心の根っこに根付いている思いグセにはどんなものがあるのか

仕事でやらなければならないことが
たくさんあるのに、
身体がだるくて何も手につかない・・・

だからと言って
休んでいても焦りばかりが募り
そんな自分はダメな人間だと思ってしまう。

こんな自分から抜け出すことができなくて
困っています。

前回このような悩みを抱えて困っている人に
向けての記事を書きました。↓

あわせて読みたい
やることがたくさんあるのに行動に移せないときは
やることがたくさんあるのに行動に移せないときは「 仕事でやらなければならないことがたくさんあるのに、身体がだるくて何も手につかない・・・だからと言って休んでいても焦りばかりが募りそんな自分はダメな人間だと...

この記事で、
やりたいことや
今やる必要のあることに
取りかかることができない理由として、

心の根っこに根付いている
「思いグセ」「思い込み」が
本音にフタをしているから、と
説明していきました。

今日はその「思いグセ」「思い込み」に
フォーカスして、

無意識に自分の行動を制限させる
「思いグセ」「思い込み」について
書いていきたいと思います。

やりたいことがあるのに行動に移せない、
休みたいのに休むことに罪悪感を感じる、
いつも焦っており心が安らぐことがない。

このような感覚を感じている方の
ほとんどは以下の
「思いグセ」「思い込み」が
心の根っこに根付いていることが多いです。

1.完全でなければならない

2.一生懸命努力しなければならない

3.他人を喜ばせなければならない
(他人を満足させなければならない)

4.急がなければならない(早くしなければならない)

5.強くなければならない

これらは5つのドライバー(駆り立てるもの)
と呼ばれているもので、

この意識は行動することで生まれる感情を
感じなくさせるために
心の根っこに根付いています。

1~5までの文章をお読みになって、
自分の心が反応した方も
いらっしゃるかと思いますが、
いかがでしたか。

この思いグセや思い込みは
成長過程で親や環境の影響を受けて
心の深い部分に根付いたものです。

生まれ持った性格ではないので、
潜在意識に働きかけて
変化させていくことができるのです。

そのために心理セラピーは
有効な方法ですので、
よかったらご活用ください。

038179

目次
閉じる