エンパス・HSP 一覧

【受付中】10/28(土)エンパス・HSP勉強会~繊細で傷つきやすい自分と上手につきあって自己実現するために~



人ごみや集団の中にいるとものすごく疲れる。

人の顔色や気分に左右される。

相手に合わせてしまい自分を出せない。


そんな自分に対して、
「私は普通ではない」
「なぜ私だけできないのだろう」
と感じてしまい、
自信をなくしていませんか?


仕事や人間関係、または恋愛などで
みんながなんなくできることが、
ものすごく頑張らないとできなかったり、
一生懸命やってもむつかしいと感じるのは
ツライものです。


それを克服しようと
いろんな努力をしたり、
知識を増やしたりと
がんばって生きてきたと思います。


でももしかしたら
そんなあなたの状態には
生まれ持った能力が
影響しているのかもしれません。


人ごみや集団で疲れる原因は
多くの人の感情や体調を
自分の心や身体で感じているから
ではありませんか?


自分の気持ちより
相手の気持ちを優先するのは、
相手の気持ちや感情が
なんとなくわかっているからでは
ありませんか?


そんなあなたは、
エンパスやHSPと呼ばれる
敏感で繊細、高共感力の
持ち主なのかもしれません。


人と比べてどこかヘンだと
感じていた自分の特徴は、
実は生まれ持った素晴らしいギフト。


エンパスやHSPの人が
敏感で繊細な気質や高共感力を
気持ちよく活かしながら
自分本来の人生を創っていけるように
という願いを込めて
勉強会を開催いたします。

【このような方におすすめの勉強会です】

◆ 人ごみでとても疲れる。

◆ 他人の怒りや悲しみなどの感情を
 必要以上に受けとってしまう。

◆ 人の感情や場の空気感、雰囲気に
  敏感に反応する。

◆ 人の本音と建前を感じとるので、
  イライラ・もやもやすることが多い。

◆ 人と話していると
  相手が何を考えているのかわかるので
  苦手な人が多い。

◆ 相手に合わせて自分を出せない。

◆ 怒っている人に
  ものすごく恐怖心を抱く。

◆ 病気や具合の悪い人が近くにいると、
  気分が悪くなったり痛みを感じる。

◆ 人の感情への共感力が高いため、
  感情が自分のものか人のものなのか
  わからない。

◆ カウンセリングやセラピーを受けても
  なんとなく変化が少ないと感じる。

【エンパス・HSP勉強会】
~繊細で傷つきやすい人が
自分と上手につきあって自己実現するために~


内容

1. エンパス・HSPとは
2. エンパス・HSPと親子関係
3. エンパス・HSPがゆえの生きにくさはなぜか
4. エンパス・HSPの気質を人生に活かすには
5. 気質や脳力をビジネスで発揮するために
6. エンパス・HSPが自分らしく生きるために大切なこと
7. 心と身体の声を聴くワーク

期待できること

・ 自分の能力を自覚できる
・ 気質や能力を人生やビジネスにどう活かせるのかわかる
・ 人の感情に振り回されなくなる
・ 自分軸を確立する方法がわかる
・ 自己実現への一歩を踏みだせる

【日時】2017年10月28日(土)14:00~16:00

【場所】東京都台東区のセッションルーム
   ※ 詳細はお申込みくださった方にお知らせします。

【最寄駅】つくばエクスプレス「浅草」駅 徒歩4分
     東京メトロ銀座線「田原町」駅 徒歩9分
     東京メトロ日比谷線「入谷」駅 徒歩9分

【参加費】5.000円 ※当日お持ちください

【人数】4名

【お申込み】こちらのフォームからお申込みください ↓
    https://ws.formzu.net/fgen/S96240929/

【参加者さまの特典】
体験セッション6.000円 → 5.000円で受けることができます。


◆上記の日時に都合のつかない方や
自由な時間にマンツーマンでHSP・エンパスについて
勉強したい方へはこちらをご覧ください。↓
  エンパス・HSP個別勉強会 のご案内


敏感で繊細なエンパスやHSPの人が、
人の気持ちや気分に影響されることなく、
自分の能力や可能性を気持ちよく発揮して
いけるよう応援しています。



*エンパス・HSPの詳しい内容はこちらをご覧ください
http://j-method.com/blog/2016/03/07/post-201/





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会(オリエンテーション)を実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス・HSP専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


繊細で傷つきやすいHSPやエンパスの直観力とシンクロ力を発揮して未来を実現する



セッションを受けられたクライアントさんから、
「なぜ心理セッションを
受けようと思ったのか思い出せないんです(笑)」

とご報告をいただきました。


人の目が気になって
そんな自分をどう扱っていいのか
ものすごく悩み、
ひとりではどうすることもできなくて
困りに困ってHSP・エンパス勉強会に参加。


ダメな自分、
できない自分、
ふつうじゃない自分にばかり意識がいって、
(これも自分の思い込みなのですが)
人の心を満たすことのできる
自分になろうとしていました。


出会ったときはこのような感じの方でした。


この意識が自分に向いて
楽に生きられるようになってくると、
生きにくくて悩んでいた自分のことを
思い出せなくなってくるんですね。


今の自分にとっては必要ない
恐れから握りしめていた仕事や思いグセを
手放すことができ、
その空いた意識のスペースに
本当にやりたいことのビジョンを
グングンしみ込ませています。


心の根っこにあるものが
変化していくと
自然に発しているエネルギーも
変化していくので、
昨日お会いしたときの
この方のキラキラした雰囲気に
私も心躍りました。






とくに
敏感な気質を持ち
繊細で傷つきやすい
エンパスやHSPの人は、
共感力が高いので
人の気分や顔色に反応しやすく
影響を受けやすいです。


でもその共感力を
自分のために使うことが
できるのですよ!


すると
その共感力や直感力という
持って生まれた優れた能力が
自分が幸せに生きるために
発揮されていくのです。


生きにくさを感じているときは、
外に向いている共感力によって、
発動していた思いグセが
私は人からどう見られているか、
とか、
人から嫌われないために
という思考を無意識に生み出していました。


それが、
自分の本当の本音の声を
聴くことができるようになるだけで
本音の望みを叶えるために
自然と意識が働きます。


そのためにやることは、
今自分のいる環境や状態が
どんなものであっても、


今私はどうしたい?
という自分の本音に沿って行動しながら
直感をピピっと
感じられる自分でいること。


これができれば
望む未来に向けて
楽に舵取りができます。


HSPやエンパスの才能である
優れた共感力と直観力を
最善の形で自分の人生に活かせるのです。


応援しています!



*************************



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


HSPやエンパスの人は孤独を愛して群れないことが強みなのですよ



敏感な気質を持ち
繊細で傷つきやすい
エンパスやHSPの人には、
集団が苦手という特徴があります。


人間ぎらいではないんです。


共感力がとても高いので
大勢の人がいると
他人の感情や考え、
または他人の体調までも
拾ってしまい、
とても疲れるのですよ。


他人の気持ちや
その場に流れる空気を
なんとなく感じてしまうので、
そんなときは、
自分の感情を抑えてしまいがち。


それを繰り返しているうちに
自分が感じている
本当の感情や気持ちが
わからなくなることも。。。


また、優しくて親切な気質も
持っているので、
一緒にいる人に過度に気づかいをして
疲れてしまったりもします。


そのため、
エンパスやHSPの人にとって
自分をとりもどすための
ひとりでいる時間は
とても大切なものなんですね。


みんながふつうにとっている
集団行動や、
人と長時間過ごすことが苦手で、
ひとりでいることがとても好き。


そんな自分を
どこか変で協調性のないダメな人、
と感じている人もいると思います。


そんな方は、
自分で自覚していない
心の深い部分の本音が
ひとりでいることを
望んでいるんだな、
と受け入れてください。


HSPやエンパスの人は
群れないので、
人の意見に惑わされず、
独自の世界観を自分のやり方で
実現していくことができる人
なのですから。


先日心理セッションを
受けられたクライアントさんの
ことを紹介しますね。


フェイスブックで
友達が大勢の人に囲まれて
笑顔で食事をしている投稿を見ると
苦しくなる、
と言っていたのですが
セッションのあとは


私はひとりでいることが好き。

だからひとりでいてもいい。

でも、誰かといてもいい。


と自分を肯定できるようになり、
以前は見ると苦しくなっていた
フェイスブックの投稿を楽な気分で
見ていられるようになったそうです。


ひとりでいることが
ダメなのではなく、


ひとりでいることを
誰かと比べて
ダメだと感じたり、


自分を世の中のふつうに
当てはめようとして
苦しくなっていることに
気が付いたのですね。


繊細で敏感、
そして共感力の高い
エンパスの人は、
一人で過ごす時間の心地よさを
大切にしてくださいね。


そして一人の時間を
大切にしている自分に
OKを出せるようになると、
群れない気質が魅力として
発揮されてきます。


寂しさや孤独感から
目をそらすために
誰かと一緒にいようとしても、


緊張を感じたり、
相手にあわせてばかりのものだったら
それは自分にとって無意味な時間。


一緒に同じ時間を過ごす人は
自分が共感したいと感じる人とだけに
しましょう。


私も、
安心感や穏やかな気分でいられる
のびのびできる人とだけ
一緒に過ごすようにしています。


どれだけ多くの人と過ごしたか、
ではなく、
どれだけ自分にとって
有意義な密度の濃い時間を
過ごしたかが大切なこと。


持って生まれたその能力を、
自分らしく、
気持ちよく、
発揮するために
一人の時間を安心して
心地良くお過ごしくださいね。


応援しています。





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


”ワクワク”や”ときめく”ってどんな感じかわからない人へ



夢を実現して幸せに生きるには

ワクワクすることをやるといいよ。

心がときめくことを選びましょう。

このようなことを聞いたり、
本で読んだことがある人は
たくさんいらっしゃると思います。


でも中には、
こんな方もいるのではないでしょうか。


ワクワクすることやときめくって
どんな感じなのかわからない。

今まで生きてきて
ワクワクやときめきを
感じたことがない。

そんな自分は幸せになれないかも
しれない。。。



そのような方が、
自分にとっての
ワクワクやときめきを感じて、
自然体で自己実現に向かえるようにと
思いをこめて、
今日は書いていきたいと思います。


とくに自分以外の人やものの感覚を
優先しがちな
敏感で繊細な気質の
HSPやエンパスの人は、
意識を自分の内側に向けて
読み進めてくださいね。


まずイメージしてみてください。


あなたが幸せになるための
ワクワクやときめくって
どんな感覚ですか?


心の深いところから
グワーンと込み上げてくる喜び。


イメージしているだけで
ウキウキと笑顔になるようなこと。


目の前がスキッと明るくなる
躍動感あふれる壮大なこと。


こんな感じでしょうか。


実は私も以前はそう思っていました。


「好きなことを仕事にする」という
内容の本を読んだときのこと。


イメージするだけで
ワクワクすることを
形にしていけばいい、
というフレーズを見て、
それがない私はダメなんだ、
とあせりや不安を感じました。


だけどワクワクやときめきを
感じられないことであせったり、
自分をあきらめてしまう自分も
なんかイヤだな、と思い、
ワクワクを感じられない自分と
向き合ってみたんです。


ワクワクやときめく、という言葉に
私の心がどう反応しているのかを
じっくりと感じていきました。


すると。。。


ワクワクしたりときめくことを
仕事にするということは、
人の役に立つ
社会性のあることと
一致していなければいけない。


そして、
私がワクワクしたりときめくことは
人の役に立つこととは思えない、
という私の本音。


また、
好きなことを仕事にするとは、
熱い情熱を強いエネルギーにのせて
大きく広げていくもの。


でも私にはそんな熱い情熱も
強いエネルギーもない。


こんな思いが私の心の根っこに
根づいていたんです。


これは私の勝手な思い込み。


ここに気がついたら、
ワクワクやときめくことは
私にとってはもっと身近なことなんだと
腑に落ちました。


ワクワクやときめきのイメージに
振りまわされることなく、
私の世界観をもっと大切にすればいいと
自然に思いはじめました。


私の世界観は、
熱い情熱を
強いエネルギーにのせて
ぐんぐんと大きく広げていく
というような感覚はしっくりきません。


夢に向かってワクワクドキドキ、
さあ乗り越えていこう!
という感じでもありません。


どちらかといういうと
もっと慎ましい感じです。


穏やかさ、あたたかさ、安心感、

ていねい、のびのび、静穏、優雅

清々しさ、平和、平穏、安らぎ

自由、自然体


こんな感覚をいつも感じていたいし、
このような感覚を感じる
人、場所、ものを大切にしていきたい、
と思っています。


静かな情熱を穏やかに灯しつづけ
やわらかく凛と生きる



私はこのような世界観に喜びを感じ、
この喜びを感じるために
生きているんだな、と。


これが私のワクワクとときめくことです。


この世界観に当てはまることだけを
やっていけばいいし、
この波動を共有できる人たちと
心地良い時間を過ごせたら私は幸せです。


この本音を感じてから、
私はこのままでいい、
と自然体で楽になっていきました。


人や世の中が、
ということではなく、
私はどんな感覚が好きなんだろう、
とイメージしてみてください。


それがあなたのワクワクやときめきです。


なにもしないことに
ワクワクを感じるのなら
それもOK!


自分の心をすみずみまで
感じきってみてくださいね。


これをイメージできたら、
その世界観を軸にして
目の前のことを
選択していけはいいんです。


その先に
自然体の自分のまま
幸せを感じる生き方が
ありますから。


応援しています。






心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


HSPやエンパスの人と仕事



こんにちは。坂本純子です。


敏感な五感を持ち、
感受性も強い
エンパスやHSPの人
仕事について書いていきます。


敏感な五感を持っているので
人が叩くキーボードの音や
人の話し声がものすごく気になって
自分の仕事に集中できない。


営業職なのに、
お客さんの顔色に心を乱されて
言いたいことが言えない。


エンパスやHSPの人は
こんなことがよくあると思います。


また、優しくて親切な気質を
持っているので、
会社の利益のために
お客さんにとって必要ないものを
売り込む、ようなことも
できないんですよね。


だから
ノルマを達成するために
なにがなんでも売ってこい~~!
みたいな社風の中にいると、


やる気もでない、
結果もでない、
周りからは浮いている、
ような感じになってしまい
苦しいと思います。。。


会社の利益や目標達成、
自分の評価を上げることでは
モチベーションは上がらないけど、


必要としている人に
必要なものを提案すること。


これは絶対にいい!と
自分が確信しているものを
伝えること。


目の前のことに
ていねいにじっくり取り組むこと。


こういうことは
けっこう好きなのではないでしょうか。


人の顔色や雰囲気を敏感に感じて、
それに振り回されることも多いので、


いろんな価値観の人がいて、
人の思いやエネルギーが
たえずうごめいている職場では
居心地が悪いと思います。


エンパスやHSPの人は
周りの雰囲気にも
影響を受けやすいので
自分のペースで自由に
働ける環境だと
実力を発揮しやすいんですよね。


人と群れない気質でもあるので、
ひとりで活動することを
快適だと感じる人も多いと思います。


私もそのひとりです^^


やりたいことをやる、
やりたくないことはやらない。


これを誰にも相談する必要がなく
自分ひとりで決めれるなんて
最高です!


エンパスやHSPは
フリーランスや自営業に
向いているんですよ。


また、敏感な気質で
直観力もとても優れているので
人が気がつかないことにも
気づくことが多い。


それによって大きなミスを
防ぐことができます。


私のクライアントさんで
金融関係の企業にお勤めの
部長職の方がいらっしゃいます。


この方、セッションを受けて
気質も含めた自分のすべてに
OKを出せるようになったら、


部下の顔色や様子で
今どんな言葉をかけたらいいかが
直感的にピンときたり、


トラブルを解決する方法が
ひらめいたり、と


HSPの敏感な気質や豊かな感受性が
プラスに働きはじめたそうです。


そして、
「部下が持ってきた書類を
手にした瞬間に、
この書類にはミスがあるって
わかるようになったんですよ!
超能力者のようでしょ」
と笑ってました。


直観力と高共感力を
マネジメントとトラブル回避に
フルに発揮してますね^^


あと、想像力や共感力も高いので、
画家や小説家などの人にも
この気質の方が多いようです。


セラピストやコーチ、カウンセラー
のような対人援助職も
高い共感力と直観力、
優しくて親切な気質を発揮できます。


人の顔色や空気感に敏感で繊細、
それがゆえに傷つきやすくもあり
苦しいと感じることも多いと思いますが、


エンパスやHSPの
そんな気質だからこそ
できることがたくさんあるのですよ。


自分にしかできないことがあるんだ、
と仕事について前向きに
とらえていただけら、と思います。


生れ持ったその気質と能力を
気持ちよく発揮できるようになったら、
今の自分では想像できないことが
仕事になっていった、という人もいます。


だから向いていると言われる職業に
あまりとらわれなくてもいいですよ。


働くということにネガティブな
感情ばかり湧いて
目の前のことに集中できなくて
困っている方は、
よかったらご相談くださいね。


応援しています。





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


繊細で敏感な気質のエンパスやHSPの人におすすめの生き方



こんにちは。坂本純子です。


繊細な気質を持った
エンパスやHSPの人
無理やガマンをして
社会や世の中の価値観に
当てはまる自分になるよりも、
自分の感覚や本音を大切に生きると
自然と幸せ度がたかくなる、
ということを実感しています。


今日はそんなことを
書いていきたいと思います。


なにも考えないで
ただ気楽に生きているだけなのに
幸せだなぁ



今朝、こんなことを
ふと感じたのでした。


今ブログを書いているし、
毎日心理セッションもやっているので、
まったくなにも考えないで
ポワーンと生きているわけでは
ないのですが。。


以前とくらべて
心配したり不安を感じたりすることが
ものすごく減ったので
なにも考えてないように感じるようです。


まだ来ていない未来を思って
漠然と不安を感じていた以前の私とくらべて
環境に変化があったとか、
安心できる具体的な何かを手に入れた、
というわけではありません。


相変わらずの独身で一人暮らしですし
どこにも所属してないひとり事業者です(笑)


ではいったい私の中で何が起こって
感じ方が変化しているのかというと・・・


無理、ガマン、義理、義務のような
感覚でやっていることをやめた。


そして本当の本音の望みを
叶えることだけをやる。



これだけを毎日やっている自分に
変化していったんです。


正確に言うと
無理してやっていたこと、
ガマンしていること
義理でつきあっていた人たち、
義務だからやらなきゃと思っていたこと
に気がついたということ。


具体的にどんなことをやめたかというと・・・


私が本当にやりたいことではない
と感じながらも
依頼していただいたのだから
ぜったいにやるべきだと
受けていた仕事。


20年以上もつきあってきたから
これからもずっと仲良くしてなきゃ
いけないと思い込んで、
なんとなく波長が合わなくなってる、
と感じつつ続けてきた人間関係。


なんとなく違和感を感じながらも
波風を立てたくないから
握りしめてきたこと。


なにをやるにも
ゆっくりペースで同時進行が苦手。
本当は一つにことにじっくりていねいに
とり組むことが好きなのに、
あれもこれもやらなきゃいけないと
自分に負荷をかけていたこと。




など。


ほかにもいろいろありそうですが、
今思い当たるのはこんなこと。


ガマンしたり無理したり、
義理や義務でやっていることが
自分にものすごく負担をかけている
ことに気がついたのです。


無意識のうちに自然とやっているので
自分に負担をかけていることに
自覚はありませんでした。


が、


本当にやりたい仕事ではないけれど
依頼していただいたからという
理由で受けた仕事に関わっているときの
身体と気分の重さ。


本当は気乗りがしない食事会に
出かける前の
むりやり自分を奮い立たせている感じ。


ひとりで仕事しているのだから
自分がやりたいことだけ
やればいいのに、
あれもこれもやるべき、
と自分で自分を追い込んでいるときの
苦しさと身体のきゅうくつさ。


こんなふうに
身体と心で感じる感覚は
なにかしらの反応を起こしていたんです。


でも今までは
身体と心の反応よりも、
思考で考えたことを優先して
生きてきました。


なぜなら
自分にかけている負荷を
感じながらも
一生懸命に努力することが
成長と幸せにつながっていると
思っていたから。


また、自分のやりたいことだけを
選んで生きていたら
収入も減るだろうし、
周りから受け入れてもらえなく
なるだろう、
という思いグセもあったので、
本当は望んでいないのに
一生懸命握りしめていたことが
たくさんあったのですね。


今は
思考で考えたことよりも
身体と心の反応を
優先するようになりました。


身体や気分が重いのはイヤですし、
むりやり自分を奮い立たせるのも
疲れるし、
苦しさやきゅうくつな感覚でいては
ひらめきも直観を降りてきません。


だからやめました。
思考であれこれ考えて行動することを。


すると
自分の本当に望むこと、
いわゆる本音の声をキャッチできる
ようになってきたんです。


本当の本音をキャッチできるように
なると、
本音の望みを叶えるために
今何をしたらいいのか、
ということが思考ではなく
直感のようなもので感じることが
増えてきました。


そしてその直観に従って行動する。


直感に従うときには
無理もガマンも義理も義務も
ありません。


だから楽に行動できるのですよ。


私なりの優先順位がありまして、



➀ 今一番やりたいこと、
 やらずにはいられないこと。


➁ 思いついたこと。


➂ 今日中にぜったいやらないと
 いけないこと。



この3つです。


世の中や社会や周りから
認められるための努力をするよりも、
自分の感覚や本音を大切に生きることで
自然と幸せ度が上がります。


とくに敏感で繊細な気質の
HSPやエンパスの人は
のびのびと気分よくいることで
持ち前の高共感力や直観力を
気持ちよく発揮して生きられます。


これは私が体験しているので
とても実感しています!


無理やガマンをするのではなく、
自分がなんとなくこうしたいという
感覚に従ってみてください。


もしも
どうしても人の目が気になったり、
自分の感覚に従うことに
抵抗やモヤモヤを感じる人は
よかったらご相談くださいね。


応援しています!





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


敏感で感受性の強い自分をどう扱えばいいのか



こんにちは。坂本純子です。


今日は
『敏感で感受性の強い自分を
どう扱えばいいのか』
について書いていきたいと思います。


繊細で様々なことに敏感な
気質を持っている
エンパスやHSPの人は、
みんなが感じないような
人の感情や気持ちを
なんとなく察します。


人の本音と建前をなんとなく
感じとったり、
ウソを言ってることがなんとなく
わかってしまったりするので
苦手な人が多いんですよね。


そんな自分を
人間嫌いなんじゃないか、
性格がひねくれてるんじゃないか、
器がちいさいんじゃないか、
と感じてしまい
劣等感を感じている人もいます。


でも、それは
人よりも多くのことを
キャッチしやすい脳を持っているためで、
人間嫌いなわけでも
性格がひねくれているわけでも
器が小さいわけでもないのですよ。


こんなふうに
目に見えるものにはもちろん
目に見えない人の気持ちや感情、
場のエネルギーや空気感に
敏感に反応する脳を持っている
エンパスやHSPの人は
自分の感覚や世界観を大切にしてくださいね。


世の中でふつうと言われている価値観や、
社会的な常識に
自分をあてはめようと努力しても、
きゅうくつに感じてしまい
苦しくなってしまうと思います。


なぜならそのような価値観や常識に
おさまるような気質ではないのですよ。


ふつうになろうと努力するよりも
「なんとなくこう感じる」
という感覚を大切にし、
自分の本音が望むことをキャッチして、
本音の望みを叶えることだけを
意識していきましょう。


本音をキャッチすることができれば
自然と本音が望む方向に進みます。


直観力と共感力がとても高いので、
本音をキャッチすることができれば、
本音の望みを叶えるために
必要なことが直観的にわかったり、
そのための出来事が起こったり、
と現実が動き出します。


自分が幸せになるための本音に
焦点を合わせて
「なんとなくこう感じる。」という
直感の純度を上げていくこと。


それと並行して
直感の純度を曇らせる
心の根っこにある思いグセや
満たされないまま残っている感情を
手放していくこと。


エンパスやHSPの人は
この2つができると
生れ持った敏感で繊細な気質を
自分の能力として気持ちよく発揮しながら
自分の人生を
自分のために生きていくことができます。


今生きにくさを感じている
エンパスやHSPの人が
そうなれるよう応援しています。


もし自分の本音がわからない、
思いグセや満たされないまま
残っている感情を手放したいけれど
自分ではうまくいかない、
という方はご相談くださいね。


応援しています!






心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


世の中の価値観に馴染むことができない



こんにちは。坂本純子です。


ふだん私は、
刺激に敏感な五感や
繊細で感受性の強い気質を持っている
エンパスやHSPの人が、
今以上に自然体で
のびのび生きていけるよう、
私は心理セッションを通じて
協力しています。


エンパスやHSPの人は、
「ふつうの人とどこか違う自分」
の扱い方に困っている、
という心の悩みを抱えやすいです。


みんなが興味を持つものに
まったく興味を持てないとか、
みんなが疑問を持たずに取り組める
会社での仕事に
自分だけなぜか問題意識を持ってしまう、
とか。。。


日々エンパスやHSPの人と
関わっていて
このような感覚を感じている人って
多いなぁ、と思います。


なぜかというと
本質を見抜く直観力が高いから
なのです。


自分が関わっていることや
自分のやっていることが
物事の本質や目的に合致していないと
モヤモヤして気持ちよく行動できない
のですね。


そのため会社での仕事でも
自分の評価を上げるため、
会社の利益を上げるため、
という仕事への向き合い方では
やる気がでません。


なので、
自分の評価ばかり気にしている上司を
見るとイヤな気分が込み上げてきたリ、
会社の利益を上げるために
お客様に必要のないものを提供する
ような体質の会社に対して
ものすごく違和感を感じてしまうことが
多いと思います。


私も会社に勤めているころ、
「見せ方が大事だから」が
口ぐせの上司に対して
アレルギーがありました。


もちろん商品の見せ方って大事ですけど、
それ以上にその商品が
クライアントにとって本当に必要なのかが
大事なのに、とよく思いました。


エンパスやHSPの人は、
心を込めてていねいに
目の前の仕事に取り組みたいと
思っている人が多いですし、


本当に相手の役に立つものや、
会社にとって必要だと
感じるものに対しては、
前向きに取り組めるのです。


世の中には
自分の評価を上げるために
頑張ることは当たり前、
会社に勤務しているのだから
会社の利益や継続のために働くのは当然、
という価値観が強いですよね。


そしてその価値観の中で
生きていくことに違和感なく
自分を表現していくことの
できる人もいますし、
世の中そういう人の方が
多いと思います。


そんな中で、
エンパスやHSPの人は
本質を見抜く高い直観力を
持っているので、
その価値観に馴染めない自分に対して
悩んでしまうのですよね。


エンパスやHSPの人は
まず自分の気質を受け入れてください。


そして世の中の価値観に
自分をあてはめる努力はしなくても
いいんです。


自分が感じることを
大切にしてください。


もし、
自分の評価を上げることにしか
興味がないのに、
「あなたのためだから」と
近づいてくる上司に対して
強い嫌悪感を感じてしまうのであれば、
その自分も認めてください。


嫌悪感を感じてしまう
自分を責めなくてもいいんです。


キライということを認めたうえで
仕事をしたほうが、
楽にその人と関わることができますよ。


勤務している会社の社風が
自分に合わないと悩んでいるなら、
自分の気質を受け入れたうえで
今は目の前のことに集中するレッスンだと
意識してみてください。


応援しています!







心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


ガマンして相手に合わせてばかりいる自分が嫌い



自分よりも
相手の気持ちを優先したり、

いつも相手に合わせてばかりで
自分を出せなくなる。

そんなふうに
ガマンばかりしている
自分のことを
好きになれない。。。

でも、
そんな自分で
一生終わりたくない。

と感じている人に向けて
今日は書いていきます。

人に合わせていたら
その場はうまくおさまりそうだし、
波風立たないですよね。

もし自分の気持ちや
考えを伝えたら、
相手から
ツッコまれるかもしれないし、
否定されるかもしれない。

だったら
自分の気持ちや考えを
伝えるよりも、
相手に合わせていたほうが
楽だと感じる気持ちも
わかります。

とくに敏感で繊細な
HSPやエンパス気質の人の場合、
相手の気持ちや感情が
自分の中に入ってきやすいので
なかなか自分を出せなく
なってしまうんですよね。

自分の気持ちや考えを言わずに
相手に合わせていれば
楽なのかもしれませんが、

いつまでもそれを
続けていると
空しさを感じたり、
自分はからっぽな人間だと
感じてしまい、
無価値観や劣等感が強くなって
どんどん生きにくくなっていきます。

だからといって
意思の力でがんばって
自分を出そうとしても
なかなかむつかしい。。。

なぜならガマンぐせは、
自分でも自覚のない
心の深いところにある
何かが影響しているから。

ガマンぐせを持っている
ほとんどの人にある
心の深いところに潜んでいる
「何か」とは、

自分の気持ちよりも
相手にとって
いい人でいることが大事。

なぜならいい人でいないと
大切にしてもらえないから。

このような思いグセのことです。

この思いグセは
小さな子供のころ、
今の自分の記憶にはないような
強い感情を、
自分の中に閉じ込めたことが
元になって
心の根っこに根づいていきました。

私のことを
もっと大切にしてほしいから
いい子でいよう。

もっと愛してほしいから
いい子でいよう。


こんなことを
お母さんやお父さんに対して
子供は無意識に思うものです。

優しい言葉をかけてもらいたい
抱きしめてもらいたい

ぬくもりを感じて
安心したくて
こんなふうに
わかりやすい愛情を切に求め、
満たされない安心感を追いもとめて
自分の気持ちよりも
親を優先しようとします。

このときの思いが、
心の根っこに根づき、
大人になった今
無意識に周りの人に親を投影して
自分の気持ちよりも
相手を優先するのです。

この心の根っこに
根づいているものを開放し、
今まで
満たされることのなかった心を
安心感で満たしていくことで
自然と思いグセも変化していきます。

そして思いグセが変わることで
自分の気持ちや考えを
大切にできるようになってくるのです。

自分の気持ちや考えを大切し、
相手のことも尊重する。

こんな思いが心の根っこに
根づいてくると、
相手と私は別の人間だから、
感じることが違うことは当然と
思え、
自然と自分の思いや考えを
相手に伝えられるようになります。

すると、
相手から否定されることや
嫌われることが怖いから
言いたいことをガマンするのではなく、

自分も相手も大切だから
自分の気持ちや考えを伝えよう
という意識に沿って
行動するようになってくるのです。

意思の力でがんばって
伝えるのではなく、
自然と伝えるようになるので楽です。

さらには伝えても伝えなくても
自分はOKと思えると、
どんな自分にもOKを出せるので
人間関係、仕事、恋愛などで
どんどん自分らしく
自分を表現できるようになります。

これを実現するのに
心理セッションはとても有効な
方法なんです。

今の自分で一生終わりたくないと
感じている方は
よかったらご相談くださいね。

応援しています。








心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


集団の中や人と一緒にいるとグッタリ疲れる理由



人と一緒にいると
グッタリと疲れてしまうことの多い
エンパスやHSPの人に向けて書いていきます。


エンパスやHSPの人は、
ひとりで過ごすことが好き
という人が多いです。


誰かと一緒にいるとしても
多くても3,4人の少人数、
できれば落ち着いた空間で
ひとりの人とじっくりと向き合う時間が好き。


なぜかというと、
五感が刺激に敏感なので、
たくさんの人がいればいるほど、
目や耳から入ってくる情報量が増えて、
それを脳が一生懸命処理しているので
脳が疲労しやすいのです。


なので
集団が苦手な自分を
弱い人間とか、
協調性や社会性が低い人間だと感じて
思い悩まなくてもいいのですよ。


好きなスポーツで
ハードに身体を動かしたあとは
清々しさが伴う身体の疲れを感じますが、
脳の疲労は心も身体もグッタリさせます。


また、共感力も高いので
人が発しているエネルギーのようなものや
気持ちや感情を敏感に感じとったり、
人によっては人の体調を
受けとってしまう人もいます。


そのため人が大勢いると
目の前のことに集中できなくなったり、
グッタリ疲れてしまうので、
少人数で人と関わることが好きなのです。


日本で生活していると
集団の中で自分の実力を発揮でき
際立つ存在の人が周囲から認められることが
多いような気がしませんか?


そのため、大勢の人の中で
疲れやすく自分を発揮できない自分のことを
ダメだと感じてしまう人もいるかもしれませんが、
世の中の好みに自分を合わせなくてもいいんです。


私は集団が苦手・・・という意識を
私は1対1が好き、とシフトしてみてくださいね。


大勢の中にいるよりも
個人で活動したほうが
実力を発揮できる人が多いので、
そんな自分の気質を受け入れて
安心して生きていきましょう。


もし自分の気質を受け入れても
人と関わとグッタリ疲れてしまい苦しい・・・
という人がいたらそれは、
気質とは別の心の状態が影響していることが多いです。


たとえば、
自分では自覚がないけれど
ありのままの自分を出すのが怖い、
良い自分を出さないといけない

というような意識が無意識に働いている場合が
あるのですよ。


これは心の根っこに根づいている
思いグセと満たされないまま残っている感情によって
自然と生み出されている意識。


ここは自覚のない意識なので
自分で努力して変えようとしても
なかなかむつかしいです。


もしこのような意識が
人と関わるときの自分に影響していると
感じる方はよかったらご相談ください。


自分で気がついていない
どのような意識が心の根っこにあって、
それは今の現実にどんな影響を与えているのかを
ひも解きながら、
本来の自分が望んでいる生き方を
創っていけるようお手伝いさせていただきます。


応援しています。





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


1 2 3 4