【HSP】繊細な気質の奥にある本当の自分をあきらめないで

細かいことがものすごく気になったり、人の顔色のささいな変化に人一倍敏感。

 

そのせいか周りが気になって目の前のことに集中できない。

 

だからいつも仕事が遅い・・・。

 

そんな自分を変えたくて、本やネットで情報を集めていろいろ勉強したけどなかなか変われない。

 

そんな自分に悩んでいたとき、HSPという気質の人たちがいることを知った。

 

得体の知れない自分の正体を、やっと見つけられたような気がしてホッとした。

 

敏感さや繊細さは才能だから人生に活かすことができる、と知って安心した。

 

だけど、その安心もつかの間。。。

 

日常生活ではやっぱり人の目が気になるし、自分の本音を伝えたら嫌われそうで怖い。

 

だからつい相手に合わせちゃう。

 

いつも相手の反応ばかり気にしている私は、HSPの中でもきっと救いようのないダメなHSPなんだと思う。

 

でも、このままダメな自分のまま一生終わりたくない。

 

敏感さや繊細さが才能だとしたら、私の中にはまだ眠っている可能性があるのかもしれない。

 

できることならその可能性を発揮したいし、敏感さや繊細さをもっともっと気持ちよく活かしたい。

 

今は人の目ばかり気になって苦しいけど、本当は私もっとやれるはずだと思う。

 

 

今日はこのような人に向けて書いていきたいと思います。

 

自分をあきらめなくていいのですよ。

 

敏感で繊細な気質を活かしながら、この世界で誰一人として同じ人はいないあなただけの本質を、思いっきり発揮しながら人生を創っていくことができるのです。

目次

■ 自分の本質に気づく

心・体・思考には無意識に反応するシステムがあります。

 

それは、生まれてから現在までの過程で、人や環境や情報の影響を受け、自然と出来上がっていた反応パターン。

 

この反応パターンと自分の本質との間にギャップがあるほど、自分に違和感があります。

 

このギャップを埋めていくこと。

 

たとえば、人の目が気になっていつも相手の顔色を伺ってばかりいる人の場合。

 

人の顔色を伺って自分の言動に気をつけていないと、心が大きく揺さぶられるような自分にとって不都合な出来事が起こった過去があります。

 

その当時は環境に適応するために相手の顔色を伺い、自分を抑えて相手に合わせることが最善だった。

 

だから、その時の感情と思考のパターンが、心の根っこにすりこまれていった。

 

このパターンは、これまでの人生で役立ったこともあるにせよ、現在とこれからの未来を生きるには不適切なもの。

 

少なくとも最善ではなくなっています。

 

生きにくさにHSPの気質が関わっていることを知り、自分の正体がわかった気がして安心しても、しばらくすると生きにくさが戻ってきたワケはここにあるのですよ。

 

無意識の感情と思考の反応パターンを抱えたままHSPという概念を理解しても、そのとき感じた安心感は思考の浅い部分だけのもので、心の根っこには届かないのです。

 

これらの無意識に反応する感情や思考のパターンを手放して、今の自分にとって最善のものを選んでいくことができます。

あわせて読みたい
思いグセと抑圧された感情を解放する方法
思いグセと抑圧された感情を解放する方法心の根っこに根付いた思いグセや感情は人生に大きな影響を与えます。今日は、その思いグセと感情を解放する方法をお伝えしていきます。思いグセと感情はワンセット。こ...

今はうまくいってないけど、私はもっとできるはず。

 

私はこんなもんじゃない。

 

本当はこんなふうに感じている、今の自分への違和感。

 

本質はわかっているのですよ。

 

本当の自分と現在の自分にギャップがあることを。

 

このギャップを埋めるために、今の自分にとって必要のない反応パターンを手放すことが大事。

 

そして、自分の肚の底から湧いてくる自分への想いを感じてみてください。

 

ほんとうの自分はどんな自分だと感じていますか。

 

「私はもっとやれるはず」こんなふうに感じる人は、もっとやれる人ですよ。

 

本質に、凛としたしなやかな強さを持っている。

 

そちらの自分で生きることが本来のあなた。

 

無意識の反応パターンが全面で発動しているので、本来の自分があなたの奥深くに隠されてしまっているのです。

 

自分の中に強さがあることを自覚していいのです。

■ 本質の軸を立てHSPの気質を乗りこなす

誰とも同じでないあなただけの本質が軸としてあり、その上に繊細で敏感な気質が乘っているのです。

 

本質の軸が立っていないと、自分以外のものに振り回されるのですよ。

 

人の言動、人の顔色、世の中の常識、情報などに右往左往してしまう。

 

HSPの敏感に反応する脳が、右往左往するために使われているのです。

 

一方で本質の軸が立っていると、周りに振り回されることなく、自分のために必要なものや行動を取捨選択できます。

 

敏感さや繊細さを自分に活かせるようになるのです。

 

生れ持った気質をどう生かすかはあなた次第。

 

「今はうまくいってないけど本当の自分はもっとやれる」と感じる人は、それがあなたの本質です。

 

無意識の反応パターンが変化すれば、自分の本質を軸に立てHSPの気質を乗りこなしながら、あなたの存在を確立させていくことができます。

 

今のような激動の時代でも、情報に振り回され思考の迷路をさまようのではなく、自分の本質と繋がり自分の幸せを前提に、自分の世界を生きていくことができるのです。

 

応援しています。

 

あわせて読みたい
個別相談 ・ 体験セッション のご案内
個別相談 ・ 体験セッション のご案内 ■ すぐ緊張してしまう。■ 人の目が気になって言いたいことを口に出せない。■ 人と一緒にいると疲れやすい。■ 人と自分を比べて焦りや不安を感じてしまう。 ■ みん...
あわせて読みたい
【ご案内】繊細すぎるHSPのための個別レッスン
【ご案内】繊細すぎるHSPのための個別レッスン 繊細すぎるHSPの人がその気質をよく理解して、持って生まれた才能やセンス・感性を発揮しながら人生を創っていくことができるようマンツーマンのレッスンを開催し...
あわせて読みたい
【無料メール講座】とても繊細なあなたが 安心して自分の人生を生きる 7つのヒント
【無料メール講座】とても繊細なあなたが 安心して自分の人生を生きる 7つのヒント  生れ持った敏感で繊細な気質を快く活かして、未来を実現していくための無料メール講座* ご登録はコチラからどうぞ 人と一緒にいるだけでグッタリと疲...
あわせて読みたい
HSPの特徴とその敏感な気質を活かすために必要なこと
HSPの特徴とその敏感な気質を活かすために必要なこと  【他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法があるのです。】- 長時間人といるとグッタリと疲れる。- 集団や人混みがとても苦手。- 相手の顔色が気になって言...
目次
閉じる