自己主張の強い人が苦手な人へ

強く自己主張する人が苦手、
自分の考えや思いを強く主張する人
との会話が苦手という人に向けて
書きますね。

仕事で自己主張の強い人と関わらなくては
ならないとき、
憂鬱な気分になりませんか。

なるべくなら関わりたくないと
思います。

でも仕事なのでそういうわけには
いかないので、こういう苦手なタイプの
人と関わるときの意識の持ち方に
ついて書きますね。

まず
価値観や対人感覚は人それぞれ違う、
ということを意識してください。

あなたの意見に対して
相手が反論しているのは。

あなたを否定しているわけではなく
拒絶しているのでもなく
意見を言っているのです。

提案しているのかもしれません。

人は自分と同じ価値観の人ばかりでは
ありませんよね。

あなたのように
相手の気持ちを大切にしながら、
的確な言葉を選んで
意見を伝えることを重要視している人。

あなたの目の前の人のように
よい結果を生み出すことが重要で
そのためにはいろんな意見を
出すことが当然という人。

いろんな人がいます。

まずそこを理解した上で、

自分と相手に境界線をしっかりと
ひきましょう。

私は私
相手は相手
別々の人間

という境界線です。

相手は私を否定しているのでも
拒絶しているのでもなく、
自分の意見を言っているだけ。

これが腹の底から腑に落ちると
対人関係がものすごく楽になります。

たとえ意見の食い違いで
モメたとしても
それさえも楽しいと感じるように!

あなたは自分の意見や思いを
自分らしい言葉で
相手に伝えることに
集中するだけでOK。

そうなると、
相手との信頼関係も
築くことができますし、
よい結果を生みだしやすくなるんです。

相手と自分の間に
太い境界線を引いてください。

私は私
相手は相手

これが潜在意識にストンと落ちると
あなたの人間関係、
ものすごく楽しいものに
なっていきます。

意識してみてくださいね。

ひとりでやるのがむつかしいときは
ご相談ください。

一度腑に落ちると
一生ものですから^^

tulips-1261142_1920