HSPとは 一覧

HSPの特徴とその敏感な気質を活かすために必要なこと

 

 

このような方に向けてカウンセリングを行っています。

 - 長時間人といるとグッタリと疲れる。

 - 集団や人混みがとても苦手。

 - 相手の顔色が気になって言いたいことが言えない。

 ‐ みんなは気にならないことが、とても気になって目の前の仕事に集中できない。

 

そんな自分にたいして「どうして私は普通じゃないんだろう」と自信をなくしていませんか?

 

それを克服するために今までたくさんのことを学び、様々な努力を重ねてきたのかもしれません。

 

それなのに 「どうしても自分を変えられない」とツライ思いをしているとしたら・・・。

 

もしかしたらあなたはHSPという超敏感気質の持ち主なのかもしれません。

 

1. 超敏感気質の私が困っていたこと

実は私も超敏感気質の人間です。

 

HSPの自分ととことん向き合い、生きにくさを手放してきた今でこそ、カウンセラーとしてHSPの人が幸せに生きるために協力する活動を行っていますが、過去の私は無価値感や劣等感をかなり抱え込んでいました。

 

怒りっぽい人や感情の起伏の激しい人といると必要以上にビクビクしてどうしていいかわからなくなる。

 

人の表情のささいな変化をキャッチして、相手の感情や気持ちを読んでしまい、相手を優先するあまり自分の言いたいことが言えない。

 

過去の私はこんな自分を必死で隠し、世の中でいう”ふつうの人”になれるよう自分を抑圧して生きてきました。

 

また、みんながふつうにできることができない自分に強い劣等感も感じていました。

 

当時のことを書いた記事、よかったらお読みください↓

http://j-method.com/blog/2018/10/31/post-1964/

 

今回は、以前の私のようにHSPならではの心のお困り事を抱えている人に向けて、HSPの特徴とその気質の活かすために必要なことをまとめました。

 

カウンセリングや心理セラピーを通じて多くのHSPと関わる中で感じたことや、今まで得た知識を元に書きましたので、よかったらお役立てください。

 

 

2.  HSP (ハイリー・センシティブ・パーソン) とは

HSPとはHighly Sensitive Personの略で、直訳すると『非常に敏感な人々』です。

 

アメリカのE・N・アーロン博士が敏感気質の人たちの研究を重ね、HSPと名付けました。

 

世の中のおよそ5人に1人がHSPだと言われています。

 

HSPは病気や障害ではなく気質です。

 

刺激に敏感に反応する脳を持っており、微かな情報までキャッチするため、情報過多で疲れやすい傾向にあります。

 

3.  HSPの特徴

□ 自分をとりまく環境の少しの変化にもよく気がつく

□ 他人の感情や体調を敏感に感じとる

□ 自分の身体の痛みや不調に敏感

□ 人といると疲れやすく、ひとりになりたいと思う。

□ カフェイン、刺激物、化学物質、薬などに敏感に反応する

□ 肌ざわりや着心地がとても気になる

□ 想像力豊かで、空想していることがよくある

□ 明るい光や、強い匂いに反応する

□ 大きな音や騒音がとても苦手

□ 優しく親切な心を持っている

□ 一度にたくさんのことをやると混乱する

□ 人が言葉にしていない気持ちや感情によく気がつく

□ 物を忘れたり、ミスをしないように気をつけている

□ 人の本音と建前を察することがある

□ 映画やテレビの暴力的なシーンがとても苦手

□ 芸術や音楽などに心を動かされる

□ 自分の周りに刺激が多いとイライラする

□ 空腹になると集中力が低下したり、気分が悪くなる

□ 引越し、席替えなどの生活の変化は負荷がかかる

□ 人目が気になる

□ 競争させられたり、見られていると普段の実力を発揮できなくなる

□ グループの中にいると自分らしくいられない

□ 子供のころ周囲の人たちから内向的であったり、内気だと思われていた

 

*あなたはいくつ当てはまりましたか。

12個以上あてはまればおそらくHSPの気質です。

 

 

4.  多くのHSPが生きにくさを感じているのはなぜ?

● 人の気持ちを気にしすぎてしまう

人の微細な表情の変化を見逃がすことなくキャッチして、相手の気持ちを読み取りながら、相手を不快にさせてないだろうか、と不安を感じてしまうことがよくある。

 

● 音、におい、痛みなどの刺激に敏感

みんなが気にならないような視覚や嗅覚、触覚などの刺激に敏感に反応して、目の前のことに集中できなくなってしまう。

 

● 人との境界が薄い

共感力が高いので、人の感情や体調の影響を直に受けるためふりまわされやすい。

 

● 育った環境の影響を受けやすい

敏感で繊細な自分を親に理解してもらえず、否定されることがよくあると、大人になっても自己否定が強くなってしまう。

 

● 集団が苦手で人疲れしやすい

人のエネルギー(感情、気持ち、体調)を感じる力が強いので、人が大勢いればいるほど刺激として入ってくる情報も増え、情報過多になり疲れやすい。

 

— まとめ —

HSPは人間ギライというわけではありません。

人の感情や気持ち・体調や、五感で感じる情報をキャッチする能力が高く、それが刺激として自分の中に入ってくるので、疲れやすいのです。

 

5. HSPのすばらしい能力

♠ ていねいにじっくりと目の前のことに向き合える

誠実で責任感があるので、安心できる環境にいると目の前のことにコツコツとていねいに向き合うことができます。

 

♠ 高い共感力により人の気持ちを察することができる

人の気持ちがわかるので気配りができます。また、相手にとって今必要なことがよく分かります。

 

♠ 優しくて親切な気質

人をおとし入れたり、足を引っ張ろうという意地悪な心を持っている人が少ないです。みんなが穏やかで平和にいられることを望むあたたかい心の持ち主が多い。

 

♠ 慎重で危機管理能力が高い

HSPはあらたな可能性に気づく人も多いのですが、同時に失敗の要因も察することができるので、事前に対処しておくことができます。

 

♠ 直感力、自己暗示力に優れている

自分から自然に湧いてくる感情や気持ち、ひらめきなども敏感にキャッチできるので、直感力が高いです。また起こった出来事に対しての感じ方が強く深く、繰り返し感じるので、自然と自己暗示力も高まります。

 

–まとめ–

超敏感気質で傷つきやすいところにばかり目が行ってしまいがちですが、HSPには生まれ持ったすばらしい能力があります。能力を自分の人生に気持ちよく発揮するために、安心できる居心地の良い環境にいることを意識しましょう。人よりも自分の気持ちや感情を優先することも大切です。

 

 

6. HSPが自分らしく快適に生きるために必要なこと

・ HSPの気質を受け入れる

ささいなことにも反応して動揺したり、細かいことが気になってしまうのは、精神的な病気や障害ではなく、”敏感さ”という気質が原因だと受け入れること。敏感さを克服しようと無理やガマンをするのではなく、敏感な自分が幸せに生きていることを意識しましょう。

 

・ 幼少期や過去の出来事から受けた心の傷を癒す

心の根っこにある”思い込み”や”思いグセ”、”満たされないまま放置された感情”が、感じ方やとらえ方を生み出します。幼少期や過去の出来事から受けた心の傷が癒えることで、自然と自分にとって楽な感情や思考が生まれ、プラスのとらえ方ができるようになります。

 

・ 人と自分の間に精神的境界線をひく

人の気分や感情の影響を受けやすい自分を認めて、人は人、私は私。この人と私は別の人間ですと強く意識してください。別の人間なのだから、考え方や感じ方が異なるのは当然です。

 

・ 自分の本音をキャッチする

人の感情に巻き込まれていると感じたら、今私はどうしたい?と自分の本音に問いかけてください。そこで出てきたことを行動に移しましょう。

 

・ 衣食住などの環境や、つきあう人も自分の感覚で選ぶ

敏感な自分が感じる、居心地の良さ・安心感・快適さなどを基準に、自分が身を置く場所・肌に触れるもの・食べるもの・つきあう人を選ぶ。

 

・ 世の中の価値観よりも自分の感覚を大切にする

世の中で言われている”ふつう”という価値観よりも、自分が感じていることや感覚を大切にすることで、自分らしく生きられるようになります。

 

— まとめ —

敏感さを克服して、周りの人や社会から認められる自分になるための努力はHSPの自分をより生きにくくします。

”ふつう”を目指すことよりも、自分の本音や感覚を大切に生きることで、HSPの気質を気持ちよく人生に活かして自分らしく生きていけるようになります。

「どうするべきか」や「なにが正解か」ではなく、今私は何を感じている?・私はどうしたい?・今私が快適に過ごすためには?と自分を中心に生活を創っていきましょう。

 

7. おわりに

敏感さや繊細さ、高共感力は生まれ持ったすばらしいギフトです。

その才能や能力を気持ちよく発揮して、自分らしく人生を創っていきましょう。

応援しています。

 

http://j-method.com/blog/2018/12/01/post-1165/

 

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/

 

 

 

 

 


【HSP】集中できなのはなぜ?

仕事に集中するまでの時間が、かかりすぎる自分に困っていませんか?

 

敏感で繊細な脳を持っているHSPは、集中するまでに時間がかかります。

 

脳が刺激に敏感なので、周りの音、体感温度、着ている服の肌触り、視界に入ってくるもの、においなどのささいなことにも反応します。

 

そのため今いる環境に慣れる時間や、集中できる環境を整えることが必要なんです。

 

私も、子供のころからそうでした。

 

自分がいる部屋にいろんな色があったり、ホコリが目についたり、話し声が聞こえたりするとそれが気になってやる気が出ません。

 

あと、着ている服の首がきゅうくつとか、タグがチクチクするとか、肌ざわりが堅いとか。。。

 

五感で感じる違和感が気になって気になって、宿題をやり始めるまでに掃除や着替えなど、ひと仕事してました。

 

とにかく宿題をするのに適した環境をつくってからでないと、宿題が手につかなかったんです。

 

今もかわらずこのブログを書く前は掃除をしてます(笑)

 

会社員のころは、周りの人のキーボードをたたく音に反応して仕事が手に就かなかったり、寒さ、暑さを感じるとやる気がでないとか、こんなことがよくありました。

 

だけど周りの人たちは、私と同じ環境に居るのにもくもくと目の前のことに集中して、やることをきっちりやってるんですよね。

 

だから私は集中力がない何かが欠落した人間で、もしかしたら神経がおかしいのかもしれないとも思っていました。

 

気にならないようにいろいろと工夫してみたのですが、気になるものは気になるんですよね。

 

”脳が刺激に敏感に反応するHSP”を知ったとき、私はそういう気質なんだなとホッとしました。

 

それからは、気にならない自分になる努力をするよりも、いろんなことが気になる自分とつきあっていこうと、今自分が感じている感覚を優先するようにしました。

 

自分がいる環境や身に着けるものの着心地など、気持ちや気分が安心できないと集中することのできない自分を受け入れました。

 

そして、安心できる状態をつくることも私が幸せに気分よく生きるために大切なことなんだと感じはじめたら気持ちが楽になりました。

 

その状態に身を置いていると集中できるので、集中したいときはその状態を創ればいいんです。

 

ホッとする環境や状態に身を置いているだけで幸せを感じるので、生きていくために多くのものを必要としない自分にも気がつきました。

 

目の前のことに集中できなくて困っている人にとって、集中できる自分になる努力よりも、自分ならではの集中できる状態を知ることが大事なのかもしれません。

 

どんな環境や状態に身を置いていたら気分よく目の前のことに集中できるのか、いろいろと試してみてください。

 

目に映るもの、音、におい、肌ざわり、など自分にとっての気分の良さを感じてみてくださいね。

 

応援しています。

 

 

次回は、居る場所の環境を整えても、まわりに人がいると仕事に集中できなくなってしまう人に向けて書いていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://j-method.com/blog/2018/11/28/post-642/

 

http://j-method.com/blog/2017/09/15/post-1165/

 

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


未来を実現したいなら過去の自分も想ってあげよう

 

たった一度だけの人生なのだから、自分の思うように望むことをスイスイ実現しながら生きられたら幸せ。

 

そんな思いを叶えるために、最近はいろんな本が出ていますね。

 

自分の望みを実現するためには自分を好きになりましょう、って以前なにかの本で読んだことがあります。

 

でも、どうしても自分のことを好きになれない人は、実現したい未来に加えて、”過去の自分も想ってあげる”といいですよ。

 

過去の自分が感じたことを大切に想ってあげる。

過去の自分の気持ちをわかってあげる。

過去の自分の想いを満たしてあげる。

 

過去の心の傷が癒されたり、満たされないまま置き去りになっている想いが満たされると、過去の自分がホッとします。

 

すると今の自分も安心することができるんです。

 

過去の延長が今ですからね。

 

過去を置き去りにして未来に目を向けている人ってけっこう多いんじゃないかと思います。

 

好きになれない自分から目を背けて、現実逃避的に未来を実現しようとしてもパワーがでないのですよ。

 

自分が反応してしまう自分の過去も大切にしてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

実は以前の私も、自分のことが好きになれませんでした。

 

人と関わるときの思考のクセが、なんともクズっぽい自分が情けなかったです。

 

私はいつも人をジャッジしてたんです。

 

● 相手のダメそうなところを見つけると、安心して対等につきあうことができる。

OR

● 絶対かなわないと判断した相手には、自分の立ち位置を下にして微妙な感覚で持ち上げたり共感したりする。

 

私の人とのつきあい方って、だいたいがこの2つのパターンでした。

 

自分の内側で人を落として優位に立っていなければ、自分の価値を感じられなかったんですよね。

 

それなのに、相手に嫌われることも怖くていつもニコニコしていい人ぶってました。

 

自分がいつもこんなことを思っているので、みんなそうだと思い込んで、非の打ちどころがない人間になろうと必死だったんです。

 

そうしないと自分を保っていられなかったんですよ。

 

こんな自分を好きになろうとしても好きになれるわけありません。

 

ここに気がついてキライな自分の言い分や気持ちをわかってあげることができたら、思考がゆるんできました。

 

人を落として自分を上げることに一生懸命だった意識が、目の前の人がしゃべることや行動に向くようになっていきました。

 

以前とくらべて人と関わることがとても楽になったので、よかったなぁと思っています。

 

周りの人にはどう思われているかはわかりませんが、自分が楽だからそれでいい。

 

今を楽に生きていると、過去あんなに嫌いだった自分のこともなんだか笑えてきます。

 

実現したいことがあるのに自分を好きになれなくて困っている人は、過去の自分を想ってみてください。

 

応援しています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://j-method.com/blog/2018/11/28/post-642/

 

http://j-method.com/blog/2017/09/15/post-1165/

 

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


HSPが共感力と自己暗示力を発揮して幸せに生きるには

● HSPの共感力と自己暗示力を発動させるためには

敏感で繊細なHSPの人は、高い共感力や自己暗示力を持っています。

 

自分の望んでいる本音に気がつくと、その望みを叶えるために、高共感力と自己暗示力が自分に向けて発動し始めるのですよ。

 

とは言っても、いつも自分の本音に向き合っているけど、でもそれが自分の本音なのかよくわからない、という声を聞くこともよくあります。

● 2種類の本音がある

本音には2種類あるんですよ。

 

すぐに感じる本音とその下に埋もれている本音。

 

幸せに生きるために大切なのはこの両方をキャッチすることです。

 

すぐに感じる本音はキャッチしやすいですよね。

 

たとえば、『会社にそりが合わない上司がいる。仕事は好きだけど、その上司と関わることがほんとうに憂うつで、どうしていいのかわからない。』という状況の人の場合を例に挙げます。

 

”私はこの上司がキライ”

”できるだけ関わりたくない”

”いなくなってほしい”

 

こんなふうにすぐに出てくる本音はわかりやすいですね。

 

ちなみにこの本音はネガティブな感情や乱暴な言葉が自然と出てくることがあります。

 

どんなものであっても、自分の中から自然に湧いてきたものなので受け入れてOKです。

● 共感力と自己暗示力を発動させるために本当の本音を知る

つづいてそりが合わない上司がいるという現状で、どういう自分でいることができたらもっと楽に仕事に向かえるのか、という本音を知るために自分に質問します。

 

『私はどうしたい?私がどうなったらもっと楽に仕事ができる?今のこの職場で私がどうなったら幸せ?』

 

こんなふうに自分に問いかけてください。

 

人は変えることができません。

 

その人がいる前提で、今の自分の心がどうなったらもっと楽に仕事ができるのかに意識をフォーカスします。

 

”無理しないで気分良く仕事をしたい”

”目の前の仕事に集中したい”

”苦手な上司がいても快適に過ごしたい”

などいろいろと本音が出てきます。

 

つづいて、その本音を叶えるために今何をしたいのかを自分に聞いてください。

 

”上司を好きになろうとしなくていい”

”席を移動する”

”一緒にいて心地良い人たちと近い関係でいる”

 

こんなふうに、自分がスッキリする感覚を感じるまで掘り下げてください。

 

今までわかりやすい本音だけに意識が向いていた人が、本当の本音をキャッチできるようになると、自然とその方向に向かって潜在意識が働きはじめます。

 

HSPが持って生まれた高い共感力と自己暗示力を味方にして、自分の望むように人生を創っていきましょう。

 

ぜひ実践してみてくださいね。

 

応援しています。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

♠【無料メール講座】

とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

ご登録はこちらから ↓

http://j-method.com/blog/2017/09/15/post-1165/

 

 

♠ 個別相談・体験セッション実施中 ↓

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


疲れやすいHSPはおっとりとした自分を受け入れてみて

今日は疲れやすいHSPの人が、もっと気持ちを楽に生きられるよう、羞恥心と自分を隠すクセについて書いていきたいと思います。

 

● HSPにはおっとりした人が多い?

敏感で繊細な気質のHSPの人と、日々心理セッションを通じて関わる中でよく感じることがあります。

 

本来のんびりとおっとりした人なのに、その自分を隠して周りのペースに合わせようと無理してしまい、疲れ果てている人がとても多いなぁ、ということ。

 

HSPはささいな刺激にも敏感に反応するため疲れやすい傾向にあります。

 

そういった刺激による疲れとは別に、本来の自分を隠すことにものすごいエネルギーを消費しているため、脳が疲労してしまうことがよくあるのです。

 

 

● HSPのあなたはどんな自分を隠そうとしている?

世の中ではテキパキと処理するスピードや、物事ののみ込みの速さが評価されやすいですよね。

 

そんな文化の中で、ひとつひとつとジックリ向き合いながらていねいに進めていくことが得意なHSPは、ゆっくりとしたスピードの自分を恥ずかしいと感じてしまうことが多いようです。

 

そのほかには、

 

・みんなみたいに素早く行動や返答ができないこと。

 

・競争についていけないこと。

 

・みんなのように、物事を軽く受け止められないこと。

 

・みんなと比べてすぐ疲れること。

 

・みんなが楽しそうに話していることに、興味が持てないこと。

 

このような自分を恥じてしまう傾向にあります。

 

そして、この自分がバレないように一生懸命自分を隠すことにパワーを使って疲れてしまうんです。

 

でも、客観的にみてください。

 

HSPが恥ずかしいと思ってしまうこれらのことって、本当に恥ずべきことなのでしょうか?

 

 

● HSPは誠実で思慮深い

みんなのように物事を軽く受け止められないのは、周りに与える影響を考えているからではないでしょうか。

 

HSPの人は誠実で思慮深いのです。

 

軽いノリで判断することがないので、安心感を感じると言われたこともあるのではないでしょうか。

 

そんな自分を否定したり、ダメ出しをしなくてもいいのです。

 

● どんな自分で在りたいですか?

世の中の”ふつう”になろうと、自分自身に高度な要求をする必要はありません。

 

ほんとうはどんな自分で在りたいですか?

 

のんびりおっとりとした自分でゆったり生きていいのです。

 

みんなが気にならないささいなことにも、じっくりと向き合う自分を大切にしていいのです。

 

まずは、「周りのペースに合わせようとしてるけど、私本当はのんびりおっとりしているんだよね。」と今の自分の状態をわかってあげてください。

 

今まで否定していた自分にOKを出せると、それだけで抑圧されていた自分が解放されるので、気持ちが楽になっていきます。

 

あなたは恥ずかしい存在ではありません。

 

生れ持ったみんなとは違う感覚は誇るべき個性。

 

応援しています。

 

♠【無料メール講座】

とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

ご登録はこちらから ↓

http://j-method.com/blog/2017/09/15/post-1165/

 

♠ 個別相談・体験セッション実施中

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/

 


HSPが抱えやすい心の悩み ~先のことを考え込む~

新しいことをスタートするときや、物事を決めるときに、その後のことばかり考え込んでしまいませんか?

 

決断にものすごく時間がかかる自分に困っている人もいるかと思います。

 

私、洋服を買うときにそうなります。

 

素敵!って思う服を見つけても、その服を着たときに今後起こりうることを想像してしまうのですよ。

 

ライフスタイルすべてを思い出して、場面場面でその服を着たときの気分や着心地をシミュレーションします。

 

または季節や、各イベントにどれだけ対応しているかをじっくり考えます。

 

こんなことを考え込むので洋服1枚買うのも一苦労です(笑)

 

最近は決断までの一苦労を味わいたくないので、着る洋服の色と形を決めました。

 

いつも同じような格好ばかりですがとても楽です。

 

生前、黒のタートルネックにジーンズとスニーカーというスタイルを貫いた、スティーブ・ジョブズさんの気持ちがよくわかります。

 

 

実は決断するのに時間がかかるのは、HSPの特徴です。

 

先のことをあれこれ考えるのも、起こってもないことを心配しすぎてしまうのも、変化に素早く対応するためのHSPの生物的な特性とのこと。

 

HSPは危機管理能力が高いのです。

 

ありとあらゆる刺激に敏感なHSPは、世の中の本質的な流れも感じとる人が多いです。

 

そのためあらたな可能性に気づくこともできますが、同時に失敗の要因も察することができるので、事前に対処しておくことができます。

 

決断に時間がかかる自分や、先のことをクヨクヨと考え込んでしまう自分にダメ出ししたくなることもあるかもしれません。

 

そんなときは、危機管理能力が働いているんだな、と自分に優しくしてあげてくださいね。

 

自分にダメ出ししたり、責めたりする時間が短くなればなるほど、今自分にとって大切なことに意識が向くようになります。

 

応援しています。

 

【無料メール講座】とても繊細なあなたが 安心して自分の人生を生きる 7つのヒント

個別相談 ・ 体験セッション のご案内