繊細なHSPは直感を大切に

人が”本音と建前”を使いわかえていることがわかる。

これは敏感で繊細な気質のHSPの人がよく感じることです。

この感覚があるので、表面的にいいことを言っている人の裏にある、闇のようなものをキャッチして、相手を受け入れられないと感じることがよくあると思います。

非HSPの人よりも苦手な人が多いと感じて、それが悩みになったりもしやすい。。。

でも、これはHSPの生まれ持った能力であり才能なのですよ。

この直観力を人生に活かしましょう。

世の中に必要なものがわかったり、お客さんが望んでいることがピンとくる、ということもよくあると思います。

HSPの人は本質を見抜く直観力が高いのです^^

苦手な人が多いことを悩まなくていいんです。

それはあなたの直感が、その人と深く関わらなくてもいい、と教えてくれていること。

もし仕事でどうしても苦手な人と関わらなくてはならないときは、無理に好きになろうとか、好かれようとかするのではなく、苦手なことを受け入れた上でどう関わろうか自分で決めればいい。

無理して好きになろうとしたり、がんばって好かれようとすると、どうしても立ち振る舞いが不自然になったり、ますます緊張してしまいますよね。

HSPの人は自分の本音にも敏感。

自分が思っている以上に自分にウソをつけません。

だから自分の感覚を優先して、人との関わり方を自由に決めていいのですよ。

良い仕事をするためにとても大事なことです。

応援しています。

もしも、自分の感覚を優先することに罪悪感を感じたり、どうしても苦手な人の顔色が気になってしまう、という人はご相談くださいね。

個別相談 ・ 体験セッション のご案内
■ すぐ緊張してしまう。■ 人の目が気になって言いたいことを口に出せない。■ 人と一緒にいると疲れやすい。■ 人と自分を比べて焦りや不安を感...
【無料メール講座】とても繊細なあなたが 安心して自分の人生を生きる 7つのヒント
生れ持った敏感で繊細な気質を快く活かして、未来を実現していくための無料メール講座 * ご登録はコチラからどうぞ 人と一緒...