【読売新聞「大手小町」掲載中】『「HSPだから何?」職場の言動で気をつけたいこと』

こんにちは。坂本純子です。

先日取材の依頼をいただいた読売新聞「大手小町」の記事。

現在公開されています。

「大手小町」は、働く女性を応援する情報サイト。

「職場の同僚の ”私はHSPだから” のアピールにうんざり」という投稿をもとに、いろいろとお伝えしているので、よかったらご覧ください。

大手小町
「HSPだから何?」職場の言動で気をつけたいこと 最近増えている「HSPだから」とアピールする人。職場ではどんなことに注意すればいいのでしょうか。カウンセラーの坂本純子さんに聞いてみました。
目次

記事の内容

そもそも、HSPとは何なのでしょうか。

「HSPレッスン~繊細な人の対人関係の磨き方講座」を主催する心理カウンセラーの坂本純子さんによると、「HSPとは、生まれ持った気質で、光や音、人の表情などの五感の刺激に敏感で、影響を受けやすい感受性豊かな人たちを指します」。さらに「統計的には、2割近くの人がこの傾向があると言われており、逆に言えば、8割の人が気にならないのだから、『何が問題?』と言われてしまいがち。繊細な人の中には、この言葉が登場したことで、『私の生きにくさの正体はこれだったのか』と気づいた人は多いのです」と話します。

自称HSPにうんざり なぜアピールする?

発言小町に投稿してきたトピ主の「ザラ」さんは、会社の同僚である30代女性からの「私はHSPだから」というアピールに困惑しています。休憩時間に女性上司の話になった時、その同僚は「上司が冷たいので悲しくなる」「私がHSPだから、嫌っているんだ」と言って譲らなかったそう。その同僚は、医師やカウンセラーに相談したわけではなく、本を読んで自分に当てはまることが多いと気づいたそう。トピ主さんから見た彼女は、内気というより、周囲の女性と普通に話し、男性社員に“ぶりっ子”をしていることも。「『HSPだから傷つけないで』『HSPだから優しくして』と強要されているようでうんざりしています」「でも、迂闊(うかつ)なことを言って逆恨みされたくない。恨まれずにさりげなく距離を置きたいのですが、どうしたらいいのか……」と相談しています。

この投稿には、約40件の反響(レス)がありました。

 

続きはこちら↓

大手小町
「HSPだから何?」職場の言動で気をつけたいこと 最近増えている「HSPだから」とアピールする人。職場ではどんなことに注意すればいいのでしょうか。カウンセラーの坂本純子さんに聞いてみました。

 

あわせて読みたい
個別相談&体験セッション ■ すぐ緊張してしまう。 ■ 人の目が気になって言いたいことを口に出せない。 ■ 人と一緒にいると疲れやすい。 ■ 人と自分を比べて焦りや不安を感じてしまう。 ■ みんな...
あわせて読みたい
個人セッション・HSP個別講座 ●  周りの目が気になって、言いたいことを口に出せない ●  いつも焦りや不安を感じてしまう ●  このままの自分で終わりたくない ●  自分に自信を持てない ●  すぐ緊張し...
あわせて読みたい
【無料メール講座】とても繊細なあなたが 安心して自分の人生を生きる 7つのヒント     生れ持った敏感で繊細な気質を快く活かして、未来を実現していくための無料メール講座 * ご登録はコチラからどうぞ   人と一緒にいるだけでグッタ...
あわせて読みたい
HSPの特徴とその敏感な気質を活かすために必要なこと     【他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法があるのです。】 - 長時間人といるとグッタリと疲れる。 - 集団や人混みがとても苦手。 - 相手の顔色が気になっ...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる