劣等感のお悩み 一覧

どうしたらいいのかわからない、とよく感じる人へ



どうしたらいいのかわからない

どう生きていいのかわからない


このような思いを抱えて
先に進めなくて苦しい、
と感じている人に向けて書いていきます。


行動したいのに動けないって
ツラいですよね。


このような思いを抱えている人は、

どうすることが正解なのか。
どう生きることが正解なのか。

という意識が心の深いところにあって、
先に進むことに恐れを感じています。


自然に湧いてくる感情や思考を
生み出す大元になっている心の根っこが、
無意識に『正解』を望んでいるので、


自覚のある意識では
「行動しなければ」「先に進みたい」と
思っているのにうごけなくて、
どうしたらいいのかわからない
というモヤモヤした状態を創りだすのですよ。


そしてこの状態が続くと、
行動できない自分を責めてしまいます。


私の能力がないから・・・とか、
これが私の実力なんだ・・・とか、
またはこれが私の運命なんだ、
とまで思ったりして。。。


この状態は苦しいですよね。


でも、ご安心ください。


今の状態があなたの最大の能力でも、
実力でも、ましてや運命でもありません。


今どうしたらいいのかわからなくなっているのは、
子どものころに繰り返し感じたことの影響なんです。


小さな子どものころ親に向けて

どうしたらほめてもらえるか
どうしたら受け入れてもらえるか
どうしたら大切にされるのか
どうしたら怒られないか
どうしたら喜んでもらえるか

こういったことの正解を、
いつも考えていたことが、
大人になった今も思考の習慣として
心の根っこに根づいていることが
今のどうしていいのかわからない
生み出しているのですよ。


大人になった今、
無意識に周りの人に親を投影して
認めてもらうためや怒られないための
正解を探して行動するのは
本当のあなたの生き方ではありません。


今感じているどうしていいかわからないは、
心の根っこと本当のあなたの生き方との
ギャップから発生しているので、
このギャップが埋まり
心の根っこと本当の生き方が一致すると、


心から望むことに向かって
思考や感情が自然と出てくるので
楽に行動できるようになっていきます。


あなたが無意識に望んでいた
生き方の正解というものは幻想です。


あなたが生きてて良かった、と感じたり、
喜びや幸せだなぁ、と感じられたら、
それが正解。


社会の常識や、世の中の一般的な価値観に
自分が当てはまっているかどうか
という基準ではなく、
自然と自分の中から湧いてくる感覚を
最優先に大切にしてください。


その感覚があなたにとって
心地よさを感じるものなら
それがあなたにとって正解です。


どうしたらいいのかわからない
出てきたら、
自分の感じる感覚を中心にして
行動を選んでいきましょう。


やりたいことがあるとき、
サッと行動に移している自分を
イメージしてみてください。


心から自然とどんな声が出てきますか?
身体の感覚はどんな感じですか?


続いてもうひとつイメージしてください。


やりたいことが出てきても

行動に移すことは
私にとって正解なのだろうか。
やり始めてしまって大丈夫なのだろうか。
それをやっている自分は人の目に
どう映るのだろうか・・・。

のようなものが自分の中をグルグル廻り
なかなか行動できなかった今までの
感覚を思い出してみてください。


心から自然とどんな声が出てきますか?
身体の感覚はどんな感じですか?


この2つの感覚のどちらを
選ぶかはあなた次第ですが、
心地良さを感じるほうが、
本当のあなたの生き方です。


もし、自分の感覚がわからない、
自分の感覚に従うことに抵抗がある、
という方はよかったらご相談くださいね。


あなたが自分で気がついていない
心の根っこにあるものをひも解いて
本当のあなたの人生を生きていけるよう
協力させていただきます。


応援しています。





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


頑張りたいのにがんばれない人の心の状態は

このような悩みを抱えている方、
いらっしゃいませんか?

やることがたくさんあるのに
行動に移せなくていつも焦っている。

私はやればできると感じているのに、
何をすればいいのかわからない。

どうやって頑張ればいいのかわからない。

自分のために、
お客様のために、
ビジネスのために、
会社のために、
やるべきだということはわかっているのに、
なぜか行動できない・・・

というもどかしさ。

行動しないことによって生まれる
焦りや不安や無価値感。

思考で感じていることと行動に
ギャップがありすぎるとツライですよね。

周りの人はできるのに
なぜ私はできないいんだろう。。
できない私はもともとダメな人間なんだ、
と感じたりもして。。

だけど、行動できないあなたが
ダメな人間なわけではなく、
できない人なわけでもないんです。

このような悩みを持っている方は、
無意識に

できない自分でいること
ダメな自分でいること

を選択していることが多いんですよ。

なぜ!?

ダメでできない自分になんかなりたくないよーー!
とお思いでしょうが・・

そんななりたくない自分になることを
なぜ選択しているのかというと、
幼少期に身近な人に対して感じていたことが
影響しています。

たとえば、お母さんが仕事・家事・育児と
やることがたくさんあって、
いっぱいいっぱいな精神状態で生活しており、
小さな自分の子供に向き合う
心の余裕がなかったとします。

*お母さんがこういった精神状態でいるのは、
旦那さんとの関係やお母さんの心の問題が影響していることも
多いのですが、これについてはまたの機会に
書いていきますね。

すると、幼い子供は
私はお母さんから愛されていない、
お母さんから大切にされていない、

と感じてしまうことがあります。

当然ですよね。。小さな子供って
無条件にお母さんのことが大好きなので、
いつもお母さんのそばに居たいし、
お母さんに認めてもらいたいし、
愛されたいし、
大切にされたいし、
喜んでもらいたいし、
笑顔でいてほしいし。。。

そして、なにをするかというと・・・

お母さんから大切にされているという
実感を得るために、
いろんなことを選ぶんですよ。

その中の一つが
ダメな自分でいること
できない自分でいること。

『デキる子になってしまったら、
お母さんが「この子は一人でできるから大丈夫」
と思って、より一層私のことを
気にかけてくれなくなってしまうでしょ。

だから私は、お母さんが私のことを気にかけて
くれるようにダメでできない子でいよう。

そしたらお母さんがもっと私のそばにいてくれる。
もっと大切にしてくれるから。』

と、こんなふうに
ダメでできない子でいることを
無意識に選択するんですよーー!

勉強しないとか、
宿題をやらないとか、
忘れ物をするとか。

この子にとって、
勉強することよりも、
勉強をしないで
お母さんが心配してくれることのほうが
大切なことなんです。

これが、大人になった今も
心の根っこに根付いており、
頭ではやらなきゃと思っていても、
なぜか行動できない、
という悩みを持つようになっていくんですね。

大人になった今も、
ダメでできない自分でいることを
無意識に選択しているんです。

この意識は、
心の深い深~いところに根づいているので、
自分で気づくことはむつかしい。

だから、
できる自分になるために
自己啓発の本を読んだり、
セミナーに参加したりと
変化するために
一生懸命に努力する人が多いんです。

だけど、
いくら思考を変えようと努力しても、
腹の底では
ダメでできない自分でいることを望んでいるので、
なかなか変化しないんですよ。

やることがたくさんあるのに
行動に移せなくていつも焦っている。

私はやればできると感じているのに、
何をすればいいのかわからない。

どうやって頑張ればいいのかわからない。

こんな悩みを感じている方、
幼少期の身近な人に対して感じていたことを
ぜひ思い出してみてください。

そのころ小さいながらに
自分は何を感じていたかに
触れてみてくださいね。

そしてそのときに感じた
悲しみや腹が立つような感情を
思いっきり感じきってください。

これにより、
がんばりたいときに
がんばれるようになります。

幼いころのあなたは、
お母さんから大切にされるため、
愛されるために
ダメでできない自分でいることを
選んだのかもしれません。

だけど、そのころのあなたとは
もう違います。

ダメでできない自分をあえて選ばなくても
あなたはやりたいことを自由にやっていいし
やれる人なのですよ。

心の根っこに根付いた
ダメでできない自分でいよう
という思いグセが、
私はやりたいことを自由にやっていい
に変わっていくと楽に行動できます。

そうなりたいと強く思う方、
よかったら私に協力させてください。

あなたが可能性や才能、魅力を
今以上に気持よく発揮して、
ますます幸せを感じながら生きていくために
伴走いたします。

european-rabbits-1006621_1280


1 2