HSPが抱えやすい心の悩み ~先のことを考え込む~

新しいことをスタートするときや、物事を決めるときに、その後のことばかり考え込んでしまいませんか?

 

決断にものすごく時間がかかる自分に困っている人もいるかと思います。

 

私、洋服を買うときにそうなります。

 

素敵!って思う服を見つけても、その服を着たときに今後起こりうることを想像してしまうのですよ。

 

ライフスタイルすべてを思い出して、場面場面でその服を着たときの気分や着心地をシミュレーションします。

 

または季節や、各イベントにどれだけ対応しているかをじっくり考えます。

 

こんなことを考え込むので洋服1枚買うのも一苦労です(笑)

 

最近は決断までの一苦労を味わいたくないので、着る洋服の色と形を決めました。

 

いつも同じような格好ばかりですがとても楽です。

 

生前、黒のタートルネックにジーンズとスニーカーというスタイルを貫いた、スティーブ・ジョブズさんの気持ちがよくわかります。

 

 

実は決断するのに時間がかかるのは、HSPの特徴です。

 

先のことをあれこれ考えるのも、起こってもないことを心配しすぎてしまうのも、変化に素早く対応するためのHSPの生物的な特性とのこと。

 

HSPは危機管理能力が高いのです。

 

ありとあらゆる刺激に敏感なHSPは、世の中の本質的な流れも感じとる人が多いです。

 

そのためあらたな可能性に気づくこともできますが、同時に失敗の要因も察することができるので、事前に対処しておくことができます。

 

決断に時間がかかる自分や、先のことをクヨクヨと考え込んでしまう自分にダメ出ししたくなることもあるかもしれません。

 

そんなときは、危機管理能力が働いているんだな、と自分に優しくしてあげてくださいね。

 

自分にダメ出ししたり、責めたりする時間が短くなればなるほど、今自分にとって大切なことに意識が向くようになります。

 

応援しています。

 

【無料メール講座】とても繊細なあなたが 安心して自分の人生を生きる 7つのヒント

個別相談 ・ 体験セッション のご案内


【受付中】継続セッションの方限定 11/24(土)未来実現のお話会&交流会

 

今までに継続セッションを受けられたみなさまと、現在受けられているみなさまに向けて未来実現のお話&交流会を開催します。

 

–未来実現のお話&交流会–

【日時】2018年11月24日(土)14時~16時

【場所】東京メトロ千代田線「根津」駅徒歩2分

【参加費】3.000円

 

継続セッションを受けられたみなさまとは、毎回密度の濃い時間を過ごさせていただき ありがとうございました。

 

そんなみなさまと、 またお会いする機会が持てたらうれしいな、とずっと思っておりました。

 

また、私のセッションを受けられる方は 敏感で繊細な気質の方が多く、そのようなクライアントさんたちから似たタイプの方と出会う場をもうけてください、とリクエストをよくいただきます。

 

それならば、ということで今回 継続セッションを受けられた方限定のお話し&交流会を開催いたします。

 

何度ご参加くださってもウエルカムですので、 お時間とお心のタイミングの合うみなさまと安心感につつまれたあたかい時間をご一緒できたらうれしいです。

 

 

【このような方に向けたお話会です】

・ 継続セッションを卒業して、以前よりも楽に生きられるようになったけど、時々湧いてくる様々な感情にとまどう。

・ 心理のことで質問がある。

・ 敏感で繊細なHSP気質の人たちと交流したい。

・ 自分らしく未来を実現していきたい。

などなど、継続セッションを受けられた方でしたらどなたでもご参加OKです。

 

【内容】

・ カウンセラー坂本純子のお話会

「敏感で繊細な気質の人がもっと楽に未来を実現するために」

・ 日常で感じる感情とのつきあい方

・ これからどんな未来を創っていきたい?

 

【日時】2018年11月24日(土)14時~16時

【場所】東京メトロ千代田線「根津」駅徒歩2分

【参加費】3.000円 【人数】 4名  

【参加対象】継続セッションを受けられた方と現在受けている方        

*体験セッション、勉強会のみ参加された方は対象に含まれません

 

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

https://ws.formzu.net/fgen/S24214669/

 

みなさまとお会いできること楽しみにしています。 安心感につつまれたあたたかい時間をご一緒しましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

http://j-method.com/blog/2017/09/15/post-1165/

 

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/

 


HSPの特徴と敏感な気質を活かすために必要なこと

 

1. はじめに

長時間人といるとグッタリと疲れる。

集団や人混みがとても苦手。

相手の顔色が気になって言いたいことが言えない。

 

このようなことに困っていませんか?

 

みんなは気にも留めない些細なことが、とても気になって目の前の仕事に集中できない。

 

そんな自分にたいして「どうして私は普通じゃないんだろう」と自信をなくしていませんか?

 

それを克服するために今までたくさんのことを学び、様々な努力を重ねてきたのかもしれません。

 

それなのに 「どうしても自分を変えられない」とツライ思いをしているとしたら・・・。

 

もしかしたらあなたはHSPという超敏感気質の持ち主なのかもしれません。

 

2. 超敏感気質の私が困っていたこと

実は私も超敏感気質の人間です。

 

HSPの自分ととことん向き合い、生きにくさを手放してきた今でこそ、カウンセラーとしてHSPの人が幸せに生きるために協力する活動を行っていますが、過去の私は無価値感や劣等感をかなり抱え込んでいました。

 

怒りっぽい人や感情の起伏の激しい人といると必要以上にビクビクしてどうしていいかわからなくなる。

 

人の表情のささいな変化をキャッチして、相手の感情や気持ちを読んでしまい、相手を優先するあまり自分の言いたいことが言えない。

 

過去の私はこんな自分を必死で隠し、世の中でいう”ふつうの人”になれるよう自分を抑圧して生きてきました。

 

また、みんながふつうにできることができない自分に強い劣等感も感じていました。

 

当時のことを書いた記事、よかったらお読みください。

弱くてダメなHSPの自分を克服しようとがんばっていました

今回は、以前の私のようにHSPならではの心のお困り事を抱えている人に向けて、HSPの特徴とその気質の活かすために必要なことをまとめました。

 

カウンセリングや心理セラピーを通じて多くのHSPと関わる中で感じたことや、今まで得た知識を元に書きましたので、よかったらお役立てください。

 

3.  HSP(Highly Sensitive Person)とは

HSPとはHighly Sensitive Personの略で、直訳すると『非常に敏感な人々』です。

 

アメリカのE・N・アーロン博士が敏感気質の人たちの研究を重ね、HSPと名付けました。

 

世の中のおよそ5人に1人がHSPだと言われています。

 

HSPは病気や障害ではなく気質です。

 

刺激に敏感に反応する脳を持っており、微かな情報までキャッチするため、情報過多で疲れやすい傾向にあります。

 

4.  HSPの特徴

□ 自分をとりまく環境の少しの変化にもよく気がつく

□ 他人の感情や体調を敏感に感じとる

□ 自分の身体の痛みや不調に敏感

□ 人といると疲れやすく、ひとりになりたいと思う。

□ カフェイン、刺激物、化学物質、薬などに敏感に反応する

□ 肌ざわりや着心地がとても気になる

□ 想像力豊かで、空想していることがよくある

□ 明るい光や、強い匂いに反応する

□ 大きな音や騒音がとても苦手

□ 優しく親切な心を持っている

□ 一度にたくさんのことをやると混乱する

□ 人が言葉にしていない気持ちや感情によく気がつく

□ 物を忘れたり、ミスをしないように気をつけている

□ 人の本音と建前を察することがある

□ 映画やテレビの暴力的なシーンがとても苦手

□ 芸術や音楽などに心を動かされる

□ 自分の周りに刺激が多いとイライラする

□ 空腹になると集中力が低下したり、気分が悪くなる

□ 引越し、席替えなどの生活の変化は負荷がかかる

□ 人目が気になる

□ 競争させられたり、見られていると普段の実力を発揮できなくなる

□ グループの中にいると自分らしくいられない

□ 子供のころ周囲の人たちから内向的であったり、内気だと思われていた

 

*あなたはいくつ当てはまりましたか。

12個以上あてはまればおそらくHSPの気質です。

 

 

5.  多くのHSPが生きにくさを感じているのはなぜ?

・ 人の気持ちを気にしすぎてしまう

人の微細な表情の変化を見逃がすことなくキャッチして、相手の気持ちを読み取りながら、相手を不快にさせてないだろうか、と不安を感じてしまうことがよくある。

 

・ 音、におい、痛みなどの刺激に敏感

みんなが気にならないような視覚や嗅覚、触覚などの刺激に敏感に反応して、目の前のことに集中できなくなってしまう。

 

・ 人との境界が薄い

共感力が高いので、人の感情や体調の影響を直に受けるためふりまわされやすい。

 

・ 育った環境の影響を受けやすい

敏感で繊細な自分を親に理解してもらえず、否定されることがよくあると、大人になっても自己否定が強くなってしまう。

 

・ 集団が苦手で人疲れしやすい

人のエネルギー(感情、気持ち、体調)を感じる力が強いので、人が大勢いればいるほど刺激として入ってくる情報も増え、情報過多になり疲れやすい。

 

— まとめ —

HSPは人間ギライというわけではありません。

人の感情や気持ち・体調や、五感で感じる情報をキャッチする能力が高く、それが刺激として自分の中に入ってくるので、疲れやすいのです。

 

6. HSPのすばらしい能力

♠ ていねいにじっくりと目の前のことに向き合える

誠実で責任感があるので、安心できる環境にいると目の前のことにコツコツとていねいに向き合うことができます。

 

♠ 高い共感力により人の気持ちを察することができる

人の気持ちがわかるので気配りができます。また、相手にとって今必要なことがよく分かります。

 

♠ 優しくて親切な気質

人をおとし入れたり、足を引っ張ろうという意地悪な心を持っている人が少ないです。みんなが穏やかで平和にいられることを望むあたたかい心の持ち主が多い。

 

♠ 慎重で危機管理能力が高い

HSPはあらたな可能性に気づく人も多いのですが、同時に失敗の要因も察することができるので、事前に対処しておくことができます。

 

♠ 直感力、自己暗示力に優れている

自分から自然に湧いてくる感情や気持ち、ひらめきなども敏感にキャッチできるので、直感力が高いです。また起こった出来事に対しての感じ方が強く深く、繰り返し感じるので、自然と自己暗示力も高まります。

 

–まとめ–

超敏感気質で傷つきやすいところにばかり目が行ってしまいがちですが、HSPには生まれ持ったすばらしい能力があります。能力を自分の人生に気持ちよく発揮するために、安心できる居心地の良い環境にいることを意識しましょう。人よりも自分の気持ちや感情を優先することも大切です。

 

 

7. HSPが自分らしく快適に生きるために必要なこと

・ HSPの気質を受け入れる

ささいなことにも反応して動揺したり、細かいことが気になってしまうのは、精神的な病気や障害ではなく、”敏感さ”という気質が原因だと受け入れること。敏感さを克服しようと無理やガマンをするのではなく、敏感な自分が幸せに生きていることを意識しましょう。

 

・ 幼少期や過去の出来事から受けた心の傷を癒す

心の根っこにある”思い込み”や”思いグセ”、”満たされないまま放置された感情”が、感じ方やとらえ方を生み出します。幼少期や過去の出来事から受けた心の傷が癒えることで、自然と自分にとって楽な感情や思考が生まれ、プラスのとらえ方ができるようになります。

 

・ 人と自分の間に精神的境界線をひく

人の気分や感情の影響を受けやすい自分を認めて、人は人、私は私。この人と私は別の人間ですと強く意識してください。別の人間なのだから、考え方や感じ方が異なるのは当然です。

 

・ 自分の本音をキャッチする

人の感情に巻き込まれていると感じたら、今私はどうしたい?と自分の本音に問いかけてください。そこで出てきたことを行動に移しましょう。

 

・ 衣食住などの環境や、つきあう人も自分の感覚で選ぶ

敏感な自分が感じる、居心地の良さ・安心感・快適さなどを基準に、自分が身を置く場所・肌に触れるもの・食べるもの・つきあう人を選ぶ。

 

・ 世の中の価値観よりも自分の感覚を大切にする

世の中で言われている”ふつう”という価値観よりも、自分が感じていることや感覚を大切にすることで、自分らしく生きられるようになります。

 

— まとめ —

敏感さを克服して、周りの人や社会から認められる自分になるための努力はHSPの自分をより生きにくくします。

”ふつう”を目指すことよりも、自分の本音や感覚を大切に生きることで、HSPの気質を気持ちよく人生に活かして自分らしく生きていけるようになります。

「どうするべきか」や「なにが正解か」ではなく、今私は何を感じている?・私はどうしたい?・今私が快適に過ごすためには?と自分を中心に生活を創っていきましょう。

 

8. おわりに

敏感さや繊細さ、高共感力は生まれ持ったすばらしいギフトです。

その才能や能力を気持ちよく発揮して、自分らしく人生を創っていきましょう。

応援しています。

 

【無料メール講座】とても繊細なあなたが 安心して自分の人生を生きる 7つのヒント

 

個別相談 ・ 体験セッション のご案内


弱くてダメなHSPの自分を克服しようとがんばっていました

 

にぎやかな居酒屋にいると目の前の話に集中できない。

席が密着したカフェでは会話ができなくなる。

カラオケボックスに行った翌日は何も手につかないほどグッタリする。

 

これらは、以前私が困っていたことです。

 

私の周りの人たちはにぎやかな場所でも集中して仕事ができてますし、騒がしいところでも 普通に私と会話をしています。

 

みんなのように強くなれない自分のことを集中力も社会性もないダメな人間だと感じていました。

 

弱い自分を克服しようと大勢人が集まる交流会に参加したり、誘われるまま華やかな場所にでかけたりと、私なりに精力的に活動していたこともあります。

 

当時はたくさんの人がいる場所で、楽しそうに自然体で振る舞えることを目指して努力していたんです。

 

でも本当は疲れていました。。。

 

大きな音で流れる音楽や苦手なタイプの声、多くの人のエネルギーが交わる場所に身を置きながら全身で感じていたのは不快さ。

 

無理やガマンを重ねていたんです。

 

 

身体や心に黒く重たい膜のようなものが張り付いて、だんだん身体も思考も鈍くなってきました。

 

仕事の効率が低下し、 集中力が続かない、 身体が重くてグッタリしてしまう、 という苦しい状態になってきました。

 

幸い心療内科に行くまでには至らなかったのですが、「やっぱり私はふつうになれない 弱くてダメな人間なんだ・・・。」こんな思いが強くなって苦しかったです。

 

あるとき、 音や刺激に敏感に反応するHSPという気質を持った人がいることを知りました。

 

自分がダメなわけではなく、今の私の状態は生まれ持った気質なんだ、とホッと安心したのを覚えています。

 

体の力がフっと抜けたような体感がありました。

 

 

大きな音や人の発するエネルギーはみんなにとってなんでもないこと。

 

人よりも敏感な脳を持っている私にとってはそれが刺激になること。

 

自分がHSPの気質を持っていることを受け入れて、その自分でどう生きるかを意識したことが楽に生きるきっかけになりました。

 

今でも騒がしい場所は苦手なのでなるべく行かないようにしています。

 

テレビの音が耳に入ってくると疲れるので、 ウチにはテレビがありません。

 

みんなのようになる努力よりも、自分にとっての快適さを見つけることが私にとっては良いことなんだと実感しています。

 

HSPにとって大切なのは、過度の刺激を受けないように自分の環境を整えること。

 

自分が身を置く場所は快適さを優先してくださいね。

 

あと、HSPにとって大切なのは自分を好きになること。

 

弱くてダメだと感じてしまう自分も受け入れてOKを出せるようになると、グッと楽に生きられるようになりますよ。 

 

応援しています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

http://j-method.com/blog/2017/09/15/post-1165/

 

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


【終了】11/10(土)繊細すぎるHSPのための心のレッスン会

*今まで開催してきたHSP勉強会にグループワークを取り入れたレッスン会です。

 

人ごみや集団の中にいるとものすごく疲れる。

人の顔色や気分に左右される。

相手に合わせてしまい自分を出せない。

 

そんな自分に対して「私は普通ではない」「なぜ私だけできないのだろう」と感じてしまい自信をなくしていませんか?

 

仕事や人間関係、または恋愛などでみんながスムーズにできることにものすごく緊張して疲れたり、がんばっているのにうまくいかないと感じるのは ツライものです。

 

それを克服しようと いろんな努力をしたり、知識を増やしたりとがんばってきたと思います。

 

でももしかしたらそんなあなたの状態には生まれ持った能力が影響しているのかもしれません。

 

人ごみや集団で疲れる原因は多くの人の感情や体調を自分の心や身体でキャッチしているからではありませんか?

 

自分の気持ちより相手の気持ちを優先するのは、相手の気持ちや感情がなんとなくわかっているからではありませんか?

 

そんなあなたは、HSPと呼ばれる敏感で繊細、高共感力の 持ち主なのかもしれません。

 

人と比べてどこかヘンだと感じていた自分の特徴は、実は生まれ持った素晴らしいギフト。

 

HSPの人が ”敏感で繊細な気質を 気持ちよく活かしながら、自分本来の人生を創っていけるように” という願いを込めて心のレッスン会を開催いたします。

 

 

【このような方におすすめです】

◆ 人ごみでとても疲れる。

◆ 他人の怒りや悲しみなどの感情を必要以上に受けとってしまう。

◆ 人の感情や場の空気感、雰囲気に敏感に反応する。

◆ 人の本音と建前を感じとるのでイライラ・もやもやすることが多い。

◆ 人と話していると相手が何を考えているのかわかるので苦手な人が多い。

◆ 相手に合わせて自分を出せない。

◆ 怒っている人にものすごく恐怖心を抱く。

◆ 病気や具合の悪い人が近くにいると気分が悪くなったり痛みを感じる。

◆ 人の感情への共感力が高いため感情が自分のものか人のものなのかわからない。

◆ カウンセリングやセラピーを受けてもなんとなく変化が少ないと感じる。

 

【繊細すぎるHSPのための心のレッスン会】

内容 

~ 前半 ~

1. HSPとは

2. HSPと親子関係

3. HSPがゆえの生きにくさはなぜか

4. HSPの気質を人生に活かすには

5. 気質や脳力をビジネスで発揮するために

~ 後半 ~

1. HSPが自分らしく生きるために大切なこと

2. 本当に望むことを知ろう

3. グループワーク

 

期待できること

・ 自分の才能や能力を自覚できる

・ 気質や能力を人生やビジネスにどう活かせるのかわかる

・ 人の感情に振り回されなくなる

・ 自分軸を確立する方法がわかる

・ 自己実現への一歩を踏みだせる

 

【日時】2018年11月10日(土)13:00~17:00

【場所】東京都台東区のセッションルーム    

※ 詳細はお申込みくださった方にお知らせします。

【最寄駅】東京メトロ千代田線「根津」駅徒歩2分

【参加費】10.000円 ※当日お持ちください

【人数】4名

【お申込み】こちらのフォームからお申込みください ↓  

 繊細すぎるHSPのための心のレッスン会お申込みフォーム

【参加者さまの特典】 個別相談 通常10.000円 → 5.000円で受けることができます。

 

敏感で繊細な気質を持ったHSPの人が、

人の気持ちや気分に影響されることなく、

自分の能力や可能性を気持ちよく発揮して いけるよう応援しています。

 

*エンパス・HSPの詳しい内容はこちらをご覧ください

http://j-method.com/blog/2016/03/07/post-201/

 

 

心理セッションにご興味をお持ちの方に個別相談を実施しています。

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/

 

敏感で繊細な気質を味方につけて人生のステージをアップさせるエンパス・HSP専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


3ヶ月で人疲れを解消する基本コース



♠ 心理セッションとは ♠

心理セッションは現在困っていることや
悩みの元となっている心の土台にある意識に働きかけ、
仕事・恋愛・人間関係など今のあなたにとって
大切なことに心から安心して取り組み、
これからの人生を在りたい自分で充実して生きるためのものです。


♠ このような方におすすめです ♠

□ 人の目が気になり、自由な発言や行動ができない。

□ 本音や本心を話せる人がいない。

□ やることはたくさんあるのに、ついつい先延ばししてしまう。

□ すぐにイライラしてそのたびに作業効率が下がる。

□ いつも経営者・親・妻・彼女などの役を演じている気がしてしんどい。

□ いつも本音と建前を使い分けているので疲れる。

□ 人の態度や言動がいちいち気になることで、本来やるべきことに集中できない。

□ いつも漠然とした不安を感じて、気力、体力が低下している気がする。

□ 人との距離感がよく分からず、どう接していいかわからない。

□ 人に頼ったり甘えることができないのでいつも仕事量がものすごく多い。

□ 自己価値が低いため自分のことを人にアピールできない。

□ お金をいただくことに抵抗がある。

□ 自分は経営者の器ではないと感じている。

□ 相手に合わせすぎてしまい、ツライ恋愛パターンを繰り返す。


♠ 内容 ♠

傾聴カウンセリングに加え、NLP・ゲシュタルト療法・トラウマ解放などの
心理療法と原始反射(身体からのアプローチ)を取り入れ
五感や潜在意識に働きかける心理カウンセリング。
一人一人の状態や環境に合わせたオーダーメイドの心理メソッドです。


♠ 自己実現する6ステップセッション ♠

Step1 表面化している悩みの根本原因を発見

あなたのお悩み・問題点をお伺いし、表面化している問題を創り出しているあなたの中の根本原因を探り、紐解いていきます。


Step2 インナーチャイルド(傷ついた幼い自分)の癒やし

現在のあなたの思考や言動に影響を与えている、インナーチャイルド(傷ついた幼い自分)の問題を癒やします。

Step3 思い込みや制限を手放す

フォーカシング(身体の声を聴き対話する)などにより、あなたの物事の受け止め方と感じ方の書き換えと修正を行い、自由に自分を表現する生き方を阻んでいる思い込みや制限を手放していきます。

Step4 原始反射セッション

胎児~生後2,3ヶ月までに見られる原始反射。この反射が統合されずに大人になっても残っていることが、現在の悩みや問題に影響していることが多いため、鎖骨・臍・仙骨・足指・ふくらはぎに刺激を与えるアプローチを行うことで、緊張や恐怖感を解放していきます。


Step5 トラウマ解放

過去に体験した出来事により、強く感じた恐怖、怒り、悲しみが元となり、現在のあなたに影響を与えているトラウマを解放していきます。
カウンセラーにも話したくない出来事がトラウマとなっている場合、その出来事を話さなくても心の状態を変化させていく心理療法にてセッションを行いますので、ご安心ください。


Step6 思考パターンを紐解き変化させる

人間関係、恋愛、仕事などにおいて、繰り返してきた失敗パターンの元となっている信念、思い込み、思考のクセなどを変化させていきます。 


 
♠ クライアント様の体験談 ♠

カウンセリングを受けられた方から、アンケート・メール等で、下記のようなご感想をいただきました。

 
□ 思ったことを自然と口に出せるようになりました。

□ 経営者として腹が座った気がします。

□ 人目が気にならなくなり、自分の考えや行動を肯定できるようになってきました。

□ ビジネスで良い結果が残せるようになってきました。

□ 大事なことはいつも人任せだったが、自分で決断できるようになりました。

□ 人前で強い自分を演じることを止め、ありのままの自分で接することができています。

□ うまくいかないことを人のせいにしなくなりました。

□ どんな状況でもあせらなくなり、楽しめるようになってきました。

□ 心を整えられるようになり、望む現実を生み出せるようになってきました。

□ 人に対して不自然な気遣いをしなくなりました。

□ 自分らしく楽に仕事に取り組めるようになってきました。

□ どんな自分であっても肯定できるようになりました。

□ 恋愛がスタートし、結婚が決まりました。


 
あなたが才能や能力を気持ちよく発揮して、
望む未来を創っていけるよう協力させていただきます。




HSPの高共感力と自己暗示力を自分の幸せのために使おう



敏感で繊細な気質のHSPは、
高い共感力と自己暗示力も兼ねそろえています。


その能力を
自分のために使うことができると
安心感や気分の良さで
心が満たされることが増えてきます。


もともと持っている
”生きるエネルギー”が高まるので、
やりたいことを行動に移すことができたり、
実はやりたくなかったことを手放したりと
自分の意志で楽に動くことが
できるようになるんです。


そのために大切なのは、
「本当はどうしたいのか?」
という自分の本当の本音に気づくこと。


本当の本音を知るだけで、
HSPの持っている能力が、
本音の望みを叶えるために発動し始めます。


とは言っても、
いつも自分の本音に向き合っているけど、
でもそれが自分の本音なのかよくわからない、
という人もいると思います。


そのような方に向けて
本当の本音の見つけ方を書いていきますね。


本音には2種類あるんですよ。


すぐに感じる本音と
その下に埋もれている本音。


幸せに生きるために大切なのは
この両方をキャッチすることです。


すぐに感じる本音は
キャッチしやすいですよね。


たとえば、

『会社に感情の起伏が激しい上司がいる。
仕事は好きだけど、
その上司と関わることがほんとうに憂うつで、
どうしていいのかわからない。』

という人の場合を例にあげます。


”私はこの上司が苦手”
”できるだけ関わりたくない”
”いなくなってほしい”


こんなふうにすぐに出てくる本音は
わかりやすいですね。


ちなみに
この本音はネガティブな感情や
乱暴な言葉が自然と出てくることがあります。


どんなものであっても、
自分の中から
自然に湧いてきたものなので
受け入れてOKです。


つづいて
苦手な上司がいるという現状で、
どういう自分でいることができたら、
もっと楽に仕事に向かえるのか、
という本音を知るために自分に質問します。


『私はどうしたい?
私がどうなったらもっと楽に仕事ができる?
今のこの職場で私がどうなったら幸せ?』


こんなふうに自分に問いかけてください。


人は変えることができませんから、
その人がいる前提で、
今の自分の心がどうなったら
もっと楽に仕事ができるのかに
意識をフォーカスします。


大切なことなのでもう一度言います。


相手にどうなってほしいのか
ではなく、
私がどうなったらうれしいか
を自分に問いかけてくださいね。


”無理しないで気分良く仕事をしたい”

”目の前の仕事に集中したい”

”苦手な上司がいても快適に過ごしたい”

などいろいろと本音が出てきます。


つづいて、
その本音を叶えるために
今何をしたいのかを自分に聞いてください。


”無理に上司を好きになろうとしなくていい”

”席を移動しよう”

”一緒にいて心地良い人たちと近い関係でいる”


こんなふうに、
自分がスッキリする感覚を感じるまで
掘り下げてください。


この場合本当の本音は、
目の前の仕事に集中して取り組み、
気分良く仕事したい

です。


今までは苦手な上司に向けて
HSPの能力を発揮していたので、
上司の表情の変化や感情の動きを
敏感に感じとって、
怖れやムカつきなどの不快感情を
感じることが多かったと思います。


本当の本音を知ることができると
この敏感さを
”目の前の仕事に集中して取り組み、
気分良く仕事したい私”に向けられるんですよ。


すると、
HSPの持っている能力が
本音の望みを叶えるために働きはじめます。


HSPが持って生まれた
高い共感力と自己暗示力を味方にして、
自分の望むように人生を
創っていきましょう。


よかったら実践してみてくださいね。


応援しています。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心のお困りごとを解決したい人へ
http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 HSP専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


HSP個別レッスン会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


敏感で繊細なHSPが楽に生きるための5つのこと

 

最近、”敏感すぎる”というタイトルのついた HSPの人に向けた数多くの本が書店に並んでいますね。

 

細かいことが気になって目の前のことに集中できない。

敏感で繊細すぎるがゆえに周りの人がなんなくできることがどうしてもできない。

 

こんなふうに困っている人にとって、その理由やもっと楽に生きられる方法を教えてくれる本の存在はとてもありがたいものです。

 

HSP特有の得体の知れないお困り感の理由がわかるだけでもかなり安心しますよね。

 

HSPを理解して、敏感な自分を受け入れられるようになったら気持ちが軽くなってきた、というケースはとても多いです。

 

気持ちが軽くなると自然と仕事や人間関係にも楽になっていきます。

 

中には、本やネットでHSPの気質を理解したけど、どうしても不安や焦りが 日常的に湧いてきて困っている、という方もいます。

 

その場合心の根っこにある思いグセや、過去に受けた心の傷が影響している場合がほとんど。

 

心の深い部分に根づいている感情のしこりをほぐしていくことで楽になっていきます。

 

今生きにくさを感じているHSPが、快適にもっと楽に生きるために大切な5つのことを紹介しますね。

 

1. 自分の気質を理解して受け入れる。

2. 自分の快適さを優先して、衣・食・住などの環境に気を配る。

3. ありのままの自分を出せる人や場を持つ。

4. ”本当はどうしたいのか”と自分の本音を知る。

5. 幼少期の環境で負ったトラウマや過去の出来事から受けた心の傷を癒す。

 

この5つに気を向けることができると 敏感で繊細なHSPは、仕事や人間関係などにおいてかなり楽に取り組めるようになっていきます。

 

1、2は自分ひとりで取り組めますね。

 

2はとことん自分の快適さを大切に自分を取り巻く環境をつくっていきましょう。

 

3は自分と同じ気質の仲間や、安心して一緒にいられる人との時間を大切にしましょう。

 

4.5については感情や気持ちと向き合うことが必要です。

 

もしよかったら 安心できるひとりの時間を確保してこちらを参考に自分の心と向き合ってみてください↓

自分でできるセルフセッション

 

HSPだから生きにくいわけではありません。

 

敏感な気質を人生に発揮して、自分らしく幸せに生きることができるのです。

 

HSPが持っている敏感さや繊細さは才能であり能力です。

 

熟練HSPになって敏感な五感や脳を 上手に発揮しながら、自分の人生に気持ちよく活かしましょう。

 

応援しています。

 

 

 

【無料メール講座】とても繊細なあなたが 安心して自分の人生を生きる 7つのヒント

 

個別相談 ・ 体験セッション のご案内

 

 


どうしてもお酒を飲みに行ってしまう理由



心理セッションを受けられているクライアントさんから、
「毎晩のように飲みに行かずにはいられなかったのに、
セッションを受けてからその衝動がパタッとおさまりました。」
というご報告をいただきました。


自分を責めることも劇的に減ってきたそうです。


このクライアントさんは一人でいる孤独感や、
自然と湧いてくる不安を紛らわしたくて
お酒を飲みに行っていたとのこと。


お酒を飲むことはこの方にとって
ありのままの自分と向き合わずにすむ、
というメリットがあったのです。


ほんとうは止めたいのに
どうしてもやってしまうという行動の裏には、
このような”得になること”が隠されている場合がほとんどです。


たとえば、つい甘いものを食べてしまう、
つい先延ばしにしてしまう、
つい人に合わせてしまう、
というような行動も”得になること”があるからやっているのです。


自分の意志の力を奮い立たせてがんばっても、
思い通りにならない行動のほとんどは、
心の深いところにある本当の本音が影響しています。


自分で自覚のない行動の裏にある
”得になること”に気がつき、
これを手放していくことができると
自然と行動が変化していきます。


やりたくないのにどうしてもやってしまうのは、
あなたの意志が弱いからでも、人間性の問題でもありません。


もしそんなふうに困っている方は、
よかったらこのセルフワークで自分と向き合ってみてくださいね。
自分でできるセルフセッション


ありのままの自分と向き合うことを避けるために
使っているお金と時間を、
自分が幸せになるために使うことができたら、
未来は今よりも幸せに向かってすすんでいくと思いませんか。


応援しています。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心のお困りごとを解決したい人へ
個別相談&体験セッション / 直近のご予約スケジュール のご案内
http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


過去のいじめられた体験を今幸せに生きるために使う



人と関わるときにとても緊張して、不自然なふるまいをしてしまう自分をどうにかしたい。


このような相談を受けることがよくあります。


もともと優しくて穏やかな気質の人が、なにかのきっかけで感情を抑圧するようになり、ガマンして人を受け入れてしまうことが生きにくさに繋がっているケースです。


この場合、感情を抑圧するきっかけになった出来事を思い出しながら、その出来事にともなって湧いてきた感情と向き合うことができると、今感じているお困り感がかなり楽になっていきます。


この悩みを抱えた人のセッションをすすめていくと、子供のころいじめられた体験が感情を抑圧するきっかけになっていることが少なくありません。


もし思い当たる人は、過去の自分がどんなに苦しかったのか、ほんとうはどんな感情が湧いてきていたのか、をあらためて感じてあげてください。


大人になった今のあなたは、いじめた人も未熟な子供だったからしょうがない、と理解を示しているかもしれません。


でも子供の自分は納得がいってないのです。


その納得のいっていない子供の自分の気持ちや、その子がそのとき感じた感情を大人になったあなたがわかってあげてください。


傷つけられた被害者のままのその子をあなたが守ってあげてください。


理不尽に傷つけられたら腹が立って当然ですし恐怖や悲しみを感じることも当たりまえ。


子供のころに感じていたこれらの感情が、大人になった今も心の中をさまよい続け、今の心を飲み込んでいるのです。


これが人と関わるときにとても緊張して、不自然なふるまいをしてしまう原因です。


目の前の人は子供のころ自分をいじめた人とは別人だと、大人になった今思考では理解しています。


でも子供時代の傷が癒えていないと、また過去のような出来事が起こらないように相手の顔色を伺いながら、相手を怒らせないように、相手に合わせる、ということを無意識にやってしまうのです。


ビクビクしながら人と関わるので、振る舞いが不自然になるのもわかりますよね。


あなたのために、過去の自分の傷を癒してあげてください。


誰にもわかってもらえず、怖さと悲しみに震え、本当は仕返しをしたいと思っているほどの怒りを抱えた自分の気持ちは、わかってもらえたことで安心していきます。


抑圧してきた感情 = 生きるエネルギー。


人生を生きぬくエネルギーがあなたにはあります。


過去に人から理不尽に与えられたマイナスのエネルギーを解放して、本来もっている力を今ここで発揮していくことができるのですよ。


応援しています。


もしひとりで過去の自分とむきあうことに不安を感じたらお手伝いさせてくださいね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 無料メール講座 ◆ 
とても繊細なあなたが安心して自分の人生を生きる7つのヒント

宝石緑 お申込みはこちらから



心のお困りごとを解決したい人へ
個別相談&体験セッション / 直近のご予約スケジュール のご案内
http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-272/


敏感で繊細な気質を味方につけて
 人生のステージをアップさせる
 エンパス専門心理セッション

http://j-method.com/blog/2016/03/13/post-257/


エンパス・HSP個別勉強会 のご案内
 http://j-method.com/blog/2016/09/16/post-607/


1 2 3 4 12