イライラしている人に心を乱されやすい人へ



こんにちは。坂本純子です。


人の顔色や気分に敏感に反応し、
心を乱されることが多く
困っている人に向けて
今日は書いていきたいと思います。


笑顔で話している
目の前の人に対し、

「この人は笑顔だけど
本当はイライラしている」

と目の前の人の本心を
なんとなく感じとってしまい、


自分の中から怖いという
感情が湧き出て
どう振る舞っていいのかわからず
困ってしまう。。。


このような状態を
経験したことのある人も
いると思います。


いろんなことに敏感で繊細な
エンパスやHSPの気質を持った人
であればなおさらです。


人の顔色や表情のささいな変化から
相手の本音と建前を
敏感にキャッチするたびに、


自分の中から困った感情が
自然にでてきて
どうしていいのかわからないと
感じている人も
多いと思うのですが、


そのような人は、
イライラしている目の前の人と
自分は別の人間だ、という
心理的境界線を心の中で
ひけるようになると、
人と楽に関われるように
なっていきます。


まずはいろんなものを敏感に
感じとることと、
それによって自然に出てくる感情を
分けて捉えてみてください。


敏感に感じとるから
困っているというよりも、


敏感に感じたことで
心の土台にあるものが反応して、


自然にわいてくる感情や
反射的にとってしまう行動や言葉に
困っているのだと思います。


人の顔色から
その人の感情や気持ちを
敏感に読み取り、
それがどんなものであっても
自然体でいられる人も
いるのですよ。


自分の中から
自然に沸いてくる感情や気持ちは
人それぞれです。


イライラしているのは
相手の心の問題。


それを目の前にして
怖くてどうしていいのか
わからなくなってしまうのは
自分の心の問題。


怖くてどうしていいのか
わからなくなり、
ぎこちなく振る舞ってしまうのは、


今の心の状態がそうさせて
いるのであって
それが本当の性格ではありません。


心の土台が変化していくと
イライラしている人を目の前にして
怖いと感じたとしても、
怖いと感じた自分で
自然体でいることができるように
なっていきます。


まずは
イライラしているのは
相手の問題であって
私の問題ではない、
と感じてみてください。


それでもどう振る舞っていいのか
わからなくて困ってしまう人は、
よかったらご相談くださいね。


敏感に感じるその気質を
プラスに活かして生きていけるよう
協力させてください。




心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会(オリエンテーション)を実施しています。

説明会 ・ 体験セッション のご案内
-説明会のご案内- 心理セッションを受ける前に 説明会(オリエンテーション)&傾聴カウンセリング を実施しております。...


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

エンパス・HSP専門心理セッションプログラム
人の感情や環境に左右される 高い共感力を持った 敏感で繊細な気質の エンパスやHSPの人が、 生まれ持ったその能力と 上手...