセラーでしたので、
カウンセリングの機会も多くなく、
暇な時間がけっこうあったので、
その時間を自分へのカウンセリングに
使いました。


その結果、
私のひねくれた性格は、
母親の影響であることが判明。


幼い頃、ダメ出しや否定、
自信をなくすような言葉を
よく言われたことが、
私の心に根づいて
無価値観や劣等感となり、
大人になってからもそれをひきづっていました。


虐待を受けたとか、
過保護や過干渉だったということは
いっさいなく、
普通の家庭で普通の親に育てられ、
普通に成長してきたと思います。


母親からすれば、
私のためを思ってのちょっとした注意や
何気なくうっかりでた言葉だったと思うのですよ。


それが繊細な私の心に
何度となく刺さって、
しこりとなってずっと残っていたことが、
私のひねくれの大元。


ここと向き合いながらすべて受け入れて、
悲しみや怖れ、怒りを抱えていた
インナーチャイルドを癒す、
ということをひたすらやり続けました。


また、現在の自分ともガッツリ向き合い、
自然に湧いてくる気持ちや感情に
すべてOKを出すことを心がけていました。


そして、自分の本音と行動を一致させることも
大切に大切に行いました。


わかりやすく言うと、
過去、現在の自分が感じていること
考えていること、思ったこと
すべてを認めて受け入れることを
とことんやったんです。


人をジャッジしてばかりいて、
人も自分も信頼できない自分にも
OKを出せるようなる。


表面ではニコニコしているのに、
内側では腹を立てている自分を
以前はダメ出ししてましたが、
そんな自分を
”本当は腹が立っているけど
今は波風立てないほうがいいから、
私の意志でニコニコすることを選んだ”
と思えるようになりました。


今までは自分から自然に湧いてくる感情に
流されっぱなしで、
そんな自分を責めてばかりいましたが、
自然に湧いてくる感情をOKと思えるようになったら、
自分を責めることも減ってきたんです。


自分と向き合ってすぐに、
劇的に変化したわけではありませんが、
自分と向き合うことを意識してから
ふと気づくと朝起きたときの感覚が
楽になっていました。


それと同時に、
今まではマーケティングや集客について
どんなに学んでも、
うまく進めることができなかった
カウンセラーとしての私の仕事に
前向きな変化が表れ始めました。


『現実を変えたいときは、
現実を動かすことよりも、
まず自分の内側を変えよう』


こんな言葉聞いたことありませんか?


私はこのような過去から現在までの
自分の内側の流れを通じて
この言葉は本当なんだな、と実感しています。


あんなひねくれ者だったの私の周りに
信頼できる人がいたり、
自分を信じる、という感覚を
感じることがあると、
生きててよかった、とすら思います。


そして現在も、
自分の内側と向き合うことは
引き続き実践しており、
過去の私と同じようなお困りごとを
感じている方がもっと楽に生きられるよう
心理セッションを通じて協力しています。


今の自分に悩んでいる人は、
自分の中にある可能性を
もっと発揮できる人だから
今の自分に違和感やお困り感を
感じているという状態。


伸びしろがあるってことなんですよ。


腹が立ったり、
悲しくなったり、
怖れが出てくることは
人間だから当たり前。


それらとつきあっていく
自分ならではの方法を見つければ
いいんです。


朝起きてすぐに感じる
不安や憂うつな気分をなんとかしたいと
思っている人や、
お困り感を感じている人は、
よかったらご相談くださいね。


今の自分にOKを出すことができ、
どんな感情をも味わいながら
喜びや幸せを感じて生きていけるよう
お手伝いさせてください。


応援しています。


*自分との向き合い方について
こちらにいろいろと書いてあるので、
よかったらご覧くださいね。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


自分で考えられないことに悩んでいる人へ



自分で考えられない。

意見を求められると頭が真っ白になる。

あせってしまい、
目の前のことに集中できない。



このような自分に悩んで、
心理セッションを受けにいらっしゃる方は
少なくありません。


実は以前の私もそうでした。


何年も前の会社員のころ、
会議で意見を求められると
頭の中が真っ白になって
思考がフリーズすることがありました。


このころの私は
自分で考えることが
怖かったんです。


カウンセラーになり、
そんな自分を変えたいと
自分で自分にセッションを行うと、
考えられない原因として、
小学生時代の環境が影響していることが
わかりました。


子供の頃の私は
何をやるにも
時間のかかる子供でした。


着替え、食事、移動など
いろんなことが
人よりもゆっくりだったんです。
(今でもわりとそうです。)


もちろん勉強も、
答えを出すのに時間がかかりました。


そんな私は母親にいつも
「早くしなさい」
と言われていました。


でも早くやろうとすると緊張して、
そこにばかり意識がいき
考えられなくなってしまうんですよ。


そしてあせって間違った答えを出すと
あきれられる。。。


そして私は傷つきイヤな気分になる。


ということが何度かありました。


この体験によって私の心には、
「正しい答えをすぐに出すことが
一番大事なこと」
という価値観が
すり込まれていきました。


でも私は正しい答えをすぐに出すことが
できないから考えることを放棄しました。


子供時代の私の
心の中ではこのようなことが
起こっていたんです。


私が自分でやったセッションでは、
大人の私が子供の私の気持ちを
わかってあげること、
そして子供の私の気持ちを
認めてあげることでした。


自分で考えられないことに
悩んでいる人の中には、
過去の私と同じようなことを
体験していたケースが多いと思います。


そのような人は、
この言葉を口にしてみてください。


すぐに正しい答えを出すことよりも、
集中して自分の頭で考えながら
答えを見つけていくこの過程が
大事なんだよ。


この感覚を身に着けられたら
自分で答えを出せるよう
考えられるようになるからね。


時間がかかってもいいから
集中してとり組んでみよう。


じっくり取り組んでいいよ。


理解できるまで
何度でも繰り返していいよ。



もし仮に、
子供の頃いつもこんなふうに
言われていたとしたら、
どんな気持ちで目の前のことに
とり組むことができたでしょうか。


安心して取り組めると思いませんか。


リラックスして集中できますよね。


本当はこのような安心感を持って
目の前のことに取り組むことが
できるのです。


自分で考えられない、
意見を求められると頭が真っ白になる、
あせって目の前のことに集中できない、
という人は
それが持って生まれた性格というわけではなく、
生れてから今までの間の出来事によって
今のこの状態が引き起こされているのです。


考えられないことや
思考がフリーズしてしまう自分、
いつもあせってしまう自分を
責めたりダメ出ししなくていいんです。


なぜならあなたがダメなのではなく、
今の心がそのような状態である、
ということなのだから。


そして今の心の状態は変えられます。


大人の自分が子供の自分を
癒してあげてください。


ゆっくりでも時間がかかってもいいんだよ。

安心してじっくり取り組んでいいよ。

時間をかけてていねいにやることが
あなたの才能だから。



こんなふうに子供の頃
言ってほしかったことを
今の大人のあなたが言ってあげください。


自分が自分の味方になって、
安心させてあげましょう。


ゆっくりな自分、
人よりも時間のかかる自分に
心からOKが出せると、
安心感が根づいてきます。


すると早くできてもできなくても
何かができてもできなくても
私には価値がある、と
思えるようになるので、
自然体で自分で考えられるように
なっていきます。


自分で自分の味方になって
あげてくださいね。


応援しています。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【受付中】5月19日(土)エンパス・HSP勉強会
詳しい内容はコチラをご覧ください。

◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


不安を手放してして目の前のことに集中するには



つねに漠然とした不安を感じている。
何かをやろうとすると不安感が出てきて
やりたいことができない。



このような人に向けて
書いていきます。


不安を感じてるときって、
未来や過去に
意識がいっていませんか。


不安感が出ているときは
今目の前のことに
集中できてないんです。


まだ訪れていない未来のことに
意識がいって、
不安になっている。


過去のうまくいかなかったことを
思い出して不安になったり。


未来は今の延長線上にあるので
今不安だったら未来も不安感を
感じながら生きてます。


過去の出来事は変えられないけど
その出来事への捉え方は
変化していきます。


つねに漠然とした不安を感じて
苦しい人は、
まず今の目の前のことに
意識を集中してみてください。


自分が今置かれている状況や環境が
どのようなものであっても
不安を感じるととなく
目の前のことに集中したり、
今やっていることに
心から楽しむことができれば、
楽に生きていくことができます。


そしてずっと
今の目の前のことに集中して
楽しむことができれば、
未来もその状態が続きます。


まずは目の前のことに集中して
みてくださいね。


もし、目の前のことに集中したいのに
どうしてもできない、
楽しい状況なのに
どこかにいつも不安があって
心からその状況を楽しめない、
という方は、
今目の前のことに集中できない
心の状態なのですよ。


目の前のことに集中できない理由が
必ずあります。


そんなときの
集中できない理由の解放の仕方を
お伝えしますので
よかったらやってみてください。



~・~・~・~・~・~・~・~・

まず目の前のことに集中したいのに
どうしても集中できないときの
ツラさや苦しさを思い出してみて。


そして
そのツラさや苦しさは
体のどこで反応しているのか
体の反応を感じてみてください。


胸がキュッと苦しくなる。
胃の辺りが重くなる。
のどが詰まるような感覚を感じる。
など。


人によって反応は様々ですが、
このような体の感覚を感じてみてください。


そしてその反応している部分に
手を当てながら意識を向けていると
自然とどのような言葉が
自分の口から出てくるでしょうか。


その言葉は、
自覚がないまま自分の中にあった
抑圧された感情であったり、
見て見ぬふりした本音です。


その言葉とそのときの感情が、
目の前のことに集中できない原因を
創っているのです。


じっくりと感じてください。


涙が出てきたら自然に止まるまで
泣いてください。

~・~・~・~・~・~・~・~・

これをやると
無意識に自分の行動を
制限していた心の状態が
変化してきます。


やってみてくださいね。


ひとりでうまくできない、
やり方がよくわからない、
という方はよかったら
ご相談くださいね。


目の前のことに集中して
幸せを感じる心の土台を
創っていけるよう応援しています。







◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


人と関わることが苦手で疲れやすい人が自然体でいられる方法



人と関わることが苦手で疲れやすい人の
心の中で起こっていることと、
もっと自然体で楽に人と関われるように
ひとりでできるワークを紹介していきます。


よかったらお試しくださいね。


人の顔色が気になって、
自分の気持ちや感情よりも
相手を優先してしまう。



自分の気持ちを満たすことや
自分が幸せになることよりも、
相手の気持ちを満たすこと、
相手が自分と一緒にいて幸せかどうかが気になる。


人と関わることに苦手意識を
感じている人は、
無意識のうちにこのような
思考パターンになっていることが多いです。


そして、
相手の期待に応えられているか、
相手を不快にさせていないか、
を基準にして
自分の言葉や態度は正しかったかどうかを
考え込んでしまうので脳が疲労しやすいんです。


そこにものすごいエネルギーを使っているため、
人と関わっていると疲れやすいんですね。


そのため、自分の仕事ややりたいことへの
集中力が続かなかったり、
体力が持たなかったりすることに
悩んでいる人も多いと思います。


無意識のうちに思考がこうなっているので
これが自分の性格だと思ってしまいますよね。


だけどそうではないのですよ。


生れてから今までに起こった出来事によって、
繰り返し感じた感情や強く感じた感情が
心の根っこにすり込まれていくことで
このような思考パターンができあがっていったのです。


なので、この思考パターンは、
生れ持った宿命のようなものでも
ぜったいに変えることのできない
運命のようなものではありません。


心の根っこにすり込まれて根づいていった
思いグセや満たされることなく放置されている感情を
手放したり変化させていくことで、
起こった出来事に対しての捉え方や感じ方を
変化させることができるんです。


思いグセが心にすりこまれていった理由や
満たされないまま心に放置された感情の大元には、
子供のころの家族との関係や、
転校が多かった子供の頃の環境、
などなど様々なものがあります。


こういった環境の中、
自分の気持ちを伝えたり、
考えを主張することよりも
周りにいる人の顔色や様子をうかがって、
そこに自分を合わせるほうが
周りといい関係を築きやすいと感じたら、
自分の気持ちや考えよりも
周りを優先するようになっていきます。


無意識に自分を出さないことで、
潜在意識が自分を守ってくれているんですね。


とくに人の顔色の変化や感情の動きを
敏感に読み取るHSPやエンパスの気質の人が
成長過程をこういった環境で過ごすことで、
生れ持った敏感で繊細な気質が
さらに磨かれていきます。


心の根っこに思いグセや満たされていない感情を放置したまま
敏感さや繊細さに磨きがかかっていくと、
人の顔色や表情の変化をキャッチすることがさらに増え、
キャッチしたことにネガティブに
反応することも並行して増えていくため、
考え込んだり落ち込む時間も多くなりがちです。


このようなときは
抑圧されて自分の中に閉じ込めてきた感情に気づき、
それを受け入れて認め、じっくり感じることで
満たされないまま放置された感情が変化して、
気持ちや体が楽になっていきます。


それによって人と関わるときに
自然体でいられるようになったり、
緊張したり恐れを感じたりしても
その自分にOKを出せるようになるので
脳と身体の疲れが楽になっていきます。


その方法を書きますので、
ぜひ試してみてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


① 一人でリラックスして落ち着ける場所に身を置きましょう。


② 最近どんなことで悩んでいますか?
 具体的な出来事を思い出してください。


③ ②を思い出しているとなにが見えていますか?
 どんな音が聞こえていますか?
 どんな感情や気持ちが出てきますか?


④ この感情をじっくり感じていると
 体のどこが反応しますか?
「喉」「胸」「胃」「おへその下」が
 反応することが多いです。


⑤ 体が反応しているところに手を置いて
 その感覚にじっくり寄り添うように感じてください。


⑥ ⑤の感じにピッタリの言葉はなんでしょう?
 たとえば、喉が詰まっている、胸がもやもや、ざわざわする、
 胃がグッと重くなる、下っ腹から何かが込み上げてくる、など。


⑦ その感覚に向かって、こう質問してください。

「何があなたを△△(⑥のピッタリくる言葉)させているの?」

体の感覚に意識を集中させて答えを感じてください。
答えは聞こえてくるとは限りません。
感覚的に気持ちがなんとなく伝わってくるような感じなのかもしれません。
また、体のその部分に口があってしゃべるとしたら何と言っていますか?


⑦ その感覚に向かって、こう質問してください。

「あなたは私に何を伝えようとしてくれているの?
あなたは私に何をしてほしいと思っているの?
あなたのために私にできることを教えてください。」

体の感覚に意識を集中させて答えを感じてください。
答えは聞こえてくるとは限りません。
感覚的に気持ちがなんとなく伝わってくるような感じなのかもしれません。
また、体のその部分に口があってしゃべるとしたら何と言っていますか?


⑧ 今感じている感覚をじっくりと感じきってください。


⑨ 今感じている感覚に向かって、こう質問してください。
「あなたはこれからどういうふうになっていくの?
何もかも大丈夫になったらどんな感じになるか、
今、私の体に伝えてください。」

体の感覚がどんなふうに変わりましたか。

その新しい感覚をよく味わってください。


⑩ 最初のネガティブな感覚があった体の部分と
変化したポジティブな感覚のある体の部分両方に、
「いつもそこにいてくれてありがとう。
これからも大切に思っています。」
と伝えてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以上です。


ひとりではうまくできない、
これでいいのかな、
という方はよかったらご相談くださいね。


応援しています。






◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


自分にOKを出してのびのび生きる方法



こんにちは。坂本純子です。


今の自分を変えたいと
ずっと思っていましたが、
最近自分から自然に出てくる
感情や気持ちにOKを出せるように
なってきたんです。

自分の感情や気持ちを
受け入れられるようになったら
自然と以前とは違う思考回路と
行動パターンの自分になっていました。



これは先日セッションを受けられた
クライアントさんの声です。


この方は、
今まで自分から自然に湧いてきた
感情にダメ出しをしたり、
自分に考えることには価値がない、
といつも感じていたとのこと。


50歳を目前にし、
毎日毎日自分を責めて生きていくのは
もうイヤだ!と心理セッションを
受けることを決めました。


自分を責めるクセや、
自然に出てくる感情に×をつけたり、
どうせ私なんかが考えることなんて・・、
というような思考が
無意識のうちにいつも出てくるって
ツライですよね。


というか、
それが自分にとって当たり前なので
なぜかわからないけれど
いつも苦しくて人と関わるのが怖くて
そんな自分を変えたいけど
どうしたらいいのかわからない、
という感じです。


無意識に出てくる
自分を責めるクセや、
自然に出てくる感情に×をつけたり、
どうせ私なんかが考えることなんて・・、
という思考は
答えのない質問を
自分に向けてしているようなもの。


潜在意識も答えの出しようがなくて
モヤモヤざわざわさせるしか
ないのですよ。


これをやればやるほど
自分の中のエネルギーが
どんどん枯渇していき
やる気や集中力を奪います。


そんな心の状態が、
自分を責めなくなって
どうせ私なんて・・という
自己否定をしなくなっただけで、
思考が変わり行動にも変化が
現れてくるのですが、
そうなるために何をしたら
いいのかというと。。。


自分から自然に湧いてくる感情を
じっくりと感じきること。


具体的に書いていきますね。


➀ 安心できる場所に身を置きます。

➁ 好きなだけ深呼吸して
  体の力を抜きます。

➂ 最近起こったイヤな出来事を思い出す。

➃ イヤなことを考えたら
  自然な反応する体の感覚に意識を向けます。
  そして胸がムカムカするとか、
  胃の辺りが重たくなるとかというような
  出てくる言葉を口にしてください。

➅ このようにイヤなことを
  体と言葉でじっくり感じてください。

➆ 涙が出てくることもありますが
  その場合涙がとまるまで
  自然の流れに身を任せてください。

⑧ ひたすら体と感情を感じきってください。

 

以上です。


このとき自然に出てきた言葉は
自分が感じたけれど、
その自分を受け入れられずに
ダメ出しをしたときの本音であったり、
人に対して腹が立ったのに、
腹が立った自分を責めたため
自分の中で未消化のまま溜まっていった
怒りであったりします。


自分が感じたことは
当然だと思っていいのですよ。


悲しいと感じたら
その状況では悲しいのが当然ですし、
腹が立ったら、
その状況では腹が立つのが当たり前なんです。


自分が感じたらそれが当然!


そう感じていいのです。


それが腑に落ちると
どんな自分にもOKを出せるようになって、
自然と思考や行動のパターンが
変化していきます。


不思議なもので
自分をダメだと思って
そんな自分を変えよう変えようと
がんばっていたときは、
どんどん苦しさが増していくのですが、
ダメだと感じる自分にOKを
出せるようになると
自然と楽にのびのびと動けるように
なっていくんです。


さきほどのワーク、
よかったらやってみてくださいね。


やり方がよくわからなかったら
ご相談ください。


応援しています!




心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


楽に幸せになることを実現する方法



一生懸命がんばっているのに
うまくいかない。

楽しいことをしているはずなのに
心のどこかで不安を感じる。



こんなことをよく感じる人に向けて
書いていきます。


実際にこのような感覚に苦しむ方の
心理セッションを行うことも多いです。


この苦しさを無くして
もっと楽に幸せに生きれたら、と
みなさま努力してます。


自分を磨く。
資格を取得する。
勉強する。
本を読む。
などなど….


なりたい自分になるために、
収入を上げるために、
パートナーと出会うために、
自分らしく生きるために
いろんなことチャレンジして
がんばっています。


でも、心の中に穴があって
何をやってもそこが埋まらず、
その穴から不安やら空しさやらが
時おり顔を出すから、
その自分を変えたくて
さらにがんばる。。。


このような人が多いのも事実です。


でもこの流れを何度も何度も
繰り返すのは疲れますよね。


この心の穴から出てくる
不安や空しさにはどう対処すればいいのか
書いていきたいと思います。


このような方の心の根っこには
「楽に幸せになってはいけない」
「苦労しなければ幸せになれない」

という思いグセが
ガッツリと根づいています。


この思いグセがあると、
意識では幸せになりいと本気で望んでいるのに、
心の根っこでは幸せになるには苦労が伴う、と
感じているので、
やりたいことがあっても
楽にすいすい進んでいけないのですよ。


苦労を乗り越えるために
ものすごいパワーが必要だと
無意識に感じているので
やる前からできるわけない、
とうっすらと感じてしまったりもします。


でもこれは生まれつき心の根っこに
根づいていたわけではありません。


ほとんどが
親から受けとったものです。


とくに小さな子供の頃に
ふれあうことの多かったお母さんの
心の根っこに、
「苦労しなければ幸せになれない」
「楽に幸せになってはいけない」
「生きることは苦労の連続だ」

というような思いがあると、
無意識にそれが言葉や行動に現れるので、
判断力のない小さな子供の心に
刷り込まれていくのです。


もし、自分の心の根っこに
そんな感覚があるかもしれない、
と感じた方は、
今から書くワークをやってみてください。


****************************************

➀ ひとりになれる静かな場所で、
  目を閉じてください。


➁ 呼吸に意識を集中します。


➂ 以下の言葉で一番ピンとくるものを
  何度もつぶやいてください。

  「私は苦労しなければ幸せになれない」

  「私は楽に幸せになってはいけない」

  「生きることは苦労の連続だ」


➃ ➂の言葉をつぶやきながら
  自分の中から自然に湧いてくる感情や気持ちを
  じっくりと感じてください。
  涙が出てくることもありますが、
  涙が止まるまでその言葉をつぶやいてください。


➄ その言葉をじっくり感じきり、
  涙が止まったら、
  「私は楽に幸せになっていい」
  と何度も自分に向けて言いましょう。


➅ その言葉が自分の中にストンと
  落ちるのを感じるまで続けてください。



以上です。

****************************************


「私は楽に幸せになっていい」が
潜在意識レベルで腑に落ちると、
楽しいことをやっているときの
喜びや満足感、
嫌なことをやっているときの
私はこれをやりたくない、などの
自分の中から自然と湧いてくる
感情や気持ちを
ストレートにキャッチして、




どんな感情や気持ちを感じても、
その自分にいちいちダメ出ししたり、
劣等感や無価値観を感じることが
なくなるので楽に行動できるように
なってきます。


このワーク、
よかったらやってみてくださいね。


そしてぜひ楽に幸せになってください!
楽に幸せになっていいのです♪


応援しています^^





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


思いグセと抑圧された感情を解放する方法


心の根っこに根付いた思いグセや感情は
人生に大きな影響を与えます。

今日は、その思いグセと感情を
解放する方法をお伝えしていきます。

思いグセと感情はワンセット。

この両方をじっくり味わい感じてください。

誰かが言った言葉や態度、
出来事や現在悩んでいることに対して
反射的に湧き上がる
不安・怒り・怖さ・寂しさ
などの感情を、

相手の言った内容や態度、その本人のこと、
起こった出来事や悩みは意識から離して、
自然に湧いてきた感情だけを
ひたすら感じることをやっていきます。

対人関係に悩んでいる人を
例に挙げて書いていきますね。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

・昔から人に嫌われることが多い

・仲良くしていた人が突然離れていく

・仲が良いと思っていたら陰口をたたかれてる

・仲間はずれにされることがよくある

ということで悩んでいる人が、
人から嫌われないようになりたい、
人と仲良くなれるようになりたい

と思っています。

ですが人と関わっていても

・ありのままの自分を出したら嫌われる

・相手を信頼できない

・相手の顔色ばかりが気になる

という思いばかりが湧いてきて
人前でどのような態度をとればいいのか
わからずに困っています。

この方の思いグセは
「私は人に嫌われる」
です。

このような場合、

① 「私は嫌われている」と感じた最近の出来事を思い出す
  

② ①を思い出したとき身体のどこが反応している?

 ・胸にモヤモヤが湧いてきた
 
 ・胃のあたりが重たく感じる

 ・頭が痛くなってきた

など自分の身体の変化を感じとってください。
  

③ ②の場所に手を当て
  自然に湧いてくる感情や思いを感じる

  ↓

・いつも嫌われる自分がみじめで悲しい

・人と関わることが怖い

・こんなふうに思っている自分に腹が立つ

・誰ともうまくやれない私はダメな人間だ

など、自然に出てくる感覚をじっくり感じてください。

(どんなものが出てきでもそれが今の自分だからOK!)

④ ② + ③ で感情をじっくり感じきる。 

  悲しみがどんどん湧いてきて
  涙があふれるかもしれない。

  過去に人からされたことを思い出して
  恐怖が湧いてくるかもしれない。

  子供の頃に「人と仲良くしなさい」と
  母親に言われ続けたことを思い出して
  母親に対して怒りが込み上げてくるかも
  しれない。

  今、自然と湧いてきている感情が
  自然に小さくなり気にならなくなるまで
  感じてください。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

思いグセは過去に起こった出来事を通じて
生まれた強い感情や
繰り返し感じた感情により
心の根っこに根付きます。

自然に湧いた感情が
無意識に根付いていくもの。

その感情を感じきることで、
思いグセはどんどん薄くなっていきます。

上記のメソッドを試みて手応えを掴んだら、
日常的に実践してみてください。

ひとりでうまくやれないときは
どうぞご相談くださいね。

flowers-164754_1280

■説明会&体験セッション ↓
http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/