先延ばしぐせ 一覧

やる気が出なくて困っている人へ



やる気が出なくて困っている
という人に向けて書いていきます。


本気でやりたいと思っているのに、
心からできるようになりたいのに、
やる気がでないとツラいですよね。


まずこちらをお読みください。


『「私は何をやってもうまくできない」
という無価値観と、
感情的な上司に気持ちを乱されることが
嘘のようになくなりました。


心の奥にあった私が本当に言いたかったことや、
本当の気持ちに気がついて、
「私は大丈夫だ。前に進もう。」と
気持ちではなく魂から思えています。


1回のセッションで一番つらかった
心の足かせがはずれたので、
今自分のペースでやれています。


ありがとうございました。』


これはクライアントのAさんからいただいた
セッション後のご報告です。


Aさんには
「私は何をやってもうまくできない」
という思いグセが心に根づいていました。


この思いグセが今の自分にとって
生きやすいものになるよう
セッションをすすめていきました。


それにより、
Aさんが持っている本来の力が
引き出されていきました。


「私は何をやってもうまくできない」
という思いグセがあると、
やる前からあきらめてしまいます。


”あきらめ”は自分でも自覚がないまま
やりたいのにやる気が出ない
という状態を作りだします。


Aさんの行動にブレーキをかけていたのは、
まったく自覚のない思いグセでした。


うまくいかない行動パターンは、
心の根っこにある思いグセが
影響している場合がほとんどです。


この思いグセと
思考パターンに気がつき、
”私はこれをやりたい”
という本音をキャッチできるようになると、
自分で考えて行動できるように
自然となっていくのです。


今自分でも困っている
行動パターンや思考のクセは、
生まれ持った気質でも
運命のようなものでもありません。


生れてから今までに起こった出来事や、
人とのつながりや環境の中で感じたことが
自分に大きな影響を与えて、
今の状態をつくり出しているんです。


そしてこれらは、
心の根っこに後付けされたものなので
変化させることができます。


まずは自分の思考パターンに
気づくことが大切。


意思の力でがんばっても
思うように行動できない。


やる気や意欲がわかない。


本を読んだりセミナーに行って
頭では十分理解しているのに、
うまくいかない。


このようなことに困ったら、
行動しようとするとどんな気持ちや感情が
自然に湧いてくるのかを
ていねいに感じてみてください。


湧いてきた気持ちや感情を、
受け止めて認めてあげてください。


感情と意識と行動のしこりがなくなり、
この3つが一致すると
自然と行動できるようになります。


自分で決めて意欲的に行動できると
気分がいいので自然とやる気がでてきます。


この感覚が自信にもなるのです。


ひとりでやることが
むつかしいと感じたら
よかったらお手伝いさせてくださいね。


応援しています。





■【受付中】9/15(土)14:00 HSP・エンパス勉強会

繊細で傷つきやすい自分と上手につきあって自己実現するために

詳しくはこちらをご覧ください。


■【受付中】9/23(日)14:00 未来実現のお話会 

*継続セッションを受けられた方に向けたお話会です

詳しくはこちらをご覧ください。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



個別相談&体験セッションを実施しています。
http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


何をやりたいのかわからなくて苦しい、という人へ



好きなことを仕事にできたら
きっと幸せなんだろうけど、
何をしたいのか自分のことがわからない、
という人もいるのではないでしょうか。


現在の生活に、
このままでいいのか
という不安を感じながらも、
自分のやりたいことがわからなかったり、
どうしていいのかわからない、
という気持ちを抱えているのは
苦しいものです。


このような人の場合、
過去の「本当はこうしたかった」
という気持ちや感情が満たされないまま
自分の中に残っていることが、
今の状態を生み出しているという
ケースがほとんどです。


たとえば、
小さな子供のころに、
「お母さんに話を聴いてもらいたかったけど、
お母さんは忙しいからいつもガマンしていた。」
という人がいるとします。


この場合、
本当は話を聴いてもらいたい、
という満たされない思いがあって、
それと同時に
悲しみやさみしさなどの感情も
誰にもわかってもらえないまま
自分の中に閉じ込められています。


このような
「本当はこうしたかった」
という過去の思いと感情に気づいて、
それを受け入れていくことで、
「私はこうしたい」
という本音が浮かび上がってきます。


何をやりたいのかわからないという今の状態は、
「私はこうしたい」という思いが
過去の「本当はこうしたかった」
という思いの下に埋まっているからなんです。


なので、
過去の「本当はこうしたかった」に
どんどん気づいて手放していけば、
「私はこうしたい」という本音や意思を
感じられるようになっていきます。


やりたいことがわからないのは、
あなたが夢や意思のない人間ということではなく、
過去の思いに夢や意思や本音がフタされている
状態だということです。


そして、「私はこうしたい」
とい思いの元、
それを実現しながら
生きていけるのです。


過去の
「本当はこうしたかった」
ということを思い出してみてくださいね。


もしひとりでうまく思い出せない、
という人は
よかったらご相談ください。


一度きりの人生、
自分の本音にしたがって
気持ちよく生きていきたい
というみなさまを応援しています。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


行動する意欲がわかないとき



行動したい、
実行したい
と思っているのに
意欲が湧かなくてできない、
という人に向けて書いていきます。


まずはこちらの、
クライアントさんからいただいた
セッション後のご報告をお読みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ずっと感じていた「何もできない自分」
という罪悪感と
繰り返し夢に見ては泣くことが、
嘘のように全くなくなりました。


心の奥の本当に言いたかった
気もちが出せて(気が付いて)
「もういいんだ。次に進もう」という、
マインドではなく魂から納得できたようです。


1回だけでつまづいてた部分が解消されたので、
今は、自分のペースで頑張っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


このクライアントさんには
「私は何もできない」という思いグセが
心の根っこに根づいていました。


そこに気がつき、
この思いグセを今の自分にとって
生きやすいものに変えていくための
セッションを行いました。


それにより、
潜在意識が変化したことで、
本音、意識、行動が一致するようになり、
実行する意欲が湧いてきたのです。


この方の行動にブレーキをかけていたのは、
本人にもまったく自覚のない
「私は何もできない」という思いグセでした。


実は以前の私も同じようなものを
心の根っこに抱えていました。


それは

「私はひとりで何もできない」

という思いグセ。


自分で決めたことを成し遂げたいという
強い思いがあるにもかかわらず、
目の前のことに取り組む意欲が湧かず、
思考が働きませんでした。


だから助けてくれそうな人や
協力してくれそうな人をいつも探していました。


目の前のことに取り組むエネルギーを
人に頼ることに使っていたんです。


自分で決めたことなのだから、
意欲的に取り組むことが
自分の世界観を実現する一番の近道なのにね。


本当は自分でやれる能力も
可能性も持っているのだから。。。


この思いグセと
思考パターンに気がついて、
自分の力でやり遂げたい
という本音をキャッチできるようになったら、
自分で考えて自分で行動できるように
自然となっていきました。


うまくいかない行動パターンは、
心の根っこにある思いグセが
影響している場合が多いのです。


これは
生れ持った気質でも
運命のようなものでもありません。


生れてから今までに起こった出来事や
家族との関係や環境の中で強く感じたり、
何度も繰り返し感じた感情が
今の自分に大きな影響を与えているのです。


そしてこれらは、
心の根っこに後付けされたものなので
変化させることができます。


まずは自分の思考パターンに
気づくことが大切。


意思の力でがんばっても
なかなか思い通りに行動できない。

行動する意欲がわかない。


このようなことに困ったら、
行動しようとするとどんな気持ちや感情が
自然に湧いてくるのかを
ていねいに感じてみてください。


ひとりでやることが
むつかしいと感じたら
よかったらお手伝いさせてくださいね。


自分で決めて意欲的に行動できると
気持ちがいいものですし、
この感覚が自信に繋がっていきます。


応援しています。






◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


何をするにもゆっくりな自分に自信が持てずに困っている人へ



今日は、
何をするにゆっくりで時間がかかってしまう自分に
自信が持てなくて困っている人に向けて
書いていきたいと思います。


実は私もゆっくりな人間で、
一つのことをやり遂げるまで時間がかかるので、
1日24時間では足りないと思うことがよくあります。


集団行動がスタートした小さな頃から
着替え、移動、準備、勉強、食事など
すべてにおいて周りの子たちよりもゆっくりでした。


給食も時間内に食べ終わらないので、
よく居残り給食をさせられていた
幼稚園時代の苦い記憶がまだ私の中に残っています。


とにかく日常生活のいろんなことに
時間がかかるので、
手付かずになっていることや
やり残してそのままに
なっていることがよくありました。


そんな自分のことを、
みんなができることのできない
何かが欠けた中途半端な人間だと感じて
いつもうっすらと劣等感を抱えていたんです。


周りを見わたすと、自分以外のみんなは、
理解力が高く物事のすすめ方に無駄がなく
効率よくテキパキとやっているように見えました。


私もそうならなくてはいけないと思いながらも、
どう努力していいかわからないし、
自分なりにがんばってもそうなれないことがツラかったです。


何をするにゆっくりで時間がかかってしまう自分に
自信が持てなくて困っている人は、
このように苦しんでいるのではないでしょうか。





ここからは、
ゆっくりな人たちがどうしたら
安心して楽に生きていけるのかを
書いていきたいと思います。


自分の内側と対話しながら
ゆっくりと読み進めてください。


➀ ゆっくり行動する自分は何を大切にしていたいですか?

パワフルな人、完璧をもとめる人、冒険が好きな人、
楽観的な人、穏やかな人、自由を好む人
挑戦することが好きな人、のんびりした人 など、
世の中にはいろんなタイプの人がいます。


行動がゆっくりというのもそういったタイプのひとつ。


どのタイプがいい、悪いということではなく
それぞれが大切にしたい価値観を持っており、
自覚はないかもしれないけれど、
その価値観を表現しながら生きています。


● ひとつのことにじっくりと取り組み、
 ていねいに進めていきたい。

● 自分の想いや気持ちを込めて行動したい。

● 目の前のことをじっくり味わい感じたい。

● 自分と人の気持ちや感情を大切にしたい。


これらは私のカウンセリングを受けられた
ゆっくりなタイプの多くの人たちが
大切にしたいとおっしゃっていたことです。


物事のすすめ方に無駄がなく効率的に
テキパキと行動していく合理的なタイプの人に憧れながらも、
実はじっくりとひとつのことにていねいに
取り組むことが好きだという人が多いんです。


人の気持ちや感情も大切にしたいので、
物事をすすめるときに、
効率的にスピーディにやることよりも
そこに関わる人の気持ちや想いにも意識が向き、
行動がゆっくりになりやすいです。


あなたが大切にしたいことをあらためて
意識してみてくださいね。


➁ ゆっくりな自分が本当に困っていることは何か?

私が困っていたことを挙げていきます。


● ゆっくりな自分を人が見てどう思っているのか気になって
 いつも焦っていた。

● 人に遅れをとらないことが
 自分の中で最優先となっているので、
 周りの人の進み具合ばかりが気になって
 目の前のことに集中して取り組むことや
 じっくりと考えてすすめていくことが手薄になりがち。

● ゆっくりな自分をダメだと感じることで
 自然に湧いてくる悲しみや
 自分に対して腹が立つような感情を日常的に感じていた。


このようなことがよくありました。


ゆっくりなことや時間がかかることよりも、
その自分を人と比べたり、
そんな自分が人からどう見られているのかが気になることで
自然に湧いてくる感情や集中力や思考力の低下に困っていました。


あなたがお困り感を感じていることは何ですか?


じっくりと自分の心を向き合ってみてください。


➂ ゆっくりな自分をダメだと感じる理由


子どもの頃、
「どうしてみんなみたいにできないの!」
「どうしてそんなに遅いの?」
「速くできるようになりなさい!」
とよく親から言われていませんでしたか。


このようなことをよく言われていたとしたら、
みんなみたいにやれるようになること、
速くできるようになることが
良いことなんだという思い込みが心の根っこに根づきます。


そして、
そうできない自分がダメなんだと思ってしまい、
小さなころのその思いが
大人になった今も影響して
ゆっくりな自分がダメなんだと
自分を責めてしまうのです。


また、ゆっくりやっていると
親からものすごく怒られたり、
乱暴な扱いを受けたりしたことがある場合、
大人になった今も
ゆっくりやっていると周りの人から怒られたり、
否定されたりしそうで怖い、と感じてしまいます。


無意識に周りにいる人たちに親を投影して
反射的に恐怖の感情が湧いてくるのです。


そんな自分を社会性のない弱い人間だと感じて、
さらに自分にダメ出ししてしまうこともあります。


➃ 心の根っこに根づいた思い込みを手放す

➂でお伝えしたように、
子どもの頃から言われ続けたことは
心の深いところ(心の根っこ)に根づいていきます。


だけどこれは真実ではありません。


これが腑に落ちると、
早くやることよりも自分が大切にしたいことを
優先できるようになってきます。


みんなみたいにできることがいいこと、
速くできることがいいこと、
という価値観は本来のあなたのものではなく、
親がそう思っていたことであり、
あなたも同じ価値観を持つ必要はないのです。


➀で感じたあなたが大切にしたいことを
あらためて思い出してみてください。


大人になった今、
ゆっくりな自分に対して怒る人はいないと
頭ではわかっているのに、
どうしても不快な感情が湧いてきて
そんな自分をどうにかしたい、と思っている人も
少なくないと思います。


そのような不快な感情が湧いてきたときは、
ゆっくりと深呼吸したあと、
今私はどうしたい?と自分に質問してみてください。



ここまでお読みいただいて、
ゆっくりな自分に自信をなくして困っている人の悩みは
人と自分を比べたり、
人の目を気にしていることが元になっており、
その元は自分以外の人の価値観の
影響を受けているということに
気づいていただけたと思います。


ゆっくりな人は効率的になることよりも
心で感じることを大切にしている情緒的なタイプ。


タイプにいい悪いはありません。


ゆっくりと行動する自分にOKを出せるようになると、
自然と湧いてくる感情や表情やが変化して
物事の捉え方も前向きになってきます。


その雰囲気に周りの人が反応して
あなたへの態度や関わり方も変化してきます。


このようなことが自覚なく起こりはじめ、
今よりももっと楽に人と繋がれるように
なっていきます。


今自分はどうしたいのか、
何を大切にしたいのか、
をまず感じてみてください。


自分に正直になり、かつ人と繋がる


これを意識してくださいね。


もしどうしてもゆっくりな自分を責めてしまう、
ゆっくりな自分を好きになれない、という方は
よかったらご相談ください。


あなたが本当に大切にしたいことをキャッチして
誰の影響でもない本来のあなたが感じたことを
形にしながら進んでいけるよう
お手伝いさせていただきます。


自分の心地よいペースを大切にしながら
本来の可能性や才能を気持ちよく発揮できるよう
応援しています。




◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


やりたいことがあるのに一歩が踏みだせなくて困っている人へ



やりたいことがあるのに、
そのための一歩がなかなか踏みだせない。。。


こんなときって、
行動できない自分のことを
ダメな人間だと思ったりして
苦しいものです。


たとえば、
好きなことを仕事にしたくて、
そのための勉強をしたいのに、
どうしても勉強に意識が向かない
といった状態のときってありませんか。


心がいつもモヤモヤしてたり
漠然と不安を感じていたりして
気持ち悪いんですよね。


この状態のとき、
意志の力でがんばって一歩を踏みだしてみたら、
スラスラと前に進めるかもしれないので、
思いきってスタートしてみるといいと思います。


でも、そうじゃない人の場合・・・。


たとえば、

がんばって一歩を踏みだしたいのに
どうしても身体が思うように動かない。

思いきって一歩を踏みだしたのに、
集中できなくて長続きしない。


このような場合、
あなたの意志が弱いからでもなく、
あなたに能力がないというわけでもなく、
心の根っこに根づいている思いグセが
影響している可能性が高いのですよ。


その思いグセとは

・自由に行動してはいけない

・ありのままに行動してはいけない

このようなものが多いです。


思いグセは、
無意識に心や身体に影響を与えている
自分では自覚のないもの。


潜在意識レベルの深いところに
入っているものなので、
自分で感じることがむつかしいんです。


やりたいことがあるのに
そのための一歩が踏みだせなくて
困っている人は、
小さな子供の頃から
自由に振る舞えなかったり、
自己主張できなかった、という人が
多いんですよ。


なぜなら、
自由に振る舞ったり
自己主張しようものなら
お父さんやお母さんから
怖い思いをさせられたり、
ぜったいに受け入れてもらえなくて
悲しい思いをするから。


幼いころに
お父さんやお母さんに
怖い思いをさせられないよう自分を守るために、
ありのままに自由に行動するのはやめよう、と
決めたことが、
大人になった今も影響して
行動に制限をかけてしまっているんです。


もしも、思い当たる人は
この記事に書いてあるワークをやってみてください↓
人と関わることが苦手で疲れやすい人が自然体でいられる方法



もう一度言いますが、
あなたが今思うように動けないのは
あなたの意志が弱いからでもなく、
あなたに能力がないというわけでもありません。


自覚のない目に見えない心の足かせが
行動に制限をかけている状態なので、
その足かせを外してあげれば
自然と動けるようになります。


人ってできることしか
やりたいと思わないので、
やりたいと思ったことは、
できるのですよ。


本気で行動したいと思っているのに、
どうしても動けなくて困っている、という方は
よかったらご相談くださいね。


応援しています!





◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


どうしたらいいのかわからない、とよく感じる人へ



どうしたらいいのかわからない

どう生きていいのかわからない


このような思いを抱えて
先に進めなくて苦しい、
と感じている人に向けて書いていきます。


行動したいのに動けないって
ツラいですよね。


このような思いを抱えている人は、

どうすることが正解なのか。
どう生きることが正解なのか。

という意識が心の深いところにあって、
先に進むことに恐れを感じています。


自然に湧いてくる感情や思考を
生み出す大元になっている心の根っこが、
無意識に『正解』を望んでいるので、


自覚のある意識では
「行動しなければ」「先に進みたい」と
思っているのにうごけなくて、
どうしたらいいのかわからない
というモヤモヤした状態を創りだすのですよ。


そしてこの状態が続くと、
行動できない自分を責めてしまいます。


私の能力がないから・・・とか、
これが私の実力なんだ・・・とか、
またはこれが私の運命なんだ、
とまで思ったりして。。。


この状態は苦しいですよね。


でも、ご安心ください。


今の状態があなたの最大の能力でも、
実力でも、ましてや運命でもありません。


今どうしたらいいのかわからなくなっているのは、
子どものころに繰り返し感じたことの影響なんです。


小さな子どものころ親に向けて

どうしたらほめてもらえるか
どうしたら受け入れてもらえるか
どうしたら大切にされるのか
どうしたら怒られないか
どうしたら喜んでもらえるか

こういったことの正解を、
いつも考えていたことが、
大人になった今も思考の習慣として
心の根っこに根づいていることが
今のどうしていいのかわからない
生み出しているのですよ。


大人になった今、
無意識に周りの人に親を投影して
認めてもらうためや怒られないための
正解を探して行動するのは
本当のあなたの生き方ではありません。


今感じているどうしていいかわからないは、
心の根っこと本当のあなたの生き方との
ギャップから発生しているので、
このギャップが埋まり
心の根っこと本当の生き方が一致すると、


心から望むことに向かって
思考や感情が自然と出てくるので
楽に行動できるようになっていきます。


あなたが無意識に望んでいた
生き方の正解というものは幻想です。


あなたが生きてて良かった、と感じたり、
喜びや幸せだなぁ、と感じられたら、
それが正解。


社会の常識や、世の中の一般的な価値観に
自分が当てはまっているかどうか
という基準ではなく、
自然と自分の中から湧いてくる感覚を
最優先に大切にしてください。


その感覚があなたにとって
心地よさを感じるものなら
それがあなたにとって正解です。


どうしたらいいのかわからない
出てきたら、
自分の感じる感覚を中心にして
行動を選んでいきましょう。


やりたいことがあるとき、
サッと行動に移している自分を
イメージしてみてください。


心から自然とどんな声が出てきますか?
身体の感覚はどんな感じですか?


続いてもうひとつイメージしてください。


やりたいことが出てきても

行動に移すことは
私にとって正解なのだろうか。
やり始めてしまって大丈夫なのだろうか。
それをやっている自分は人の目に
どう映るのだろうか・・・。

のようなものが自分の中をグルグル廻り
なかなか行動できなかった今までの
感覚を思い出してみてください。


心から自然とどんな声が出てきますか?
身体の感覚はどんな感じですか?


この2つの感覚のどちらを
選ぶかはあなた次第ですが、
心地良さを感じるほうが、
本当のあなたの生き方です。


もし、自分の感覚がわからない、
自分の感覚に従うことに抵抗がある、
という方はよかったらご相談くださいね。


あなたが自分で気がついていない
心の根っこにあるものをひも解いて
本当のあなたの人生を生きていけるよう
協力させていただきます。


応援しています。





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


やる気が出ずに先延ばししてしまう人へ

こんにちは。坂本純子です。

やる気がでずに
目の前の仕事や期日が決まっていることに
取りかかることができず
困っている方に向けて書きます。

生きていればいいことも悪いことも
起こりますよね。

それと同じように、
やる気があるときとないときがあって
当然なのですが、

やる気の低迷が続き、
不安やあせりばかり感じているのに
必要なことに取りかかることができない。。。

こんな状態の方の参考になればと思います。

特に経営者や自営業者の方にとって
やる気がでないことはものすごく
ツライことですよね。

自分のやる気が事業の成果に直結したり、
人に良くない影響を与えることもありますし。

そんなときやる気を出すために
いろんなことをやられていると思います。

気分を変えるためや
自分を奮い立たせるために
読書や旅行、人と合うなど、
様々な方法を試してみたりと・・・。

でも、一瞬でたやる気が
継続できなかったり、
何をしてもやる気が起こらない人は、

人から認められることや
誰かを見返すことを目的として
いませんか?

事業で成果を出し
他者から高い評価を得ることが
目的になっている
経営者や自営業者の方や、

スゴイ人だ!という称賛や
羨望の目で見られたいという思いが強い人も
そんなタイプです。

このように人から高い評価を得るために
がんばっている場合、
目標を達成するために
がむしゃらにがんばれるんです。

がんばっていないと評価されないとすら
感じているので。

そしてものすごくがんばって
目標を達成できたとき、
人から高く評価されているかどうかが
この方たちの気になるところ。

でも、
人が高く評価してくれたかどうかなんて
よくわかりません。

わざわざ口に出して褒めてくれる人は
そうそういないのでね。

なので、次から次へと新たな目標を掲げて
つねに人から高い評価を得続けるために
がんばり続けます。

しかし、35才も過ぎてくると
だんだんと体力、気力とともに
低下してくるんですよ。

すると若いころにように
ムリがきかなくなってくるので
そんな自分にムチ打ってがんばる。。

でもホンネはがんばることがツラくて
やる気もでなくて
人から評価されない自分には
価値がないと感じてしまう(涙)

これが長く続くと心の病に繋がることも
あります。

人から認められることや
誰かを見返すことを強く望み、
そのためにがむしゃらにがんばるのは
その人本来の性格ではありません。

そうしなければならない理由が
その人の心の深い部分に
根づいていることがほとんど。

この心の深い部分にある理由が、
自分の才能や可能性を広げることが楽しい、
努力することが心地良い、
努力して成果が出るとうれしい、
というようなものに変化していくと、

楽しくうれしい感情を感じるために
やる気がでてきます。

ツライことよりも楽しいことの方が
前向きに取組めますよね。

最近やる気がでないことが続いており、
困っている方は、
自分ががんばっている理由を
思い出してみてください。

もし、人からの高い評価を得ることが
あなたのがんばる目的となっていたら、

がんばって望む成果を出したときに、
あなたの感じる達成感や優越感ではなく、
その成果によってあなたの周りや
お客様に与える良い影響のことを思ってみて。

どんな感情が自然と湧いてきますか?

そこをじっくり感じてみてください。

がんばる目的をちょっと別の方向に
向けるとやる気にも変化がでてきますよ。

それでもやる気がでない方は
ご相談ください。

じっくりお話を聴かせていただきながら
あなたの心の深い部分に根付いている
やる気のでない原因をひも解いていきます。

あなた本来の才能や魅力を
気持ちよく発揮して
目の前のことに
すいすい取り組むことができるよう
よかったら協力させてくださいね。

自分の資源をよりよく世に表現して、
本来の自分で生きていくことが
たくさんの人の幸せに繋がっていく。

そんな生き方を選んだ
経営者や自営業者の方を
心から応援しています。

flowers-164754_1280