職場の人間関係 一覧

HSPの高共感力と自己暗示力を自分の幸せのために使おう



敏感で繊細な気質のHSPは、
高い共感力と自己暗示力も兼ねそろえています。


その能力を
自分のために使うことができると
安心感や気分の良さで
心が満たされることが増えてきます。


もともと持っている
”生きるエネルギー”が高まるので、
やりたいことを行動に移すことができたり、
実はやりたくなかったことを手放したりと
自分の意志で楽に動くことが
できるようになるんです。


そのために大切なのは、
「本当はどうしたいのか?」
という自分の本当の本音に気づくこと。


本当の本音を知るだけで、
HSPの持っている能力が、
本音の望みを叶えるために発動し始めます。


とは言っても、
いつも自分の本音に向き合っているけど、
でもそれが自分の本音なのかよくわからない、
という人もいると思います。


そのような方に向けて
本当の本音の見つけ方を書いていきますね。


本音には2種類あるんですよ。


すぐに感じる本音と
その下に埋もれている本音。


幸せに生きるために大切なのは
この両方をキャッチすることです。


すぐに感じる本音は
キャッチしやすいですよね。


たとえば、

『会社に感情の起伏が激しい上司がいる。
仕事は好きだけど、
その上司と関わることがほんとうに憂うつで、
どうしていいのかわからない。』

という人の場合を例にあげます。


”私はこの上司が苦手”
”できるだけ関わりたくない”
”いなくなってほしい”


こんなふうにすぐに出てくる本音は
わかりやすいですね。


ちなみに
この本音はネガティブな感情や
乱暴な言葉が自然と出てくることがあります。


どんなものであっても、
自分の中から
自然に湧いてきたものなので
受け入れてOKです。


つづいて
苦手な上司がいるという現状で、
どういう自分でいることができたら、
もっと楽に仕事に向かえるのか、
という本音を知るために自分に質問します。


『私はどうしたい?
私がどうなったらもっと楽に仕事ができる?
今のこの職場で私がどうなったら幸せ?』


こんなふうに自分に問いかけてください。


人は変えることができませんから、
その人がいる前提で、
今の自分の心がどうなったら
もっと楽に仕事ができるのかに
意識をフォーカスします。


大切なことなのでもう一度言います。


相手にどうなってほしいのか
ではなく、
私がどうなったらうれしいか
を自分に問いかけてくださいね。


”無理しないで気分良く仕事をしたい”

”目の前の仕事に集中したい”

”苦手な上司がいても快適に過ごしたい”

などいろいろと本音が出てきます。


つづいて、
その本音を叶えるために
今何をしたいのかを自分に聞いてください。


”無理に上司を好きになろうとしなくていい”

”席を移動しよう”

”一緒にいて心地良い人たちと近い関係でいる”


こんなふうに、
自分がスッキリする感覚を感じるまで
掘り下げてください。


この場合本当の本音は、
目の前の仕事に集中して取り組み、
気分良く仕事したい

です。


今までは苦手な上司に向けて
HSPの能力を発揮していたので、
上司の表情の変化や感情の動きを
敏感に感じとって、
怖れやムカつきなどの不快感情を
感じることが多かったと思います。


本当の本音を知ることができると
この敏感さを
”目の前の仕事に集中して取り組み、
気分良く仕事したい私”に向けられるんですよ。


すると、
HSPの持っている能力が
本音の望みを叶えるために働きはじめます。


HSPが持って生まれた
高い共感力と自己暗示力を味方にして、
自分の望むように人生を
創っていきましょう。


よかったら実践してみてくださいね。


応援しています。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心のお困りごとを解決したい人へ
http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 HSP専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


HSP個別レッスン会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


ささいな注意にすぐ落ち込む部下を持った上司の方へ



先日インターネットニュースで、
”ささいな注意ですぐ落ち込む
部下にはどう接したらいいか”
という内容の記事を読みました。


・若手の部下に
ミスのあった書類の修正を
やんわりとした言葉で伝えたところ、
その部下は顔色が急変し、
呆然としてしまい
話しかけても上の空で
その日は仕事を続けられる状態ではなかった。


・部下に仕事のペースを上げるよう
声をかけたところ、
その部下は返事はするものの、
表情はこわばり
思いつめたような感じになって、
今にも泣きだしそうな雰囲気になっている。


このネットニュースの記事には、
ある企業でのこのような事例が
書かれていました。


この記事で私が感じたことを
今日は書いていきたいと思います。


私はふだん、
ささいなことで傷ついて落ち込んでしまう、
という自分にお困り感を感じている人に向けて
心理セッションを実施しています。


このようなタイプの人は
感受性が強く神経が過敏。


そのため神経過敏でない人であれば
特に反応しないようなことにも
敏感に反応して自分を責めてしまったり、
傷ついたりしやすいんです。


仕事のちょっとしたミスを
指摘された場合、
神経がそこまで過敏でない人は、
とくに気持ちが大きく動揺することなく、
自分のミスと認めながら
「次回は気をつけよう」と
業務を続けることができます。


しかし
感受性が強く神経過敏の人の場合、
仕事のミスと自分の存在が
直結していることが多く、
ちょっとしたミスを指摘されると、
自分の存在を指摘されていると感じて
しまうのです。


そのため、
上司がやわらかい言葉で注意したとしても、
神経過敏の部下は、
自分の存在がダメなんだ、
見捨てられたらどうしよう、
という思考が働いて落ち込んでしまいます。


ふだん自分が傷つくことの少ない上司は、
このような部下の扱いは
どうしていいのかわからず困ってしまうと思います。


傷つきやすく落ち込みやすい部下の心に、
『注意されたことは、
自分の存在を否定されたことではないので、
安心して上司の指示を受け取って大丈夫』

という意識が根づいていくことで
過度に落ち込むことはグッと減ります。


そのために上司は、

● どんなときでも変わらない態度で接する。

● 神経過敏の部下の長所に目を向ける。

● 神経過敏の部下が、
仕事と存在価値を切り離して
考えられるようになるための
研修やカウンセリングの実施。

このようなことを心がけることが大切です。


神経過敏タイプの人が、
起こった出来事と自分の存在を
切り離して考えられるようになると、
人が見落とす小さなことにも
よく気がつく安心して仕事を任せられる人に
変化していくのです。


一人の人材がこのように変化して、
本来持っている才能や能力を
社内で発揮できることが、
本人にとっても、上司や企業にとっても
喜ばしいことだと思います。


ささいなことで落ち込む部下に悩む上司の方、
ささいなことで落ち込む自分にお困りの方、
またはそのような社内の様子にお困りの企業の方、
もしよかったらご相談ください。


超過敏の人の持っている才能や能力が
企業の中で発揮され、
すべてにプラスに働くよう
協力させていただけたらと思います。



お問い合わせ、ご質問はこちらから


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/