頭が悪いと思い込んで自分に自信を持てない人

私は頭が悪い。

だから、こんな私のやっていることが上手くいくわけないし、まして人の役に立つとは思えない。。。

こんなふうにいつも感じていて、行動することをあきらめてしまいます。


本当はあきらめたくないのに、行動できないことがツライ。。。

このような悩みを持ったクライアントさんの心理セッション行うとがよくあります。

この場合、クライアントさんが頭が悪いわけではなく、母親が抱えている劣等感や無価値観をその子供であるクライアントさんが受け継いでいるというケースがほとんど。

劣等感や無価値感を抱えている母親は、自分に自信がありません。

「この子は私に似てデキが悪くて」

「この子は私に似て要領が悪くて」

こんな言葉を使っているお母さんを見かけたことありませんか?

一見謙遜しているような感じですが、これは劣等感や無価値感の現れです。

そして、いつもこれを聞いている幼い子供は、この言葉を鵜呑みにしてしまうんですね。

これが劣等感や無価値感が生まれる原因の一つ。

心理セッションでは、この原因を探り、クライアントさんの中にある劣等感や無価値感を解放していきます。

すると、今まで感じていた『私は頭が悪いから成功できない』から、『私が頭が悪くてもそうでなくても私がやりたいから一生懸命やってみよう』に意識が変化してきます。

すると自分の思いを行動に移すことが自然とできるようになってくるのです。

母親の抱えている心の問題を引き継いでしまったことが、現在の悩みに繋がっているケースはとても多いです。

悩みを作り出す思い込みや価値観が親から子へ引き継がれてしまう世代間連鎖。

こんな世代間連鎖は本人にとって必要ないもので、自分らしく生きる妨げになります。

これを手放していくと生まれ持った本体の個性が輝きはじめますよ。

 

自分らしく生きていきたいのにどうしても人目が気になって自分らしくいられない、というような人も世代間連鎖の影響を受けている場合が多いです。

よかったらご相談くださいね。

【無料メール講座】とても繊細なあなたが 安心して自分の人生を生きる 7つのヒント
生れ持った敏感で繊細な気質を快く活かして、未来を実現していくための無料メール講座 * ご登録はコチラからどうぞ 人と一緒...

個別相談 ・ 体験セッション のご案内
■ すぐ緊張してしまう。■ 人の目が気になって言いたいことを口に出せない。■ 人と一緒にいると疲れやすい。■ 人と自分を比べて焦りや不安を感...