人と関わることに苦手意識を感じているHSPの人の本音



今日は、人と関わることに苦手意識を感じて
困っているHSPの人に向けて
書いていきたいと思います。


HSPの気質を持っている、
持っていないに関係なく
対人関係に悩んでいる人はいます。


そしてどのような気質を持っていようと、
その人の本当の本音を元にして
感情が生まれ、思考が働き、行動が起こります。


なので、
私が心理セッションを行うときは、
まずクライアントさんに対して
今の悩みを手放してどんな自分になりたいのか、
という自覚のある意識で望んでいる状態を確認します。


続いて、
自覚のない本当の本音が
何を望んでいるのかを確認。


すると自覚のある意識では、
「自然体で人と関われるようになりたい」
と言っているのに、
自覚のない本当の本音は
「人と関わると傷つけられるかもしれないから
人の機嫌を損ねないように慎重に関わらなくてはいけない」
と言っていたりするんです。


すると、自覚のある意識では
「人ともっと楽に関われるようになりたい」
と強く願っているのに、
どうしても緊張してしまい
「どう振る舞っていいのかわからずに
ぎこちなくなってしまいとても疲れる」
という状態が起こり、
そんな自分を責めたり自信をなくしたりする。
というようなことになります。


心理セッションでは、
この自覚のない本当の本音に
アプローチしていくのですが、
HSPの気質を持っている人の場合、
本当の本音にある特徴があります。


それは『孤独(ひとり)』をテーマにした本音。


自覚のない本当の本音が
ひとりでいることを望んでい場合が
少なくありません。


ひとりでいる自分が
人からどう思われているのか気になって、
人と関わっていなければいけないと
感じてしまうけれど、
本当の本音はひとりでいることが好き。
というようなケース。


この場合、
人と関わらないことを本当の本音は
望んでいるので、
自覚のある意識は人とうまく関わりたいと
思ったとしても、
なぜかいつも希薄な関係しか築けない、
というようになっていくことが多い。


人とうまく関われない
という同じ悩みを抱えた人であっても、
自覚のない本当の本音によって
その理由は様々なんです。


なので私は心理セッションを行うとき、
人とうまく関われない、
という悩みを持った人に対して、
「人と自然体で関わったら何が起こりそう?」
というアプローチをする場合と
「ひとりでいると人からどう見られそう?」
という場合があります。


それは同じ悩みであっても
心の深いところで望んでいることが
人によって異なるから。


本当の本音はひとりでいることが好き。
という人の場合、
その本音に気がついて、
ひとりでいることが好きな自分を
心底認めて受け入れることができると、
なぜか人と一緒にいるときも
自然体でいられるようになったりしてきます。


実は私がそうでした。


以前は、
人と一緒にいて疲れやすい自分を
なんとかしたいな、と思ってましたが、
自分がHSPの気質を持っていることに気づき、
私はひとりでいることが好きなんだ、
と腑に落ちはじめたら
ひとりでいる自分にOKが出せるようになり、
心の状態が楽になっていきました。


世の中の価値観や常識やふつうの感覚よりも、
自分が感じることを優先して
自分の生活を創っていくようになり、
人といるときも自分の感覚を中心にして
人と関わるようになって、
以前よりグッと楽になったことを実感しています。


人とうまく関われない悩みを抱えた状態が
本来のあなたではありません。


応援しています。





◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

個別相談 ・ 体験セッション のご案内
-個別相談のご案内- 心理セッションを受ける前に 個別相談を実施しております。 ◆ 心理セッションに興味は...


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

エンパス・HSP専門心理セッションプログラム
人の感情や環境に左右される 高い共感力を持った 敏感で繊細な気質の エンパスやHSPの人が、 生まれ持ったその能力と 上手...


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/