マイナス感情とのつきあい方



不安、恐れ、怒り、イライラ、悲しみ
などの感情を無くしたい、という思いで
セッションを受けにいらっしゃる方は少なくないのですが、
こういった感情は自然に湧いてくるものなので、
無くすことはできません。


むしろ、このような感情が出てきた自分を、
器が小さくてなんてダメな自分なんだろう、と
責めてばかりいたり、
自然に湧いてきたこの感情にフタをして
感じないようにしていると、
一瞬は無くなったように感じるかもしれませんが、
目には見えないけれど
自分の中にどんどん溜まっていきます。


そして、どんどん大きくなっていくんです。


そうなるとちょっとしたことで
頻繁に出てくるようになるので、
さらに自分にダメ出しをする、
そしてさらに溜まって頻繁に出る、
という悪循環が始まるんですよ。


では、どうすればいいかというと。。。


不安や恐れのような感情を消したり無くすことが
大事なことなのではなく、
このような感情が自分から自然に湧いてくることを
受け入れることが大切。


思春期の不良少年と同じで、
抑えつけたり批判したりすると
よけいに暴れて反抗することで
自分の存在を主張しようとします。


だから自分の中にあることを
認めて受け入れてあげてください。


不安や恐れも自分を守るために必要だから
自然に湧いてくるんです。


命の危険から自分を守るために
すべての人間にもともと備わった感情です。


人の目が気になって
批判されたらどうしよう、
嫌われたらどうしよう、
バカにされたらどうしよう、
という恐れの思考ばかりが働いて
自由にふるまえない自分や、
考えてばかりいて行動できない自分を
弱くてダメな人間だ~、と
感じることがよくあるのかもしれません。


そんなときは、
いったん思考の声をストップさせて
今私は人の目が怖いんだな、
と恐れを感じている自分を
認めてあげてください。


それだけでOK。


恐れの感情は認めてもらえたことで
満たされていきます。


不安、恐れ、怒り、イライラ、悲しみも
喜びや楽しさも、
自分から自然に湧いてくる感情に
良い悪いはありません。


全部同じ感情です。


安心して感情を感じてください。


応援しています!



◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


新年おめでとうございます。



新年おめでとうございます。


年末年始はいかがお過ごしでしたか?


私は静岡の実家に帰省し、
海を眺めたりしながら
ゆったりと過ごしてきました。


帰省しているときは
四六時中ぼ~としてます。


こんなふうにのんびりと
海を眺めてずっと生きていけたらいいな、
と思ったりもするのですが、
だいたい3、4日も経つと
何かしたくなってきます。


毎年そんなタイミングで
東京に戻ってくるのですが、
上りの新幹線が田町を過ぎたころから
私の中でピピっと意識が
切り替わる瞬間があるんですよ。


高層ビルやレインボーブリッジの
イルミネーションが見え始めるころですね。


毎回その感覚をおもしろいな、と
感じながら東京駅に降り立ちます。


今年はさらに、新幹線の中から見えた
レインボーブリッジの上の大きな満月に
ワクワク感が増しました。


私はその瞬間瞬間にやりたいことを
本音に沿ってやる、ということを
いつもやっているので、
新年の目標や抱負のようなものを
決めたりすることはとくにありませんが、
今朝ふと感じたことがあります。


それは、
キレイに生きなくてもいい、
ってこと。


楽に生きることを目指さなくていいし、
キラキラと輝かなくてもいい。


安心感を感じようと
がんばらなくていいし、
ステージを上げることを意識しなくていい。


今私がいるところは
私が自分で選択した道。


だから腹を決めて生きていく。


それだけでいい。


落ち込んだり、
弱音を吐くことがあってもいいし、
そんな自分に寄り添いながら
一歩づつ進んでいく。


たとえるとしたら
泥の沼の中で、
瞳をキラキラさせながら
大きく泥をかきわけて
足を高く上げて
大きく一歩一歩と踏みだしながら
行きたい方向に自由に進んでいく、
みたいな感じ。


なぜかこのようなイメージが
しっくりとくる年始です。


いる場所は泥の沼でなくても
いいのですが(笑)、
どんなことが起こったとしても
どんな状態であったとしても
その瞬間瞬間の自分の感情や感覚を
感じながら生きていけたらと思います。


では、2018年もよい一年にしていきましょう!





◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


2018年1月14日(日)エンパス・HSP勉強会~繊細で傷つきやすい自分と上手につきあって自己実現するために~



人ごみや集団の中にいるとものすごく疲れる。

人の顔色や気分に左右される。

相手に合わせてしまい自分を出せない。


そんな自分に対して、
「私は普通ではない」
「なぜ私だけできないのだろう」
と感じてしまい、
自信をなくしていませんか?


仕事や人間関係、または恋愛などで
みんながなんなくできることが、
ものすごく頑張らないとできなかったり、
一生懸命やってもむつかしいと感じるのは
ツライものです。


それを克服しようと
いろんな努力をしたり、
知識を増やしたりと
がんばって生きてきたと思います。


でももしかしたら
そんなあなたの状態には
生まれ持った能力が
影響しているのかもしれません。


人ごみや集団で疲れる原因は
多くの人の感情や体調を
自分の心や身体で感じているから
ではありませんか?


自分の気持ちより
相手の気持ちを優先するのは、
相手の気持ちや感情が
なんとなくわかっているからでは
ありませんか?


そんなあなたは、
エンパスやHSPと呼ばれる
敏感で繊細、高共感力の
持ち主なのかもしれません。


人と比べてどこかヘンだと
感じていた自分の特徴は、
実は生まれ持った素晴らしいギフト。


エンパスやHSPの人が
敏感で繊細な気質や高共感力を
気持ちよく活かしながら
自分本来の人生を創っていけるように
という願いを込めて
勉強会を開催いたします。

【このような方におすすめの勉強会です】

◆ 人ごみでとても疲れる。

◆ 他人の怒りや悲しみなどの感情を
 必要以上に受けとってしまう。

◆ 人の感情や場の空気感、雰囲気に
  敏感に反応する。

◆ 人の本音と建前を感じとるので、
  イライラ・もやもやすることが多い。

◆ 人と話していると
  相手が何を考えているのかわかるので
  苦手な人が多い。

◆ 相手に合わせて自分を出せない。

◆ 怒っている人に
  ものすごく恐怖心を抱く。

◆ 病気や具合の悪い人が近くにいると、
  気分が悪くなったり痛みを感じる。

◆ 人の感情への共感力が高いため、
  感情が自分のものか人のものなのか
  わからない。

◆ カウンセリングやセラピーを受けても
  なんとなく変化が少ないと感じる。

【エンパス・HSP勉強会】
~繊細で傷つきやすい人が
自分と上手につきあって自己実現するために~


内容

1. エンパス・HSPとは
2. エンパス・HSPと親子関係
3. エンパス・HSPがゆえの生きにくさはなぜか
4. エンパス・HSPの気質を人生に活かすには
5. 気質や脳力をビジネスで発揮するために
6. エンパス・HSPが自分らしく生きるために大切なこと
7. 心と身体の声を聴くワーク

期待できること

・ 自分の能力を自覚できる
・ 気質や能力を人生やビジネスにどう活かせるのかわかる
・ 人の感情に振り回されなくなる
・ 自分軸を確立する方法がわかる
・ 自己実現への一歩を踏みだせる

【日時】2018年1月14日(日)14:00~16:00

【場所】東京都台東区のセッションルーム
   ※ 詳細はお申込みくださった方にお知らせします。

【最寄駅】つくばエクスプレス「浅草」駅 徒歩4分
     東京メトロ銀座線「田原町」駅 徒歩10分
     東京メトロ日比谷線「入谷」駅 徒歩10分

【参加費】5.000円 ※当日お持ちください

【人数】4名

【お申込み】こちらのフォームからお申込みください ↓
    エンパス・HSP勉強会お申込みフォーム

【参加者さまの特典】
体験セッション6.000円 → 5.000円で受けることができます。


◆上記の日時に都合のつかない方や
自由な時間にマンツーマンでHSP・エンパスについて
勉強したい方へはこちらをご覧ください。↓
  エンパス・HSP個別勉強会 のご案内


敏感で繊細なエンパスやHSPの人が、
人の気持ちや気分に影響されることなく、
自分の能力や可能性を気持ちよく発揮して
いけるよう応援しています。



*エンパス・HSPの詳しい内容はこちらをご覧ください
http://j-method.com/blog/2016/03/07/post-201/





心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会(オリエンテーション)を実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス・HSP専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


やりたいことがあるのに一歩が踏みだせなくて困っている人へ



やりたいことがあるのに、
そのための一歩がなかなか踏みだせない。。。


こんなときって、
行動できない自分のことを
ダメな人間だと思ったりして
苦しいものです。


たとえば、
好きなことを仕事にしたくて、
そのための勉強をしたいのに、
どうしても勉強に意識が向かない
といった状態のときってありませんか。


心がいつもモヤモヤしてたり
漠然と不安を感じていたりして
気持ち悪いんですよね。


この状態のとき、
意志の力でがんばって一歩を踏みだしてみたら、
スラスラと前に進めるかもしれないので、
思いきってスタートしてみるといいと思います。


でも、そうじゃない人の場合・・・。


たとえば、

がんばって一歩を踏みだしたいのに
どうしても身体が思うように動かない。

思いきって一歩を踏みだしたのに、
集中できなくて長続きしない。


このような場合、
あなたの意志が弱いからでもなく、
あなたに能力がないというわけでもなく、
心の根っこに根づいている思いグセが
影響している可能性が高いのですよ。


その思いグセとは

・自由に行動してはいけない

・ありのままに行動してはいけない

このようなものが多いです。


思いグセは、
無意識に心や身体に影響を与えている
自分では自覚のないもの。


潜在意識レベルの深いところに
入っているものなので、
自分で感じることがむつかしいんです。


やりたいことがあるのに
そのための一歩が踏みだせなくて
困っている人は、
小さな子供の頃から
自由に振る舞えなかったり、
自己主張できなかった、という人が
多いんですよ。


なぜなら、
自由に振る舞ったり
自己主張しようものなら
お父さんやお母さんから
怖い思いをさせられたり、
ぜったいに受け入れてもらえなくて
悲しい思いをするから。


幼いころに
お父さんやお母さんに
怖い思いをさせられないよう自分を守るために、
ありのままに自由に行動するのはやめよう、と
決めたことが、
大人になった今も影響して
行動に制限をかけてしまっているんです。


もしも、思い当たる人は
この記事に書いてあるワークをやってみてください↓
人と関わることが苦手で疲れやすい人が自然体でいられる方法



もう一度言いますが、
あなたが今思うように動けないのは
あなたの意志が弱いからでもなく、
あなたに能力がないというわけでもありません。


自覚のない目に見えない心の足かせが
行動に制限をかけている状態なので、
その足かせを外してあげれば
自然と動けるようになります。


人ってできることしか
やりたいと思わないので、
やりたいと思ったことは、
できるのですよ。


本気で行動したいと思っているのに、
どうしても動けなくて困っている、という方は
よかったらご相談くださいね。


応援しています!





◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


不安を手放してして目の前のことに集中するには



つねに漠然とした不安を感じている。
何かをやろうとすると不安感が出てきて
やりたいことができない。



このような人に向けて
書いていきます。


不安を感じてるときって、
未来や過去に
意識がいっていませんか。


不安感が出ているときは
今目の前のことに
集中できてないんです。


まだ訪れていない未来のことに
意識がいって、
不安になっている。


過去のうまくいかなかったことを
思い出して不安になったり。


未来は今の延長線上にあるので
今不安だったら未来も不安感を
感じながら生きてます。


過去の出来事は変えられないけど
その出来事への捉え方は
変化していきます。


つねに漠然とした不安を感じて
苦しい人は、
まず今の目の前のことに
意識を集中してみてください。


自分が今置かれている状況や環境が
どのようなものであっても
不安を感じるととなく
目の前のことに集中したり、
今やっていることに
心から楽しむことができれば、
楽に生きていくことができます。


そしてずっと
今の目の前のことに集中して
楽しむことができれば、
未来もその状態が続きます。


まずは目の前のことに集中して
みてくださいね。


もし、目の前のことに集中したいのに
どうしてもできない、
楽しい状況なのに
どこかにいつも不安があって
心からその状況を楽しめない、
という方は、
今目の前のことに集中できない
心の状態なのですよ。


目の前のことに集中できない理由が
必ずあります。


そんなときの
集中できない理由の解放の仕方を
お伝えしますので
よかったらやってみてください。



~・~・~・~・~・~・~・~・

まず目の前のことに集中したいのに
どうしても集中できないときの
ツラさや苦しさを思い出してみて。


そして
そのツラさや苦しさは
体のどこで反応しているのか
体の反応を感じてみてください。


胸がキュッと苦しくなる。
胃の辺りが重くなる。
のどが詰まるような感覚を感じる。
など。


人によって反応は様々ですが、
このような体の感覚を感じてみてください。


そしてその反応している部分に
手を当てながら意識を向けていると
自然とどのような言葉が
自分の口から出てくるでしょうか。


その言葉は、
自覚がないまま自分の中にあった
抑圧された感情であったり、
見て見ぬふりした本音です。


その言葉とそのときの感情が、
目の前のことに集中できない原因を
創っているのです。


じっくりと感じてください。


涙が出てきたら自然に止まるまで
泣いてください。

~・~・~・~・~・~・~・~・

これをやると
無意識に自分の行動を
制限していた心の状態が
変化してきます。


やってみてくださいね。


ひとりでうまくできない、
やり方がよくわからない、
という方はよかったら
ご相談くださいね。


目の前のことに集中して
幸せを感じる心の土台を
創っていけるよう応援しています。







◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


人の好き嫌いが激しくて人間関係がしんどい人へ



人の好き嫌いが激しくて人間関係がしんどいと
感じている人に向けて書いていきます。


人の好き嫌いの激しい人は、
人に対してだけでなく、
あらゆる面で白黒ハッキリさせたいことが
多いのではないでしょうか。


あいまいなところがあってもいいんです。


今までは少しでもイヤなところがあると、
その人に対して、好きか嫌いかで判断していたと思います。


その判断を、
この人のここは好き、こういうとこはいいとこ、
この部分は嫌い、苦手、好きじゃない、
という感じに細かく感じるようにしてみてください。


人と楽につきあえる人は、
相手のすべてを受け入れているわけではなく、
嫌いなところ、苦手なところがないんじゃありません。


性格、行動、しぐさ、言葉、外見など
相手のいろんな部分について
好きだと感じるところ、嫌いだと感じるところがある
自分を受け入れてその自分にOKを出しているんです。


好き、嫌いと白黒つけなくてもいいので、
ゆるゆるとしたあいまいな感じの
人間関係を意識してみると
しんどさが軽くなると思います。


人のことを嫌いだと感じる自分に
罪悪感を感じたり、ダメ出しする必要もありません。


人間なのだから好き嫌いがあって当然。


自分の中から自然に湧いてくるものなので
認めてあげてください。


嫌いなのに好きになろうと努力したり、
自分が嫌っていることを悟られないように
無理に仲良くすることよりも、
嫌いなことを認めて受け入れて、
嫌いだと感じるその相手と関わった方が自分が楽ですし、
その方が嫌いな相手に心を乱されることがグッと減ります。


人の好き嫌いが激しくて人間関係がしんどい人は、
好きか嫌いか白黒はっきりさせなくてもいい。
嫌いだと感じる自分もOK。

この2つを意識してみてくださいね。


応援しています。






◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


繊細で傷つきやすいHSPの人がもっと快適に生きられるように



とても繊細で感受性の強い
HSPやエンパスの気質のひとつに
「やさしくて親切」
というものがあります。


穏やかさやあたたかさ、
のびのびとした平和な世界観が
好きな人も多いと思います。


私もそうです。


子どものころからおっとりしてると言われ、
みんなが腹が立つ場面でも、
どうしてみんなが腹を立てているのか
わからないということが
よくありました。


子どもながらにそんな自分を
脳神経に異常があって
正常な人間とは感じ方がちがう
欠陥のある人間なんだ、
と悩んだこともありました。


子どもの頃って
人と違うことにものすごく
反応するんですよね。


こういった悩みって
友達にも親にも言いにくいこと
でしたし。


大人になった今の私から
「それは個性で
あなたのいいところなんだよ」
と教えてあげたいです。


生れ持った気質なんですからね。


人と感じ方が違うので、
やさしく穏やかな気持ちでいるのに、
私のこの感覚は
この場にふさわしいのか、
正解なのか、
って考えるようになりました。


ただただ穏やかな気分でいるだけなのに
私はただボーとしている
だけなんじゃないか、みたいな感じです。


今では
穏やかで平和に気分よく
生活できることが
私にとっての最高の生き方だって
思ってますけどね。


世の中、
怒りや反骨精神をもとにして
成り立っていることがたくさんあります。


権利を主張している団体とか、
儲けることだけが目的の企業とか、
その根底にあるものは
認めてほしい、わかってほしい
見返したい、というようなエネルギー。


そういう中に身をおいていたり
その空気感を感じたりすると
身体が重たく苦しくなるんですよ。


みんなが、
安心して人を思いやったり、
安心して人を信頼できるようになったら
いいなぁ、と思います。


HSPやエンパスの人は
その場の空気感が穏やかであるように
調整しようとしてしまう人も多い。


穏やかで安心感に包まれた空間の
居心地の良さはいいものですが、
それを求めすぎて、
自分を犠牲にしているのであれば
それが生きにくさに繋がっていきます。


人の顔色をうかがって、
相手を喜ばせることや
期待に応えることを
無意識のうちに優先させる生き方から、


自分の本音の望みを叶えることに
喜びを感じて、
それを最優先できたら
もっともっと楽に生きられるし、
今よりもさらに幸せを感じられます。


人の気持ちや気分よりも
自分を気分良くさせるためだけに
生きていいんです。


それができるようになると、
人から与えられる穏やかさや安心感ではなく、
自分から自然に湧きでる
穏やかさや安心感で
満たされるようになっていきますよ。


HSPやエンパスの持っている
繊細さや敏感に感じとる気質や
共感力や直観力を
自分のために使いましょう。


気分良く快適に生きるために、
持って生まれたすばらしい能力と気質を
全力で自分に向けて発動させてください。


まずはそう意識すること。


やり方がわからなかったら
ご相談くださいね。


応援しています。





◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


この先も今のままの環境で生きていくのはイヤだけど行動を起こせなくて焦る



この先も今のままの環境で
生きていくのはイヤだけど、
行動を起こせなくて
焦ったり、モヤモヤしている。



このような人に向けて書いていきます。


一度きりのこの人生、
自分の才能や能力を気持ちよく発揮して、
喜びや充実感を感じながら生きていきたい。


こんなふうに思っている人はたくさんいると思います。


最近は、
幸せに生きるためには
”好きなことだけしよう”
”嫌なことはやらない”
”苦手なことはしなくていい”
このような言葉が
ちょっとしたブームのようにもなってますよね。


私も好きなことはやった方がいいと思いますし、
本当はやりたくないことをガマンしてまでも
やらなくていいと思っています。


その方が自然体で楽に生きられますからね。


だけど、
好きなことだけやる、
嫌いなことはやらない、
と決めて生きるのにも勇気がいるものです。


会社員生活で得ている経済的な安定を手放して
好きなことを仕事にしたとしても、
ふつうに生活できるくらいの収入があるかどうかは
わからないですしね。


好きなことややりたいことが、
生活していけるほどの収入を生み出すものなのかを
考え込んで先に進めなかったり、
何をやったらうまくいくのか考えてばかりいる
という人はまず思考をストップしてみてください。


何をしたらうまくいくか、を頭で考えるのではなく、
今の環境を手放すことをイメージしたときに
自然に湧いてくる感情や気持ちや気分や身体の反応に
意識を向けてみてください。


心や身体は何って言ってますか?


この声にじっくり耳を傾けてください。


一歩踏み出すことに恐れを感じているのに、
そこをスルーして
好きなことややりたいことばかりに目を向けても
なかなか前には進めないんです。


そればかりか
前に進めない自分に焦ったり、
ダメ出しすることが増えることで
さらなる恐れやモヤモヤが生まれ
目の前のことへのやる気や集中力を低下させます。


自分が見たくないもの、恐れているものを避けるために
今の環境を変えたい、と思っている人も中にはいます。


嫌いなこと、苦手なことはしなくていいということと
心の痛みやしこりから目を背けて無視することは
似ているようにでまったく違います。


まずは今の環境を変えたいと思いながらも
その一歩が踏みだせない心の元になっているものに
気がついてそれを受け入れていくこと。


ここからが変化へのスタートです。


本当の本音で好きだと感じることや、
人よりも楽にすらすらできる得意なことを
仕事にしていくことができれば、
壁にぶつかっても乗り越えられやすいです。


なので、
好きなことや得意なことを選択する、という前提で
何を選んだとしても成果や結果に大差はないと思います。


うまくいかない問題は別にあるんですよ。


何を選択したとしても
大なり小なり問題や悩みは起こります。


たとえば

・人の意見や人のやっていることに振りまわされて
 自分は何をしたいのかわからない。

・集中できない。

・自分に自信がもてない。

・決めたことを継続できない。

・やる気がでない。

・お客さまからお金をいただくことに罪悪感を感じる。

など、
周りの人間関係から自由になって
好きなことを心置きなくひとりでできる環境に
なったとしても、
このような問題は起こります。


こういったことが起こるたびに
自分の本音や感情と向き合って
ひとつひとつ解決していくのですよ。


地道な作業ですが、
好きなことをやっているからこそ
その問題と向き合えますし、
解決した先にある新たな自分を思うと
問題に直面しているときのツラさも
安心して感じていられます。


そして不思議なのですが、
心の問題解決と経済的な自由も
比例しているのです。


自分にできないことは、
イメージすることはありませんので、
好きなことや得意なことで生きていきたい、
という思いが芽生えた時点で、
そういう生き方をしていく人なんだと思います。


なので今、
この先も今のままの環境で
生きていくのはイヤだけど、
行動を起こせなくて
焦ったり、モヤモヤしている、
という状態であったとしても、
焦りやモヤモヤの元をひも解いていくことができれば、
何かしらの変化が自分の中で起こります。


まずは
何をしたらうまくいくか、を頭で考えるのではなく、
今の環境を手放すことをイメージしたときに
自然に湧いてくる感情や気持ちや気分や身体の反応に
意識を向けてみてください。


よかったらこの方法を参考にしていただければと思います。


心や身体の声をじっくりと聴いて感じきってくださいね。


もしひとりでやることがむつかしければ
よかったらご相談ください。


一度きりのこの人生、
自分の才能や能力を気持ちよく発揮して、
喜びや充実感を感じながら生きていきたい、
という思いに協力させてくださいね。


応援しています。





◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


人と関わることが苦手で疲れやすい人が自然体でいられる方法



人と関わることが苦手で疲れやすい人の
心の中で起こっていることと、
もっと自然体で楽に人と関われるように
ひとりでできるワークを紹介していきます。


よかったらお試しくださいね。


人の顔色が気になって、
自分の気持ちや感情よりも
相手を優先してしまう。



自分の気持ちを満たすことや
自分が幸せになることよりも、
相手の気持ちを満たすこと、
相手が自分と一緒にいて幸せかどうかが気になる。


人と関わることに苦手意識を
感じている人は、
無意識のうちにこのような
思考パターンになっていることが多いです。


そして、
相手の期待に応えられているか、
相手を不快にさせていないか、
を基準にして
自分の言葉や態度は正しかったかどうかを
考え込んでしまうので脳が疲労しやすいんです。


そこにものすごいエネルギーを使っているため、
人と関わっていると疲れやすいんですね。


そのため、自分の仕事ややりたいことへの
集中力が続かなかったり、
体力が持たなかったりすることに
悩んでいる人も多いと思います。


無意識のうちに思考がこうなっているので
これが自分の性格だと思ってしまいますよね。


だけどそうではないのですよ。


生れてから今までに起こった出来事によって、
繰り返し感じた感情や強く感じた感情が
心の根っこにすり込まれていくことで
このような思考パターンができあがっていったのです。


なので、この思考パターンは、
生れ持った宿命のようなものでも
ぜったいに変えることのできない
運命のようなものではありません。


心の根っこにすり込まれて根づいていった
思いグセや満たされることなく放置されている感情を
手放したり変化させていくことで、
起こった出来事に対しての捉え方や感じ方を
変化させることができるんです。


思いグセが心にすりこまれていった理由や
満たされないまま心に放置された感情の大元には、
子供のころの家族との関係や、
転校が多かった子供の頃の環境、
などなど様々なものがあります。


こういった環境の中、
自分の気持ちを伝えたり、
考えを主張することよりも
周りにいる人の顔色や様子をうかがって、
そこに自分を合わせるほうが
周りといい関係を築きやすいと感じたら、
自分の気持ちや考えよりも
周りを優先するようになっていきます。


無意識に自分を出さないことで、
潜在意識が自分を守ってくれているんですね。


とくに人の顔色の変化や感情の動きを
敏感に読み取るHSPやエンパスの気質の人が
成長過程をこういった環境で過ごすことで、
生れ持った敏感で繊細な気質が
さらに磨かれていきます。


心の根っこに思いグセや満たされていない感情を放置したまま
敏感さや繊細さに磨きがかかっていくと、
人の顔色や表情の変化をキャッチすることがさらに増え、
キャッチしたことにネガティブに
反応することも並行して増えていくため、
考え込んだり落ち込む時間も多くなりがちです。


このようなときは
抑圧されて自分の中に閉じ込めてきた感情に気づき、
それを受け入れて認め、じっくり感じることで
満たされないまま放置された感情が変化して、
気持ちや体が楽になっていきます。


それによって人と関わるときに
自然体でいられるようになったり、
緊張したり恐れを感じたりしても
その自分にOKを出せるようになるので
脳と身体の疲れが楽になっていきます。


その方法を書きますので、
ぜひ試してみてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


① 一人でリラックスして落ち着ける場所に身を置きましょう。


② 最近どんなことで悩んでいますか?
 具体的な出来事を思い出してください。


③ ②を思い出しているとなにが見えていますか?
 どんな音が聞こえていますか?
 どんな感情や気持ちが出てきますか?


④ この感情をじっくり感じていると
 体のどこが反応しますか?
「喉」「胸」「胃」「おへその下」が
 反応することが多いです。


⑤ 体が反応しているところに手を置いて
 その感覚にじっくり寄り添うように感じてください。


⑥ ⑤の感じにピッタリの言葉はなんでしょう?
 たとえば、喉が詰まっている、胸がもやもや、ざわざわする、
 胃がグッと重くなる、下っ腹から何かが込み上げてくる、など。


⑦ その感覚に向かって、こう質問してください。

「何があなたを△△(⑥のピッタリくる言葉)させているの?」

体の感覚に意識を集中させて答えを感じてください。
答えは聞こえてくるとは限りません。
感覚的に気持ちがなんとなく伝わってくるような感じなのかもしれません。
また、体のその部分に口があってしゃべるとしたら何と言っていますか?


⑦ その感覚に向かって、こう質問してください。

「あなたは私に何を伝えようとしてくれているの?
あなたは私に何をしてほしいと思っているの?
あなたのために私にできることを教えてください。」

体の感覚に意識を集中させて答えを感じてください。
答えは聞こえてくるとは限りません。
感覚的に気持ちがなんとなく伝わってくるような感じなのかもしれません。
また、体のその部分に口があってしゃべるとしたら何と言っていますか?


⑧ 今感じている感覚をじっくりと感じきってください。


⑨ 今感じている感覚に向かって、こう質問してください。
「あなたはこれからどういうふうになっていくの?
何もかも大丈夫になったらどんな感じになるか、
今、私の体に伝えてください。」

体の感覚がどんなふうに変わりましたか。

その新しい感覚をよく味わってください。


⑩ 最初のネガティブな感覚があった体の部分と
変化したポジティブな感覚のある体の部分両方に、
「いつもそこにいてくれてありがとう。
これからも大切に思っています。」
と伝えてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以上です。


ひとりではうまくできない、
これでいいのかな、
という方はよかったらご相談くださいね。


応援しています。






◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


自分らしく生きるためにはどうすればいい?



自分らしく生きたいなぁ、
とたくさんの方が感じていると思います。


そのような方に向けて
幸せになるには
自分らしく生きることだよ、
と教えてくれる本やサイトも
たくさんありますよね。


でも自分らしく生きるって
あいまいな表現ですし、
自分らしさって人それぞれですし、
どうしたら自分らしく生きられるのか
いまいちよくわからない、
という人もけっこういると思います。


今日はそうな方に向けて
私なりの自分らしく生きる方法を
お伝えしたいと思います。


◆ 自分から出てきた感情や気持ちを受け入れる。


自分が自然に感じている感情や気持ちを
いっさい否定したりダメ出しすることなく
認めて受け入れられると、
感情のしこりが発生しません。


すると、
自分が幸せになるために
自分のエネルギーがサラサラとスムーズに
流れ出すんです。


自分から自然に湧いてくる感情に
”こんなふうに感じてしまう自分はダメだ”とか、
自分がとった行動に対して
”相手に失礼だったんじゃないか”と
あれこれ思い悩むのは心の思いグセです。


自然に湧いてきた感情に”いい”も”悪い”もないんです。
いい、悪いと判断しているのは自分の意識。


悪いと判断すると心に感情のしこりが残って、
そのことに対してずっと考えてしまうので、
自分が幸せに生きるためのエネルギーが
その考え事に使われてしまいます。


たとえば
幸せに生きるために目の前の仕事に集中して取り組み
スキルを上げたい、という
幸せに生きるための自分の本音があったとしても、
そこに自分のエネルギーが向かいません。


それによって集中できない、いつも不安、
という状態になって、
そんな私はダメだなぁ、と思ってしまう。。。


こんなループにおちいります。


ここから抜け出すために、
自分から自然に湧いてくる感情や気持ちを
認めてあげてください。


認めることができなくて、
自分を責めてしまうことがあったら、
「私は自分を認められないんだなぁ」という感じに、
責めてしまっている自分を
認めてあげてください。


腹が立っても、怖くても、悲しくてもいいんです。


それが今の自分から自然と出てきたものなのだから。


目の前のことに対し、
どんなふうに感じて
どんな捉え方をして
どうしたいと思うのか

これが自分らしさです。


◆ 怒りを感じてもいいんですよ。


人から理不尽なことをされて腹が立ったとき、
「腹が立つことはよくないこと」
「腹が立ってしまう私がダメなんだ」と、
その怒りを相手ではなく
自分に向けるクセのある人もいるかと思います。


そのようなクセがあるな、という人は、
腹が立ったことを相手に伝えなくてもいいので
”私は今腹が立っている”
”私はこの人のこういうことが嫌い”
”こんなことされて私はムカついている”と、
自然に自分から出てきた怒りを認めてください。


自分で認めるだけでいいんです。


相手にそれを伝えなくてもいい。
もちろん伝えてもいいんですよ。
そのへんは自由に選んでくださいね。


自分から自然に湧いてくる感情を
責めたりダメ出ししたりしていると、
その感情は成仏できない浮遊霊のように
自分の中をグルグルさまよい続けるのですよ。


それが仕事に集中できない、
ささいなことにイライラして
人のイヤなとこばかり目につく、
といった状態を引き起こします。


だから自分から自然と湧いてきた感情を
感じて受けとめて、
成仏させてあげましょうね。


それにより、
感情のしこりが自分の中に残らないので、
自分のエネルギーが
幸せに生きるために働きはじめます。


こうなってくると
行動やふるまいも自然体になってくるのですよ。


これが自分らしい生き方です。


自分が今感じたことにOK出してみてくださいね。


もしその感覚がよくわからないときは
よかったらご相談ください。


応援しています。




◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心理セッションにご興味をお持ちの方に
 説明会・体験セッションを実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


1 2 3 4 9