少しの変化に気付くことができる人ほど大きな変化を呼びこむことができる

心理セッションを受けられている方で、
ほんの少しの自分の変化に気付く人は
大きな変化が出やすいです。

逆にほんの少し変化したくらいでは
私はまだまだダメだ!という人は
変化に時間がかかりやすい。

体質や性格が十人十色のように
変化への過程も人それぞれなので、
どちらが良くて
どちらが悪い
ということではありませんが、

少し変化した自分を喜ぶことが
できた方が幸せな感じはします。

大きく変化するときって
3歩進んで2歩下がるような感覚なんですよ。

なにがあっても着実に良い方向に
向かっていることを実感しながら、

下がったと感じたらそんな自分も認め、
それでも安心していられる感じなんです。

これができるようになると
ステージが変わるというか、
格段に心の底上げができています。

すると、
起こった出来事に対して
湧いてくる感情が変化します。

そして行動も変化するんですね。

自然と望む方向に進んでいます^^

逆に少し変化したくらいでは
自分はまだまだダメだ。
と、変化しても自分を認められない人の場合。

変化できた自分よりも
他の誰かの理想である自分
を意識しています。

誰かが理想としている自分に
なれてないと感じる自分を責めている状態。

ここに気が付いて
誰かの理想の自分になるために
生きていることを
心の深ーいところと身体で感じること。

心と身体が訳のわからない
グヮングヮンした感じに
なったり。

自分の中にこんなものがあったんだ、
とビックリするような
悲しみ、怒り、怖さ
が出てきたりします。

これは
小さなころから今まで溜めこんできた感情。
いわゆるインナーチャイルドと
呼ばれているものです。

まずここを感じることが最初の一歩。

誰かの理想となることが
自分の生き方ではないと
心と身体で腑に落ちた感覚や。

ほんの少し変化した自分を
喜ばしいことだとウキウキする感覚。

どんな感覚を感じている自分も
素敵な未来へ向かっている過程だと
楽しくウキウキしながら
変化していきましょう^^

アメブロ3