エンパス、HSPの人が敏感さに磨きがかかるのは何故か

今日はエンパスやHSPの人の
敏感さのメカニズムについて
書いていきたいと思います。


エンパスやHSPの人は
もともと敏感に生まれたため、
幼少期に親や環境の影響を
ふつうの人よりも
受けやすいでのす。


そのため、
幼少期に安心できない環境で
育てられた場合、
(たとえば
虐待を受けたり、
親が過保護や
過干渉であったりと)


自分が生きぬくために
周囲の様子を
一生懸命に察しようとします。


自分の親が
気に入らないことがあると、
すぐ子供に手を上げるような
人であると、


子供は殴られないように
いつも親の顔色をうかがって、
親の感情や行動にも
敏感になっていくのですね。


そしてこのような状態が、
習慣になっていき
もともとの敏感性に
磨きをかけていくのです。


こうした子供は、
親がいつも機嫌よく
いてくれないと
自分が大変な目にあうので、


自然と親の要望を感じ取り、
それを叶えようとする
習慣が無意識についています。


その習慣が、
大人になった今、
周囲の人に対して
無意識に現れているのです。


心の根っこに、

「人の役に立てないと
怖いことが起こる。」

という意識が無意識に根付き、
常に相手の顔色に敏感になり、


それを元に行動します。


この習慣が、
生まれ持った敏感さに
さらに拍車をかけていくのです。


また、虐待を受けたことや
親が過干渉という
過去がない場合であっても、


生まれながらに
敏感な脳を持っているため、


親や周りの人たちの感情や、
その人たちが発する
エネルギーを感じてしまいます。


たとえば、
親が口には出さないけれど、
忙しくてイライラしていたり、
悲しみをグッとこらえていたり
したとき、


そんな親の心の状態を感じ取り、
親の役に立つために行動したりします。


すべて無意識に。


そして成長とともに
周りにいる人たちに
対しても、


親に対して発揮していた
共感力を発揮し、


人の感情を満たすことや
人の想いを叶えることが
自分の人生になっていくのです。


この生き方が
自分にとって
しっくりくるもので
あれば、


それはそれでいいと
思いますが、


自分の人生と
人の人生が
混同しているので、


本来の自分の生き方では
ないため、


生きにくさを感じる人が
多いのも事実。


この生きにくさは、
人と自分に境界線を
引くことができると、
だんだんと
和らいでいきます。


そのためには、
生まれてから今まで、
自分以外の人の感情や思いを
優先するあまり、


自分の中に溜まり続けた
満たされない感情を
開放すること。


自分の本当に感じている
感情や本音に気が付くこと。


そして、
自分の人生を
自分のために生きること。


これが大切です。


これらができるようになると、
感情・意識・行動が一致してくるので
楽に本来の自分で
生きられるようになります。


敏感で繊細なエンパス・HSPの
気質を自分の人生に活かし、
魅力や才能として
気持ちよく発揮していくことが
できますよ。


エンパス・HSPの人が
幸せを感じて生きていくことが
できるよう応援しています。


banner-1090835_1920




心理セッションを受けられる前に
 説明会(オリエンテーション)を実施しています。

説明会 ・ 体験セッション のご案内
-説明会のご案内- 心理セッションを受ける前に 説明会(オリエンテーション)&傾聴カウンセリング を実施しております。...


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

エンパス・HSP専門心理セッションプログラム
人の感情や環境に左右される 高い共感力を持った 敏感で繊細な気質の エンパスやHSPの人が、 生まれ持ったその能力と 上手...