漠然とした不安を感じている状態から抜け出すには



こんにちは。坂本純子です。


● いつも漠然とした不安を感じているので、
 何をしていても心から楽しめない。

● 疲れているのでゆっくり休みたいのに
 休んでいると「こんなことしてていいのか。。。」
 と不安になる。

● 将来のことを考えると不安が沸いてくる。


こんな状態で
これからも生きていくことにも
不安を感じてしまい、


目の前のことに集中できなかったり、
やりたいことに向けて一歩を踏みだしたり、
先に進むことが怖いと感じている人が、


自分に対しての不安や
未来への不安を開放して、
楽に行動できるような
ヒントを書いていきたいと思います。


常に不安を感じている人に多い
心のクセのようなものがあります。


それは自分が今感じている感情を
別の感情や思考に
すりかえてしまうというクセ。


感情をすりかえるって
どういうことかというと、


たとえば、
人からイヤなことをされて
腹が立っているのに、

でもこの人には
お世話になってるから、とか

腹が立つのは
自分の器が小さいから、
などと、



腹が立っている
自分の感情を抑えて
相手の良いところを
見ようとしたりするように、


腹が立っているという感情を
思考で考えた別のものに
すりかえてしまうことです。


これをやっている限り、
自然に沸いてくる不安は
消えることはありません。


感情を別の思考に
すりかえることで
今沸いてきた感情は
なくなったように思えますが、


実は未完了のまま
自分の中に
ずっと残り続けるのですよ。


腹が立っていることを
認めてあげるまで
ずっと残り続けます。


この残り続けた感情が
蓄積されると
日常的に感じる
不安やイライラとなって
表面化してきます。


怒り・悲しみ・恐怖などの感情は、
感じていると苦しいですし、


頻繁にこれらを感じている
自分に対しても
劣等感や無価値観を感じたりするので、
なるべく感じたくないですよね。


だから思考でほかのことを考えて
しまいがち。


でもそれをやり続けることで、
自分に対しても
自分の未来ににも
不安を感じてしまっていたのですよ。


ではどうしたらよいかと
言うと。。。


自分は今腹が立っている、
と認め、
腹が立ってもいい、と
腹が立つことを許可することが大切です。


今まで腹が立つことや
頭にくることがあっても
「怒り」の感情はよくないものだと、
思考で別ものにすりかえることで
フタをしてきた怒りの感情。


これを毎回毎回感じきってください。


怒ることは良くないものだと
小さな頃に教え込まれてきたかも
しれません。


腹が立つことで幸せが離れていくと
何かの本で読んだのかもしれません。


だけど、自分の中に生まれた感情は
どんなものであっても
今の自分が感じたことなんです。


自分にとってありがたくない感情や
苦しくなったりつらくなったりする感情も
それを感じきって、認めてください。


喜びやうれしさと同じように
大切にしてくださいね^^


自分の感情を大切にするとは
腹が立ったときに、
それを人にアピールして
怒りをぶつけることではないので
ご安心ください^^


自分の中だけで
「私は今腹がたっている」
「腹がたってもいい」
と認めるだけでOKです^^


それにより、
未完了の怒りの感情が蓄積されずに、
完了していきます。


自分ひとりでできる
性格を変える方法として
心がけてみてください。


もしやりかたがわからないときは、
よかったらご相談くださいね。


応援しています^^



gull-1635683_1920




12/10エンパス・HSP勉強会のお知らせ
~感情や雰囲気に敏感なエンパスが
自分と上手につきあって自己実現するために~

http://j-method.com/blog/2016/11/28/post-642/


心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会(オリエンテーション)を実施しています。

説明会 ・ 体験セッション のご案内
-説明会のご案内- 心理セッションを受ける前に 説明会(オリエンテーション)&傾聴カウンセリング を実施しております。...


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

エンパス・HSP専門心理セッションプログラム
人の感情や環境に左右される 高い共感力を持った 敏感で繊細な気質の エンパスやHSPの人が、 生まれ持ったその能力と 上手...