繊細で敏感な気質のエンパスやHSPの人におすすめの生き方



こんにちは。坂本純子です。


繊細な気質を持った
エンパスやHSPの人
無理やガマンをして
社会や世の中の価値観に
当てはまる自分になるよりも、
自分の感覚や本音を大切に生きると
自然と幸せ度がたかくなる、
ということを実感しています。


今日はそんなことを
書いていきたいと思います。


なにも考えないで
ただ気楽に生きているだけなのに
幸せだなぁ



今朝、こんなことを
ふと感じたのでした。


今ブログを書いているし、
毎日心理セッションもやっているので、
まったくなにも考えないで
ポワーンと生きているわけでは
ないのですが。。


以前とくらべて
心配したり不安を感じたりすることが
ものすごく減ったので
なにも考えてないように感じるようです。


まだ来ていない未来を思って
漠然と不安を感じていた以前の私とくらべて
環境に変化があったとか、
安心できる具体的な何かを手に入れた、
というわけではありません。


相変わらずの独身で一人暮らしですし
どこにも所属してないひとり事業者です(笑)


ではいったい私の中で何が起こって
感じ方が変化しているのかというと・・・


無理、ガマン、義理、義務のような
感覚でやっていることをやめた。


そして本当の本音の望みを
叶えることだけをやる。



これだけを毎日やっている自分に
変化していったんです。


正確に言うと
無理してやっていたこと、
ガマンしていること
義理でつきあっていた人たち、
義務だからやらなきゃと思っていたこと
に気がついたということ。


具体的にどんなことをやめたかというと・・・


私が本当にやりたいことではない
と感じながらも
依頼していただいたのだから
ぜったいにやるべきだと
受けていた仕事。


20年以上もつきあってきたから
これからもずっと仲良くしてなきゃ
いけないと思い込んで、
なんとなく波長が合わなくなってる、
と感じつつ続けてきた人間関係。


なんとなく違和感を感じながらも
波風を立てたくないから
握りしめてきたこと。


なにをやるにも
ゆっくりペースで同時進行が苦手。
本当は一つにことにじっくりていねいに
とり組むことが好きなのに、
あれもこれもやらなきゃいけないと
自分に負荷をかけていたこと。




など。


ほかにもいろいろありそうですが、
今思い当たるのはこんなこと。


ガマンしたり無理したり、
義理や義務でやっていることが
自分にものすごく負担をかけている
ことに気がついたのです。


無意識のうちに自然とやっているので
自分に負担をかけていることに
自覚はありませんでした。


が、


本当にやりたい仕事ではないけれど
依頼していただいたからという
理由で受けた仕事に関わっているときの
身体と気分の重さ。


本当は気乗りがしない食事会に
出かける前の
むりやり自分を奮い立たせている感じ。


ひとりで仕事しているのだから
自分がやりたいことだけ
やればいいのに、
あれもこれもやるべき、
と自分で自分を追い込んでいるときの
苦しさと身体のきゅうくつさ。


こんなふうに
身体と心で感じる感覚は
なにかしらの反応を起こしていたんです。


でも今までは
身体と心の反応よりも、
思考で考えたことを優先して
生きてきました。


なぜなら
自分にかけている負荷を
感じながらも
一生懸命に努力することが
成長と幸せにつながっていると
思っていたから。


また、自分のやりたいことだけを
選んで生きていたら
収入も減るだろうし、
周りから受け入れてもらえなく
なるだろう、
という思いグセもあったので、
本当は望んでいないのに
一生懸命握りしめていたことが
たくさんあったのですね。


今は
思考で考えたことよりも
身体と心の反応を
優先するようになりました。


身体や気分が重いのはイヤですし、
むりやり自分を奮い立たせるのも
疲れるし、
苦しさやきゅうくつな感覚でいては
ひらめきも直観を降りてきません。


だからやめました。
思考であれこれ考えて行動することを。


すると
自分の本当に望むこと、
いわゆる本音の声をキャッチできる
ようになってきたんです。


本当の本音をキャッチできるように
なると、
本音の望みを叶えるために
今何をしたらいいのか、
ということが思考ではなく
直感のようなもので感じることが
増えてきました。


そしてその直観に従って行動する。


直感に従うときには
無理もガマンも義理も義務も
ありません。


だから楽に行動できるのですよ。


私なりの優先順位がありまして、



➀ 今一番やりたいこと、
 やらずにはいられないこと。


➁ 思いついたこと。


➂ 今日中にぜったいやらないと
 いけないこと。



この3つです。


世の中や社会や周りから
認められるための努力をするよりも、
自分の感覚や本音を大切に生きることで
自然と幸せ度が上がります。


とくに敏感で繊細な気質の
HSPやエンパスの人は
のびのびと気分よくいることで
持ち前の高共感力や直観力を
気持ちよく発揮して生きられます。


これは私が体験しているので
とても実感しています!


無理やガマンをするのではなく、
自分がなんとなくこうしたいという
感覚に従ってみてください。


もしも
どうしても人の目が気になったり、
自分の感覚に従うことに
抵抗やモヤモヤを感じる人は
よかったらご相談くださいね。


応援しています!





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

説明会 ・ 体験セッション のご案内
-説明会のご案内- 心理セッションを受ける前に 説明会(オリエンテーション)&傾聴カウンセリング を実施しております。...


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

エンパス・HSP専門心理セッションプログラム
人の感情や環境に左右される 高い共感力を持った 敏感で繊細な気質の エンパスやHSPの人が、 生まれ持ったその能力と 上手...


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/